人材コーディネーターになるには

人材派遣会社で働く

人材コーディネーターは、おもに人材派遣や人材紹介などのサービスを手掛ける「人材サービス会社」で働いています。

この仕事に就くにあたって必ず求められる資格はなく、人材サービス会社によっては未経験の人でも積極的に採用しています。

学歴は「大卒以上」が条件になることもありますが、「学歴不問」で採用を行っている会社もあるため、どのような人も人材コーディネーターになるチャンスがあるといえるでしょう。

人材コーディネーターの就職活動において、特別有利になるとされている学部・学科などもないようです。

求職者とのキャリアカウンセリングの機会も多く、人と深く接していく仕事であることから、心理学の勉強をしていると役立つことがあるかもしれませんが、特定の勉強をしていないとなれないという仕事ではありません。

なお、新卒で入社した場合は、営業職や内勤などの仕事からスタートし、業界知識や仕事の流れを覚えていったところで、本人の希望や適性を踏まえて人材コーディネーターになるチャンスが与えられる会社もあります。

正社員以外の採用も

人材サービス会社によっては、人材コーディネーターの雇用形態は正社員ばかりでなく、契約社員からのスタートとなるところもあります。

ただし、そうした会社の大半では年に1~2回ほど正社員登用の機会が設けられており、きちんと仕事をして経験を積んでいけば、正社員になることも可能です。

なお、未経験でも最初から正社員として就職できる会社もあります。

専門分野を持っていると強みになることも

人材派遣会社のなかには、「看護師」や「ITエンジニア」「福祉・介護職」など、ある専門分野に特化した人材派遣サービスを手掛けているところがあります。

そのような会社では、各業界で勤務した経験があったり、業界の事情に詳しいと優遇されることがあります。

人材コーディネーターの実務については入社後に学んで覚えていくことができますが、この仕事では各分野の雇用情勢をよく理解しておく必要があるため、さまざまな方面への人脈を持っていると仕事にも役立つでしょう。

人材派遣会社に新卒で就職したい場合は、キャリアチケットという新卒向けのサービスを利用することで、無料の志望動機添削や面接対策を受けることが可能です。

キャリアチケットは「累計6万人以上が利用し、内定率80%」「最短3日で内定を獲得できる」など、実績も十分のサービスですから、上手に活用しましょう。