執行役員の仕事内容、役割、給料

従業員のトップとして業務執行を行う

「執行役員」は法律によって定められた職位ではなく、「社長」や「部長」などと同じく、あくまでも会社における肩書きのひとつです。

また、「役員」という言葉が付いているものの、役員そのものではなく、会社法によれば「会社の業務執行を行う重要な使用人」という役割を担います。

簡単にいうと、執行役員はいち従業員でありながら、一般に「現場のエキスパート」として活躍できるだけの実力や責任を担う人のことを指しています。

従業員の中では、トップクラスのポジションにいる人といった位置づけとなります。

ただし、役割が法律で定義されているわけではないため、「執行役員」という肩書きを付けているとしても、会社によって具体的な仕事内容は異なってきます。

なぜ、執行役員がいるのか

執行役員制度が誕生した背景には、会社の「意思決定」のスピードを速め、効率的な組織運営を行うためといったポイントがあるといわれています。

とくに大きな組織になればなるほど、経営判断を行う取締役会と現場で働く社員の間には大きな距離が生まれやすく、意思疎通が難しくなりがちです。

こうした状況を改善するために、現場のトップに執行役員を置き、現場を管理・監督する役目を担わせるといった考えがあるとされます。

なお、執行役員は法律上の役員ではありませんが、経営に従事する場合は「みなし役員」という形になり、一般従業員とは退職金などの扱いも変わってきます。

執行役員の給料

一般的な執行役員はあくまでもいち従業員であるため、給料については他の社員同様、目標の達成度や達成プロセスといったポイントの総合評価によって決まってくるのが普通です。

ただし、現場で働く社員のトップクラスの役割を与えられることから、平均的な会社員よりも多くの給与を得ている人は多いようです。

勤務先や経験、スキルによっても給料は異なりますが、年収1000万円を超える人もいます。