内部監査のやりがい、魅力

企業経営に貢献し、会社を守ることができる

内部統制報告制度の施行によって、上場企業を中心に、内部監査の重要性や必要性が以前にも増して問われるようになっています。

もともと、内部監査の仕事といえば、社内の問題点を見つけ出して指摘するようなチェック業務が中心でしたが、最近では「業務を改善するための提案」といった部分に対しても、内部監査の力が求められる機会が増えています。

もちろん、企業内で起こりうる不正を未然に防ぐという点においても、内部監査の果たすべき役割はたいへん大きいです。

内部監査の仕事の結果が、より良い企業経営や事業の発展へとつながっていくということは、この仕事に携わる大きなやりがいになるといえるでしょう。

社内の全体を見ることができる

内部監査は、組織の独立した立場として、企業全体の動きを客観的に見ていくことになります。

他の部門であると、自分の所属する部門やチームの中での人間関係が中心になりがちですが、内部監査担当者は各部門の社員とも接する機会が多く、広い視野を持って仕事を進めることができます。

第三者的な立場から、つねに会社全体を見ることができるため、経営そのものに興味がある人や、物事を俯瞰して見て、組織をより良くするための提案をような人には、とてもやりがいを感じられる仕事といえるでしょう。

難しい資格を取得してステップアップ

内部監査は、会計や財務、法律といった分野の専門知識も求められてくる仕事です。

この業務で培った経験やスキルは自分の大きな財産となりますし、「公認内部監査人」や「公認会計士」といった難関の資格を取得して内部監査として活躍する人も多くいます。

専門性が高く、誰にが簡単にできる仕事ではないだけに、経験やスキルがあれば転職も有利になります。

そこから、さらに難易度の高い仕事に挑戦したり、収入をアップさせたりすることも可能になってくるでしょう。