「法律・士業・政治」系の職業・仕事

法律・士業に関連する職業は、その多くにおいて国家資格が必要であったり、専門的な知識が求められることが特徴です。

まず、法律・士業系に分類されるのが「弁護士」「司法書士」「行政書士」などの職業です。

企業で働く「法務」なども含め、いずれも法律に関連する深く、幅広い知識が求められてきます。

次に、裁判に関わる職業として「検事」や「裁判官」などがあります。

これらも司法試験への合格など、なるためのハードルは高いものとなっており、非常に専門的な知識や経験が必要になってきます。

続いて、不動産・士業系の仕事として「宅地建物取引主任者」や「マンション管理士」などがあります。

これらの仕事では、不動産分野に関連する専門的な知識が要求されます。

■目次

▶ 法律・士業系
▶ 裁判系
▶ 不動産・士業系
▶ 政治系

法律・士業系

弁護士

法律の専門家として、刑事事件や民事事件に関するトラブルの相談業務や法的手続きを行う。

詳しくみる

弁理士

「知的財産」の専門家として、権利化のサポートをする

詳しくみる

司法書士

不動産登記や商業登記など、各分野の法律に関する書類作成や法律上の手続きを代行する。

詳しくみる

行政書士

会社設立や店舗の営業許可など、官公署に提出する多様な書類作成と申請手続きを代行する。

詳しくみる

社会保険労務士

社会保険に関する専門家として、書類作成や企業の人事、労務、給与計算等に携わる。

詳しくみる

海事代理士

船舶の登記などを担当する、海事代理士法に関する法律の専門家。

詳しくみる

パラリーガル

弁護士の監督の下で、法律知識を生かしながら弁護士の多様な業務をサポートする。

詳しくみる

弁護士秘書

多忙な弁護士をサポート。スケジュール管理や来客対応、事務作業など幅広くこなす。

詳しくみる

法務

企業が事業を展開する際に必要な、法律にまつわる仕事を担う法律のプロフェッショナル。

詳しくみる

裁判系

裁判官

裁判所において刑事・民事訴訟のあらゆる証拠を調べたうえで、法に照らして判決を下す。

詳しくみる

裁判所事務官

裁判所における事務の専門家。各種書類の作成や総務、人事、会計などに従事する。

詳しくみる

家庭裁判所調査官

家庭裁判所において、家事事件や少年事件の当事者や家族、事件の背景について調査を行う。

詳しくみる

検事

検察庁に勤務し、事件や犯罪に関する捜査・公判や裁判執行時の指揮監督を行う。

詳しくみる

検察事務官

検察庁に勤務し、検事(検察官)の補佐役として事件の捜査や事務等に携わる。

詳しくみる

不動産・士業系

労働基準監督官

労働者と事業者の間に立ち、双方のトラブル解決や労災に関する予防・調査業務を行う。

詳しくみる

不動産鑑定士

住宅、店舗、オフィスといった不動産の鑑定評価を行い、その適正価格を決定する。

詳しくみる

土地家屋調査士

土地の調査や測量をし、不動産の表示に関する登記の申請手続きを独占的に行う。

詳しくみる

宅地建物取引主任者

不動産の取引を行うにあたり、権利関係の調査や内容説明、契約締結などの業務を担当する。

詳しくみる

マンション管理士

マンションの維持・管理に関する専門家として、マンション管理組合のサポートを行う。

詳しくみる

政治系

政治家

国会議員や地方公共団体の議員・議長などの公職に就き、国民を代表して政治に携わる。

詳しくみる

国会議員

日本国民を代表して法案の提出や審議、法律の制定を行い、より良い社会づくりを目指す。

詳しくみる

県議会議員

都道府県民を代表し、議会に参加して条例の制定や予算決定に関する議決を行う。

詳しくみる

市議会議員

市民の代表として議会に出席し、議案審議や議決を実行。市民の声を市政に反映させる。

詳しくみる

政策担当秘書

国の政治を担う国会議員の右腕となり、政策・法案の立案の手助けや質問案の作成をする。

詳しくみる

議員秘書

国会議員の右腕となり、スケジュール管理や広報活動などあらゆるサポートを行う。

詳しくみる

職業カテゴリー