マーケティングの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

マーケティング職を目指すきっかけで多いものは?

マーケティングの仕事に就きたいと考える人は、ヒット商品の裏側についての特集をメディアで見たり、実際のヒット商品に触れたりした経験が、目指すきっかけになったりしていることが多いです。

マーケティングでは商品を売るために戦略を考えたり、また実際のトレンドを研究することから「楽しそう」というイメージを持っている人も多く、新卒の学生にとっても人気の高い職種です。

また、マーケティング職では給与水準が高めであることが、マーケティング職を志望する動機になるケースも多く見られます。

マーケティング職の志望動機の考え方

マーケティング職の志望動機を考える際には、この仕事に対する漠然としたイメージや、実際の業務の一部分だけで物事を判断しないように注意が必要です。

とくにマーケティングは「華やか」「カッコいい」などの印象を抱かれがちなので、それを志望動機の全面に押し出してしまうと、「考えが浅はかだ」と思われてしまう可能性があります。

企業側が面接で志望動機を聞くのは、あくまでも、その人の考え方や仕事に対する熱意、そしてポテンシャルを見るためです。

熱意やポテンシャルは面接などを通じて伝わるものもありますが、書類選考の時点でも、採用側は志望動機の内容から多くの情報を得ています。

話の論理性や、応募者の行動の特性、また企業や社会への貢献意識などは文章の中からでも十分わかります。

単純な「おもしろそう」「興味がある」といった内容だけではなく、自分がどのような意識でマーケティング職を希望しているのかや、これまで重ねてきた努力や実績、今後貢献していきたいことなどをしっかり整理して言葉にまとめましょう。

マーケティング職の志望動機の例文

メーカーのマーケティング職の志望動機例文

「私の家では昔から事業をしていますが、貴社の「〇〇(製品の名称)」の良さについて両親がいつも話しており、私もお手伝いをしながらその質の高さを実感していました。

このような便利で人の役に立つ商品を、より多くの人に使ってもらいたいと思い、貴社のマーケティング部門を志望しています。

大学の経営学部ではマーケティングを専攻し、ゼミで街頭でのアンケート調査や結果の分析などを行いました。

入社後もこうした経験を生かし、精進して貴社に貢献していきたいと考えています。」

マーケティング支援企業の志望動機例文

「私が貴社を志望したのは、マーケティングを総合的に提案できる企業だからです。

広告代理店やWebマーケティングの専門企業のように、ひとつの分野だけでなく多角的にマーケティング戦略を提案できるのが貴社の強みであると考えています。

私は学生時代、学祭の実行委員長としてさまざまな関係者とイベントを作ってきました。

そこで培った経験や人をまとめる力を発揮し、貴社でも多くの関係者を取りまとめて顧客利益に貢献したいと思います。」

Webマーケティング会社の志望動機例文

「私が貴社を志望したのは、ヒット商品を多く生み出しているノウハウを心から尊敬しているからです。

ターゲットの選定や話題作りなどがうまく、SNSでもトレンドとして情報が拡散される様子を見ながら、クライアントの利益に大きく貢献し、市場を作っている仕事だと感じました。

私はWebの知識はまだまだ十分ではありませんが、現在、資格取得に向けて日々勉強しています。

貴社での一つひとつの業務にも前向きに取り組み、顧客の利益創出に貢献し、将来的には自分の力で新しい市場を作り出していきたいです。」

マーケティング職の面接で聞かれること・注意点

マーケティング職の面接では、マーケティングについての知識を問う質問が出ることがあります。

たとえば、ある企業やヒット商品、架空の商品を例に出して、「SWOT分析をしてみて」といった質問が出されたりします。

物事についてどのような視点を持っているかを問うもので、必ずしも正解があるとは限りませんが、急に聞かれて戸惑わないように日頃から対策しておきましょう。

また、マーケティング職はコミュニケ-ションスキルも重要ですので、ビジネスマナーを守り、清潔感のある身だしなみを心がけましょう。

プレゼンテーションでは、ただ話すだけではなく、身振り手振りや話し方などの「プレゼンス」についても気をつかうようにしてください。

マーケティング職の自己PRのポイント

マーケティング職の自己PRでは、自分のマーケティング職への適性をアピールすることが大切です。

ただ、自分の自慢できることなら何でもアピールしていいわけではありません。

マーケティング職に求められるものや、また企業の社風や特徴に合ったアピールを心がけましょう。

企業の求める人材像を採用サイトや説明会から読み取り、自分との関連性を探してアピールにつなげます。

マーケティング職を目指す上では、ある事象や問題に対し、気づきや情報分析から解決につなげたエピソードがあれば理想的です。

その他、部活動や資格学習など、努力ができることもいいアピールになります。

いずれのアピールも、論理性を欠くと評価されにくいため、よく推敲して準備しましょう。

マーケティング職の履歴書で気をつけるべきことは?

マーケティング職で履歴書を作成する場合、新卒なら適性や就職に向けて努力していることなどをしっかり記載しましょう。

中途の場合は、職歴や保有資格をしっかりとアピールにつなげるよう意識してください。

どのような仕事を、どのように行ってきたのかを数字で定量的にアピールすることが大切です。

金額の大きさや人数、期間だけでなく、前年比や業界の平均値を使って実績をアピールすることで論理性も高まってよいアピールになるでしょう。

マーケティングの志望動機で悩んだら、転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途でマーケティングへの転職を目指しているものの、志望動機や面接に自信が持てない場合は、転職エージェントで添削を無料で受けるのもおすすめです。

マーケティングの仕事に詳しい転職アドバイザーがしっかりサポートしてくれるので、書類通過率や合格率をアップさせることができます。

また、業界情報を聞くことができたり、マーケティングの「非公開求人」の情報を得ることもできます。

まだ転職するか迷っているという段階でも、早めに専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができるでしょう。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ登録して気軽に相談してみてください。