不動産営業の志望動機・面接

不動産営業の代表的な志望動機

不動産営業を目指す人は、以下のような志望動機を持っていることが多いようです。

たくさん稼ぎたい

不動産営業は個人の成果が目に見える数字で表れやすいため、達成感が味わいやすいという特徴があります。

また、実力主義の要素が強いため、自分の頑張りは「インセンティブ」といったお金でも評価してもらうことができます。

若くても高収入を得やすい仕事であり、その点に魅力を感じて不動産営業になる人は大勢います。

生活を豊かにする不動産に興味がある

マンションや一戸建てなどの建物や、土地といった不動産そのものに興味があることも、不動産営業の志望理由としてよく聞かれることです。

不動産は高額な商品ですが、それは人の生活を豊かにしたり、ライフスタイルを変えたりすることもできる可能性を秘めています。

「誰かの人生を左右する商品を扱いたい」といった思いは、不動産営業の志望理由になるでしょう。

面接のポイント

不動産営業の面接で最も重要だといわれるのが、仕事に対する前向きさや熱意、向上心といった部分です。

経験やスキル、専門知識があればプラスに評価されることはありますが、それらが足りなくても本人の意思次第で採用される可能性は十分にあります。

不動産営業は何よりも結果を求められる仕事であるため、そのポイントをしっかりと理解し、仕事を頑張っていく覚悟があるという姿を伝えることが大切です。

また、不動産営業はお客さまからクレームを受けたり、断られたりといったことも日常茶飯事であるため、精神的にタフであることをアピールすることも重要です。

これまでに部活動やサークル活動、アルバイトなどを通じてコツコツと努力し、何かをやり遂げたような経験があれば、積極的にアピールするとよいでしょう。

なお、面接では営業職としての適性があるかも判断されます。

面接官をお客さまだと考え、笑顔で明るくハキハキと受け答えをしていくとよいでしょう。

面接や志望動機の対策

不動産営業の面接や志望動機に自信が持てない人は、新卒の場合はキャリアチケットを利用することで、対策を無料で行ってもらうことができます。

不動産営業の求人を豊富に取り扱うリクルートエージェントに登録しておくと、事前に希望する不動産会社の社風や労働環境を教えてもらうことができます。

キャリアコンサルタントによるアドバイスも充実しているリクルートエージェントに、まずは気軽に相談してみてください。