生産技術の志望動機・面接

仕事内容を理解する

生産技術職の志望動機を考えるときに大事にしたいのは、まず、生産技術の仕事内容をよく理解しておくことです。

「生産技術職」の募集枠に応募する場合はもちろん、「技術職」として広く募集されているうえで生産技術への配属を希望する場合も、「なぜ生産技術として働きたいのか?」を明確にいえるようにしておくことが大切です。

そのためにも、仕事内容の理解は欠かせません。

生産技術は、製造業の大半の会社に置かれている職種であり、ものづくりをするうえで不可欠な存在ですが、業種や会社によって少しずつ業務内容は異なります。

しかし、高い品質を保ちつつ、低コストで効率よく生産するための方法を考えていくことが、生産技術の大きな役目となります。

志望先企業の情報を調べながら、生産技術が具体的にどのような仕事をしていくのか理解しておくとよいでしょう。

志望動機のまとめ方

生産技術としての志望動機を実際にまとめる際には、「なぜ、この仕事に興味を持ったのか」という点と、「どのように働いていきたいのか」という点に重きを置いて考えていくとよいでしょう。

生産技術は、ものづくりの要となる重要な職種であるため、企業側もその仕事に対して前向きで、意欲的な人を採用したいと考えています。

学校で関連することを学んできた場合には、専門性を生かして活躍し、会社に貢献したいという意思も伝えられるようにするとよいでしょう。

面接のポイントは?

生産技術の面接では、他の職種と同様、志望動機を中心に話が進められることになるでしょう。

志望先の企業研究もしっかりとしておき、どのような製品を作っているのかや、市場での立ち位置なども理解しておくことが大切です。

たくさんのメーカーがあるなかで、その会社を志望する理由を明確に伝えられるようにしておきましょう。

なお、生産技術の仕事では、つねにより良いやり方を目指して「改善・改良」を考えていくことになるため、困難な物事に直面しても諦めずに取り組めるかといったことを問われることもあるようです。

また、海外展開をしている会社であれば、英語力や海外勤務について確認されることもあります。