ルートセールスの資格、スキル

資格は必要とされないことが多い

ルートセールスの仕事をするうえで、何か資格が必要とされることはあまり多くありません。

営業職に関連する資格としては「営業士」や「セールススキル検定」といったものがありますが、実務上、こうした資格が求められることはほとんどないと考えておいてよいでしょう。

唯一、ルートセールスに求められることが多いものを挙げるとすれば、「普通自動車運転免許」です。

車を使って営業を行う会社であれば、自動車免許の取得は必須となります。

業務に関連する知識を身につける

ルートセールスの仕事に資格は求められないことが多いですが、自身が働く業界に関連する知識や、扱う商品・サービスの知識を深める努力は不可欠です。

そのなかで、不動産業界では「宅地建物取引主任者」、金融業界では「ファインナンシャル・プランニング」関連の資格取得が求められることもあります。

そのほか、各業種に関連する資格を取得すると、業務上役立つことがあります。

また、もし海外向けのルートセールスを担当するのであれば、英語を中心とした語学力も必要になってきます。

場合によってはTOEICのスコアが、採用試験における合否の判断要素になることもあるでしょう。

必要なスキルは?

ルートセールスにとって必要なスキルは、まず、顧客のニーズをきちんと拾い上げることができる「ヒアリング力」だといえます。

顧客が何を求めているのか、どういった状況に置かれているのかといったことを把握することができれば、相手に適切な提案をし、さらなる満足度の向上につなげることができます。

ルートセールスは、顧客の率直な声を社内に伝えるなど、橋渡し役としての活躍も求められてくるため、さまざまな立場の人とうまく人間関係を構築できるスキルが必要になります。

もちろん、それ以外に商品やサービスに関する知識や情報を持っておくことも不可欠ですが、それらは仕事をしながら日々学んでいくことが大切です。