常務の仕事内容、役割、給料

常務の肩書きについて

企業では、新入社員から定年間近のベテラン社員まで幅広い年代の人が活躍しており、さらにさまざまな役職に就く人がいますが、そのなかで「常務」という肩書きがあります。

常務の役割は、法律上では「会長」や「社長」などと同じように明確に定義されているわけではありません。

しかし、役員として会社経営に携わり、会社の業務執行や従業員の監督などを行うのが一般的です。

ただし、会社によって常務がどの程度の役割を担当するかは多少異なってきます。

規模の大きな会社では複数の常務が置かれ、それぞれに現場の担当分野が割り振られるようなこともあります。

業務執行をしながら社長をサポートする

一般に、常務とは社長の補佐をする立場の人のことをいいます。

その点では、常務の一つ上のポストに位置付けられることの多い「専務」とも同様ですが、常務は「日常的な業務をこなす」という特徴があります。

つまり、現場で働く従業員寄りの役員となり、現場の動きやその実態を深く理解している存在であることが求められてきます。

それに加えて、役員として、会社経営や会社の方針の決定にも関わっていきます。

常務の給料

役員である常務の給料は、「社長」「副社長」「専務」などと同じく「報酬」という形になります。

この役員報酬は、雇用契約を結んで働く一般の従業員に支払われる「給与」とは異なり、株主総会などによって決められます。

そして、報酬額は会社の規模や会社の業績、個人の実績などによっても変わってきますが、平均的な会社員の年収よりは多くの収入を得ている人が多いとされます。

ただし、役員のすべての報酬が高額であるわけではなく、中小企業では従業員とほぼ同程度の報酬になる場合もあります。

また、企業の業績によっての変動も大きくなりやすいため、役員になったからといって、必ずしも安定した高額な収入が得られるとは限りません。