生産技術のやりがい、魅力

ものづくりの現場の幅広い知識が身につく

生産技術は、機械や設備の新規設計から、製造現場の作業効率化、生産ラインの最適化、安全管理、人材配置など多岐にわたる仕事を任されます。

ものづくりの各工程に関わるなかで幅広い知識やスキルが得られますし、「生産性を上げるためのしくみを考える」という仕事を通じて、安全性や環境配慮に対する専門知識や、コスト意識も身につきます。

製造業の社長は生産技術出身者が多いといわれますが、それは生産技術の仕事を通じて、ものづくりの現場を広く、深く知ることができるからと考えられています。

社長とはいわなくても、生産技術から工場長や責任者へとステップアップすることもでき、キャリアパスの可能性が明るいことは、生産技術として働く魅力のひとつといえるでしょう。

何もないところから生産ラインをつくる

工場の生産ラインは、はじめからそこにずっとあるわけではありません。

プロジェクトごとにどのような設備を導入し、どのように製品を生産していくのかを考えていくのが生産技術の役割。

生産ラインを本稼働させるまでには数多くの試行錯誤と失敗があるものですが、いざ製品が生産ラインから生まれた時には、何物にも代えがたい感動があります。

製造現場を自分の手でつくりだすという実感が味わえることは、生産技術のやりがいです。

さまざまな立場の人と協力して働ける

生産技術は、設計や製造現場といった社内の各部門や、協力会社など、多くの人と協力して仕事をします。

そこでは幅広い視野が必要とされますし、さまざまな立場の人とコミュニケーションをとりながら、必要なことを見極めて判断していく力が求められます。

ものづくりに携わりながらも人との関わりを重視して働きたい人には大きなやりがいを感じられるでしょうし、自分の頑張りによって製造現場の人たちが安全に働けたり、計画通りに生産が進むようになった時に、何よりの喜びを味わえます。