一般事務のキャリアパス・結婚後の生活

女性の一般事務の現状

一般事務はさまざまな企業において必要とされている職種であり、企業によって男女比は異なります。

一般事務・事務職の全体的な男女比はおおよそ5:5で、どちらかといえば女性の方が割合としては多い傾向にあります。

おおっぴらには「男性NG」とはできないので男性の求人も受付しているものの、いざ面接の段階になると男性は集団面接で女性は個別面接という待遇の違いがあるという企業もあるそうです。

やはり「事務の仕事=女性の仕事」というイメージが強いようで、明確ではないものの女性の方が一般事務の求人には有利に働く可能性があります。

今後も一般事務の仕事は、男女比では女性の方が多い職種というイメージは続くでしょう。

女性が一般事務をすることの強み・弱み

細かな気配りができる

一般事務に求められる素質として「細かな気配りができる」ことが挙げられます。

一般事務の仕事はサポート中心、相手が何をしようとしていて、どのようなサポートが必要なのか判断する能力が重要です。

細かな気配りのできる女性は、一般事務向けであるといえます。

受容力でコミュニケーションに強い

一般事務の仕事は、さまざまな人と関わることになります。

コミュニケーションに問題が生じれば、一般事務としてやっていくのに問題が生じるのです。

受容力があり、相手のことをきちんと理解できる能力をもった女性であれば、仕事で関わる多くの人がその女性に心を開いてくれてます。

メンタルが弱いと不利?

一般事務の仕事は、職場によっては丁寧な指導を受けられず、仕事をこなす中で慣れていくしかない場面も出てきます。

口コミでは「たびたび上司に叱られている」という人も多く、メンタル面に弱さのある女性だと仕事を続けるのに耐えられなくなる可能性も考えられます。

一般事務の結婚後の働き方・雇用形態

一般事務の仕事は、結婚後の女性でも働きやすいといえます。

特に、結婚後はパートの形で働く女性が多い中、一般事務の仕事は結婚後の女性でも正社員として働きやすい職種であるといえます。

その理由は「残業が少ない」ことです。

一般事務の仕事はすべての職種の中でも残業が少なめの仕事であり、勤務先によっては月の残業時間が10~20時間程度、1日当たり1時間未満になるケースが多いようです。

仕事と家庭を両立させやすいため、正社員として働き続けることに支障を感じることが少ないのです。

また、一般事務の仕事は派遣やパートといった勤務時間に自由度の高い働き方もありますので、家庭での時間をより多く確保したい場合はこれらの働き方に変えることも選択肢として有効となります。

一般事務は子育てしながら働ける?

一般事務の仕事は、子育てをしながらでも働きやすいといえます。

その理由は残業が少ないことだけでなく、一般的に土日祝日が固定休で、長期休暇が取りやすい職種であることが挙げられます。

一般事務の仕事は残業が少なく、定時に退社できる可能性が高いので保育施設に子どもを預ける場合の「お迎え」も差し支えなく続けられるでしょう。

休日出勤のリスクも基本的に少ないので、休日は子どもと時間をしっかりと確保できます。

どうしても家を空けられないという場合には「フリーランス」として働くこともできます。

この場合、在宅で一般事務の仕事を請け負うスタイルであれば、家を空けずに一般事務の仕事に従事できます。

働き方に幅があり、過程での時間を確保しやすい一般事務の仕事は、結婚後や出産後の女性にとって魅力的な仕事だといえます。

一般事務は女性が一生働ける仕事?

一般事務の仕事は、産休などの一時的な離職を除けば、女性が一生働くことのできる仕事だといえます。

しかし、問題点もいくつかあります。

1つは「キャリアアップが難しい」ことです。

一般事務の仕事は大きなキャリアアップが難しく、キャリアアップのためには資格取得などで兼務や転属、転職などを視野に入れる必要があります。

もう1つは「一般事務の需要自体が減少傾向にある」ことです。

IT技術がさまざまな仕事を代替している中、一般事務の仕事はITにとってかわられています。

完全に無くなるということは現状では考えにくいのですが、それでも人間の手による一般事務の仕事の必要枠は減少傾向にあり、定年までその枠を維持できるかといえば難しいと言わざるを得ません。