生産管理と工程管理の違い

製造業の会社に不可欠な仕事として「生産管理」と「工程管理」がありますが、これらは名前が似ていることもあって、混同されることがあるようです。

ここでは、両者の仕事内容や役割の違いについて見ていきましょう。

生産管理の仕事とは?

生産管理は、製品の品質やコスト、数量が決められた通りに製造できるように管理する仕事です。

ものづくりには、「人・設備・材料」が必要となり、これらの要素を基に生産計画を立てることにはじまり、製品の企画、調達、製造、さらには出荷までの生産全体を管理することを役目とします。

工程管理の仕事とは?

工程管理は、製品の品質、コスト、数量を所定の納期に生産するための管理を行う仕事です。

生産管理と似たような仕事内容となりますが、工程管理の仕事の役目として「おもに納期を確保することを目的とする」ことが特徴です。

生産計画に基づき、各工程が予定通りに進んでいるかといった管理を行うのが工程管理です。

工程管理は生産管理に含まれることが多い

ここで見てきたように、生産管理と工程管理は、どちらも製造の現場に不可欠な仕事です。

また、両者の役割は重なっている部分もあるといえるでしょう。

ただし、一般に、工程管理は生産管理の仕事の一部と考えられています。

生産工程における「生産統制」という部分を担うのが工程管理であり、生産計画に従って製品をつくる工程を計画し、日程・納期管理をおもに行っていきます。

一方、生産管理は計画から調達、製造、出荷の一連の生産の機能の管理に関わり、「品質・コスト・納期」のあらゆる面から計画を立て、チェック・管理し、計画通りに生産が進んでいない場合には適切な対策を考えて現場に指示します。

会社によって、生産管理と工程管理の部門や職種が分けられていることもあれば、生産管理業務のなかに、工程管理業務が含まれていることもあります。

また、工程管理が生産管理と似たような意味で使われていることもあるようです。