スーパーバイザーの1日

スーパーバイザーの1日は、会社の種類や担当店舗などによってだいぶ変わってきます。

ここでは代表的な活躍の場となる「コンビニ」と「コールセンター」それぞれで働くスーパーバイザーのある1日の過ごし方を例にとって紹介します。

コンビニのスーパーバイザーのある1日

9:00 店舗巡回開始

週に1日のオフィスへの出社日以外は、担当店舗への直行が基本。

9:30 売上確認、データ分析

前週の売上をチェックし、売れ筋商品や客層を把握します。

10:00 レイアウト変更

データを基に、店長に商品陳列方法を変更の提案を行います。

10:30 次の店舗へ

新キャンペーンのポスターが見えづらかったので、別の場所に張り直すように指示。

11:30 移動中に休憩

昼休憩の時間は日によって変わります。

時間がないときは、移動中の営業車の中で食べることも。

12:30 フランチャイズオーナーと打ち合わせ

新たに加盟店に加わったフランチャイズ店へ。

新米オーナーから店舗運営に関する相談を受け、ノウハウをわかりやすく伝えていきます。

14:00 次の店舗へ

お客さまからのクレーム内容について共有し、資料にまとめて本部へ伝えます。

16:00 スタッフトレーニング

接客に難ありと考える店舗で、スタッフへの接客教育を行っていきます。

18:00 本日最後の店舗へ

とくに問題はありませんでした。

週に2回以上は各店舗へ訪問するようにしています。

コールセンターのスーパーバイザーのある1日

12:00 出社

24時間体制のコールセンターなので、シフト制勤務となっています。

12:15 業務内容確認

当日の業務内容を確認し、出勤するスタッフ(オペレーター)が誰かを把握します。

12:30 簡単なミーティング

出勤メンバーへ連絡事項を伝え、目標数値を共有します。

13:00 勤怠管理

スタッフの出勤・欠勤状況などを確認し、パソコンに入力していきます。

14:00 エスカレーション

オペレーターが現場で対応できなかった難しいクレームや質問事項などに対応します。

15:00 休憩

室内にこもっての業務中心であるため、外の空気を吸ってリフレッシュ。

16:00 スタッフ研修

新たに入社したオペレータースタッフに、マニュアルを使って研修を実施します。

17:30 シフト作成

各スタッフの休みの希望を考慮しながら、次月のシフトを作成します。

18:30 業務フォロー

一人ひとりのスタッフが問題なく業務をこなせているかをチェックし、適宜アドバイスや指導を行います。

19:00 退社

次のシフトのスーパーバイザーが出勤したところで業務引き継ぎを行い、この日の勤務は終了です。