経理への転職・未経験採用はある?

経理への転職状況は?

経理はさまざまな企業で必要な職種であるため、「つぶしがきく」職種の代表格といわれることも多いです。

実際、一度仕事を経験していれば、転職の際に優遇されることも多いでしょう。

経理の業務は会社が変わっても業務内容に大きな違いがなく、転職後もほとんど教育や研修を必要とせず、すぐに活躍できるためです。

多くの企業では転職者を受け入れる場合、簿記検定2級以上の資格を持っていることを条件に挙げています。

簿記検定は仕事では必須ではありませんが、即戦力を求める企業が多いため有資格者は高く評価されるのです。

経験者であれば資格の有無は問われないことも多いため、実務経験が優先される職種と言えるでしょう。

経理への転職の志望動機で多いものは?

他の職種から経理に転職する場合、「専門性のある仕事に挑戦したい」「経営に関心がある」といった志望動機が多いです。

経理の仕事は専門性が高く、つぶしがきくために、安定したキャリアを築きたい人から人気があります。

また、経営層に近い仕事ですので、経営者志望までではなくとも、会社の経営に興味がある人が転職することも少なくありません。

新卒の場合と違って、転職の場合は会計に対する知識の有無が問われやすいため、簿記などの資格は取得しておくにこしたことはありません。

過去の職種と現在の努力、そして将来の経理の仕事が、一本の線でつながるようなストーリーに構成してアピールにつなげましょう。

経理の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人から経理になるには

経理は経験者が優遇されることが多く、未経験者は転職においてどうしても不利になってしまいます。

簿記検定2級以上の資格がないと、多くの職場では応募条件にすら届かないのが実情です。

未経験の新卒者を採用する企業は、これは他部署も経験させるなど長期的な雇用と育成を前提としたもので、新卒者ならでは就職形態です。

経理職にふさわしい適性がある人を雇用し、採用後に一から経理の実務を教え、キャリアを積むというパターンは第二新卒くらいまでになり、後は即戦力クラスが求められることになるでしょう。

そのため、他職種からの就職では簿記検定2級以上の資格取得に加え、社会人としての基本的なスキル(ビジネススキルやパソコンスキルなど)があることが最低限必要です。

経理への転職に必要な資格・有利な資格

経理への転職を目指すなら、簿記検定2級はほしいところです。

多くの場合、募集要項に簿記検定2級以上と記載されていますが、実際、2級の内容になっている貸借対照表や損益計算書の作成ができるレベルでなければ実務は難しいでしょう。

とくに経理に回せる人が少ない中小企業では、実務経験を積ませたり、指導をしたりといった時間を取ることはほとんどできないため、最低でもこのくらいの知識が求められることになります。

その他、会計関係の資格やパソコンスキルを示すような資格を取得していれば、転職時には有効なアピールになるでしょう。

近年ではITを利用して業務効率化を目指す企業も多いため、ITパスポート資格を取得しておくのも効果的です。

経理への転職に役立つ職務経験は?

経理への転職では、一般事務職の経験が生かしやすいでしょう。

さまざまな事務作業のスキルは、経理の仕事を効率的に行う上でとても大切です。

ただし、経理に必要な簿記知識などが最低限必要ですので、経理未経験では資格がより重要になります。

また、営業職や総務職など、社内外で取引を行うことが多い職種の経験者は、仕事柄経理との関わりも多いため経理の仕事の重要性などもよく理解できるでしょう。

こうした職種についていた経験に加え、経理サービスを受ける立場で感じていた経理の長所・短所を、自身がどのように生かしていきたいのかアピールすると効果的です。

経理に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

経理は実力・経験さえあれば何歳でも転職を目指せます。

ただし、未経験の場合、資格がなければ20代後半が限度で、30代を過ぎると厳しいでしょう。

資格があっても実務未経験の場合には、正社員採用は難しく、契約社員や派遣社員などの立場から経験を積むことがほとんどです。

雇用形態にさえこだわりがなければ、30代や40代でも仕事は探せることも多いでしょう。

就職に必要なレベルの簿記学習は年齢が高くなってくると難しくなるため、早めに取り組んでおくことをおすすめします。

経理は事業所勤務でオフィスの多い都市部ほど就職先も多いですが、地方では求人が少なく年齢制限も厳しくなることが多いので注意しましょう。

経理への転職を考えている方へ

経理への転職成功率を大幅にアップさせたいなら、未経験からの経理転職実績も豊富なリクルートエージェントに相談してみましょう。

無料で相談を受けることができますので、まずは一度リクルートエージェントに相談することから始めてください。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。