役員への転職、未経験採用

転職によって役員になる人もいる

役員というと、その会社でいち社員から順調に出世し、課長、部長…と役職が上がって、最終的に役員になるようなケースをイメージするかもしれません。

しかし、なかには転職をして役員のポストに就く人もいます。

役員の転職は、とくに中小企業やベンチャー企業ではわりとよくあることで、スキルや実績があれば、どんどん転職しながらさらに上を目指すことも可能です。

未経験から役員になるのは簡単なことではありませんが、ひとくちに役員といっても、会社の規模や種類によって求められるものは異なり、個人のスキルレベルもだいぶ異なるといえるでしょう。

そのため、役員未経験であっても、トップクラスの社員としての実力が認められれば、転職を機に役員になれる可能性はあります。

よくある転職理由は?

役員クラスの実力を持つ人が転職をする理由として多いのは、「会社の方針と自分の目指す姿とのズレ」といった内容です。

実際に、取締役などの役員になると会社の重要事項を決定する立場になりますが、それでも大勢の役員の中のいち役員であれば、社長などトップの方針でほぼすべてが決まるといった場合もあるようです。

また、会社の成長とともに、会社の方向性と自分の方向性が変わってくることもあるでしょう。

役員は経営に対して意欲的な人も多いため、より自分の意思が通りやすい場所へ転職するといった事例は比較的よく見られます。

役員の転職方法は?

役員の求人情報は、一般の人が利用する求人情報サイトにはあまり出ていません。

その代わり、エグゼクティブクラスの転職に特化した求人情報サイトがあり、そういったサイトを利用することで、効率的に転職先を見つけることができるでしょう。

あるいは、転職エージェントを利用する方法もあります。

なお、役員クラスの転職はすべての求人情報が公開されているわけではなく、ヘッドハンティングや知人の紹介によるものも多いようです。