人材コーディネーターの志望動機・面接

志望動機の考え方

人材コーディネーターの志望動機で多いのは、「人の役に立ちたい」「人の人生をサポートするような仕事がしたい」といった内容です。

企業と人をつなぐ人材コーディネーターにとって、「誰かの背中を押し、その人がイキイキと働けるように支援したい」という気持ちは不可欠といえます。

また、求職者との面談やカウンセリング、面接指導、案件紹介など人とコミュニケーションをとる時間が多いため、「人と接することが好き」という率直な思いも、志望動機を考えるうえでは大切です。

ただし、ただ「人が好き」というだけでは志望動機として弱いと判断されてしまうことがあるため、学生時代や前職などでの具体的な経験談を交えながら、人材コーディネーターの仕事に就きたいと考えた理由を述べられるようにするとよいでしょう。

志望動機の例

「私は前職で、アパレル販売の仕事を〇年間経験してきました。接客を通して、人のために働くこと、誰かに笑顔になってもらうことの喜びを強く実感し、よりいっそう人に深く関わる仕事をしていきたいと考え、人材コーディネーターの仕事に興味を持つようになりました。

人材業界は未経験ですが、自主的にコツコツと勉強して新しい知識を得ることは大好きです。これまで培ってきたコミュニケーションスキル、持ち前の明るさと向上心を発揮し、少しでも早く一人前になって、事業を拡大されている貴社に貢献したいと考えています。」

面接のポイント

人材コーディネーターの採用試験では、面接の出来次第で合否が決まるといっても過言ではありません。

職務経験を問われることもありますが、いくら経験やスキルがあっても「人間性に難あり」と判断されてしまうと、それだけで不合格になる可能性は十分にあるといえます。

もし人材コーディネーターになった際に、「この人になら安心して相談できる」と思われるような、明るく、親しみやすく、誠実な印象を与えられるようにしたいものです。

また、数ある人材会社のなかで、その会社を志望する理由も伝えられるように考えておくとよいでしょう。

そのためには、会社のホームページなどをよくチェックして、事業内容や理念などを調べ、自分なりの意見や共感できるところを考えておくことが大切です。

人材コーディネーターの面接や志望動機に自信が持てない人は、新卒の場合はキャリアチケットというサービスを利用することで、対策を無料で行ってもらうことができます。

人材派遣業界に詳しい担当者が、キャリア相談から志望動機の添削や模擬面接までしてくれるため、内定獲得率をアップさせることが可能です。

最短3日で内定を獲得した人もいるなど実績も十分であるため、まずは気軽に相談してみてください。