内部監査の一日

内部監査の仕事の流れは?

内部監査部門のあり方は、企業によって異なります。

会社によって、内部監査だけを専門的に行う部門を設置しているところもあれば、とくに内部監査部門は置かず、経理・財務や総務などの担当者が、それぞれの仕事と内部監査を兼務するようなところもあるようです。

そのため、日々の仕事の流れやスケジュールについても、人によってだいぶ異なるといえますが、ここではある内部監査の1日を例にとって紹介していきましょう。

大手企業で働く内部監査担当のある1日

8:30 出社

同僚に挨拶を済ませ、当日のスケジュールとタスクを確認します。

9:00 業務開始

新しく届いた業務関連資料に目を通します。

10:00 監査マニュアル作成

スムーズに監査を進めるための手順などをまとめたマニュアルを作成します。

11:00 監査計画の立案

今度、監査を実施する部門の担当者とコミュニケーションを取り、個別監査の計画を立てていきます。

12:30 休憩

社員食堂で昼食をとり、つかの間のリフレッシュ。

13:30 提案資料作成

前回の監査結果を踏まえ、効率的なオペレーションのための提案資料を作成します。

15:00 部門担当者への提案

事業部門担当者から申し出を受け、事業の進め方に関するコンサルティングを行います。

16:00 事務作業

メールへの返信や資料の整理、翌日の準備など、デスクワークを進めていきます。

17:00 講習会へ参加

チームメンバーと一緒に外出し、内部監査に関する外部の講習会へ参加します。専門的な内容を扱うため、日頃からの勉強や情報収集が欠かせません。

18:30 帰宅

講習会終了後、そのまま直帰。帰宅後は専門書を読んで勉強することもあります。