スーパーバイザーの給料・年収

平均年収

スーパーバイザーの給料は、働く会社や経験・年齢・能力などによって変わってきますが、平均年収500万円~600万円程度がボリュームゾーンとなっているようです。

勤務エリアによっても給与相場は異なり、たいていは地方よりも、東京など都市部のほうが高めに設定されています。

スーパーバイザーは、それまでに販売職など現場での勤務を経験している人がほとんどであるため、同じ会社でもスーパーバイザーに昇格することによって給与はアップします。

また、基本給とは別に、スーパーバイザーとしての資格手当が月に数万円程度支給される会社もあります。

能力給が設定されている会社も

スーパーバイザーの収入は、賞与の支給状況や各種手当の内容によっても変わってきますが、スーパーバイザーが活躍する会社は比較的規模の大きなところが多く、待遇面や福利厚生面についてはしっかり整っているようです。

また、会社によってはスーパーバイザーの給与には「能力給」「成果給」といったものが取り入れられていることもあり、その場合、個人で結果を出せば基本給とは別でインセンティブがつきます。

頑張って成果を出せばどんどん収入がアップするため、それをやりがいに感じる人もいるようです。

決して楽な仕事ではない

スーパーバイザーの給与は比較的よい場合が多いですが、その分、仕事は楽なものではないようです。

コンビニなど24時間営業をしている店を担当する場合、何かあれば深夜に呼び出されるようなこともありますし、生活が不規則になってしまうこともあります。

また、たくさんの人をまとめあげることや、売上アップのためにどうすればいいのかを考えていくことは、大きな責任をともないます。

結果を出さなければ収入が上がらないといったこともあるため、プレッシャーと戦いながらも仕事に情熱をもっていけるかどうかが大切だといえるでしょう。