不動産営業になるには

不動産会社へ就職

不動産営業は、不動産業界のさまざまな会社で活躍できる仕事です。

とくに営業職は募集人数も多く、就職先の選択肢はたくさんあるといえるでしょう。

しかし、不動産会社は全国に拠点を置くような大手企業もあれば、地域やエリア限定で営業している会社、あるいは個人経営の小さな会社まで、規模がまちまちです。

また、ひとくちに不動産関連事業といっても、賃貸仲介もあれば、投資用不動産の販売、不動産売買、さらには不動産管理など、会社によって手掛けている事業の内容は異なります。

その会社がどのような業務内容なのかによって、営業の仕事内容や仕事の進め方も変わってきます。

まずはさまざまな不動産会社を調べて、不動産営業としてどのような仕事をしたいのかを明確にしていくとよいでしょう。

有利になる学歴や学部は?

不動産営業は、さほど学歴が重視されない種類の仕事といえるでしょう。

会社によりますが、中卒や高卒の人でも採用しているところもあります。

ただし、大手の不動産会社は大卒以上であることを採用条件としている場合もあります。

学部が問われることはほとんどなく、文系でも理系でも活躍することができます。

不動産営業は成果を出せば収入を大きくアップさせやすい一方、ノルマに追われるなどの厳しさから離職率は比較的高めで、人の出入りが激しい職種といわれます。

中途採用も活発に行われており、異業種から不動産営業になるような人も少なくありません。

求められるスキルや資格は?

不動産営業は未経験者が歓迎される傾向が強く、入社時点では特別なスキルや資格は求められないことも多いです。

実際、不動産営業として働き始めると、最も求められるのは「数字を出すこと」です。

もちろんそのためには不動産に関する専門知識や周辺情報の入手が不可欠ですが、それは仕事をスタートしてから勉強し、身につけることが可能です。

不動産営業仕事では数字に追われるなど精神的プレッシャーも抱えやすいため、現時点での能力よりも、熱意や向上心などが重視されることが多いといえるでしょう。

この業界に関連する資格として代表的なものには、国家資格である「宅地建物取引士(宅建士)」がありますが、合格率は毎年15%~20%程度と、決して高いわけではありません。

宅地建物取引士の仕事

この資格を取得して有利な形で就職・転職を目指す人もいますし、入社後に働きながら試験合格に向けて勉強する人もいます。

新卒対象のサービス「キャリアチケット」は、不動産会社での営業に就職を目指す学生に、どの不動産会社が適しているかなどのアドバイスを受けたり、志望動機添削や面接対策までしてもらうことが可能です。

「累計6万人以上が利用し、内定率80%」「最短3日で内定を獲得できる」と、高い実績を誇るキャリアチケットを上手く活用して、内定獲得率をアップさせましょう。