「 葬祭・宗教」系の職業・仕事

葬儀や挙式の場などでおもに活躍する葬祭・宗教に関わる職業を紹介しましょう。

葬儀や法事の際の読経、説教をするほか、墓地の維持・管理に携わるのが「僧侶(住職・坊さん」です。

人が亡くなった際には、このほか「葬儀屋」や「納棺師」などの仕事に就く人も活躍します。

また、神社で各種儀式の執り行いや施設の維持管理、事務処理などに携わる人は「神職・神主」と呼ばれます。

次に、キリスト教の教えを教えたり、礼拝やミサを行うのが「神父・牧師」といわれる人です。

カトリック教では神父、プロテスタントでは牧師と呼ばれます。

葬祭・宗教系

僧侶(住職・坊さん)

お寺に所属し、葬儀や法事の際の読経、説教をするほか、墓地の維持・管理に携わる。

詳しくみる

神職・神主

神社に所属し、儀式の執行や参拝者の対応、施設の維持管理、事務処理まで幅広く携わる。

詳しくみる

神父・牧師

カトリックやプロテスタントのキリスト教会に所属し、人々へ布教活動や礼拝、ミサを行う。

詳しくみる

葬儀屋

亡くなった方の葬儀手配から式場準備、司会進行まで、葬儀に必要な一連の業務を担当する。

詳しくみる

納棺師

遺体が火葬される前段階において、その状態を適切に管理しながらきれいな形で棺に納める。

詳しくみる

職業カテゴリー