海外営業の仕事内容

海外の顧客を担当する営業職

海外営業は、メーカーなどの企業において、海外の企業を顧客とし、その企業や販売代理店とやりとりをする営業職のことをいいます。

国内営業が日本国内の企業を担当するのに対し、海外営業は海外の企業を顧客とします。

メーカーの場合、直接現地の顧客と取引を行うこともあれば、代理店や商社といったパートナー企業を間に挟んでいることもあります。

前者の場合は顧客と直に商談を行い、後者の場合は自社の意図する通りにパートナー企業が動くようコントロールします。

具体的な仕事内容としては、日々の担当顧客との商談をはじめ、市場調査やマーケティング、営業戦略の立案、現地のパートナー企業の開拓、クレーム対応、契約関連などが挙げられます。

国内で勤務するか、現地に駐在するか

「海外営業」を大きく分けると、国内勤務をしながら海外の顧客を担当して頻繁に海外出張へ行くような営業と、海外に駐在して現地の顧客を担当する営業の2種類に分けることができるでしょう。

このほか、現地に在住している人で、現地の企業に採用される場合もあります。

なお「海外」といっても、先進国もあれば途上国もあり、国ごとに文化や習慣、ビジネススタイルなどはだいぶ異なります。

どのような国を相手にするのかによって、働き方は大きく変わってくるといえるでしょう。

海外営業に求められるスキルは?

海外営業の場合、顧客は海外の人たちとなりますから、メールや電話、対面のやりとりは、基本的に英語をはじめとする外国語を使って行います。

最低限の語学力はもちろん、海外の人とも対等に話そうという前向きな姿勢が求められてきます。

また、海外営業は担当エリアが広くなりがちで、複数の国を一人の営業が担当することもあります。

出張ひとつとっても、国内だけを移動するのとはかかる時間も異なりますし、各国でその場所の文化に対応することも必要になってきます。

一般に、海外におけるビジネスの場では、日本以上に素早い判断や決断が求められるといわれています。

商習慣も異なる場合があるため、国内営業とはまた多少違ったスキルが必要になってくるといえるでしょう。

海外営業の仕事に興味があるものの、自分に適性があるのか、仕事内容や必要なスキルはどのようなものかを知りたい場合は、キャリアチケットという新卒向けのサービスを利用しましょう。

海外営業の志望動機の添削や面接対策なども無料で実施してくれる累計利用者数6万人以上、内定率80パーセントを誇るサービスですので、海外営業として働くことに興味がある場合は、気軽に相談してみてください。