人材コーディネーターのキャリアパス

キャリアカウンセリングを究める

人材コーディネーターのキャリアパスのひとつは、日々の求職者との面談やカウンセリング業務で積んだスキルや経験を生かし、キャリアカウンセリングのスキルをさらに高めていくことです。

たとえば「キャリアコンサルタント」や「キャリアコンサルティング技能士」などの資格を持ち、キャリアカウンセリングの専門家としてスキルアップすることで、より多くの人のキャリア支援に携わることができるようになるでしょう。

同じ会社で実績を残していくことはもちろん、キャリアカウンセリングができる人のニーズは増えているため、他の企業や公的職業紹介機関などに転職をしたり、独立をして働いていくことも可能です。

マネジメントの道へ進む

会社勤めの人材コーディネーターであれば、現場である程度の経験を積むことで、昇進や昇格のチャンスが得られるでしょう。

いち社員から部門のリーダーやマネージャーになり、部下の管理・育成に携わる、いわゆるマネジメントを行うポジションを目指すことができます。

現場の第一線で動くだけでなく、より会社の中心人物を目指していきたい場合には、この道を進んでいくことが考えられます。

営業職など、他職種に就く

人材会社では、人材コーディネーターとは別に、営業職の社員も働いていることが一般的です。

ここでの営業は、おもに「人材」を求めるクライアント企業の新規開拓や、フォローアップに携わります。

営業としての経験を積むことで、クライアント側と求職者側の両方のニーズを理解することができ、マルチに活躍することもできるようになります。

会社によっては人材コーディネーターが営業を兼務していることもあり、営業スキルも身につけることで収入アップにつなげやすくなります。

このほか、本人の希望によっては総務や人事といった管理部門など、営業以外の他職種を目指すこともできるでしょう。