人材コーディネーターの1日

オフィスワークが中心

人材を求めるクライアント企業と、仕事を求める登録スタッフを結び付ける人材コーディネーターは、オフィス内での勤務が中心となります。

1日の流れは勤務先によって多少変わってきますが、人材のマッチングやスタッフとの面談、案件紹介、就業中のスタッフのフォローなどの仕事を繰り返していきます。

人を相手にする仕事であるだけに、マニュアル通りにはいかないことも多々ありますが、マッチングが成功し、スタッフも企業も喜んでくれることが、人材コーディネーターにとっての何よりの喜びとなります。

人材サービス会社で働く人材コーディネーターのある1日

8:30 出社

デスクに着くと、まずはパソコンを立ち上げてメールチェック。

スタッフからの問い合わせや連絡が入っていたら、すぐに返信を行います。

9:00 ミーティング

チームで当日の予定の共有や目標確認を行います。

10:00 新規の求職者と面談

新規でスタッフ登録を希望される方と面談を実施。

その方のスキルや経験、勤務希望条件を確認します。

11:00 案件紹介

クライアント企業の求人に対して最適なスタッフを選び出し、そのスタッフに電話連絡をして紹介を行います。

希望条件がピッタリでない場合は、交渉をすることもあります。

12:00 休憩

ランチは持参した弁当を食べたり、同僚と一緒に外に出て食べることもあります。

13:00 登録スタッフの研修

派遣先が決まったスタッフに、ビジネスマナーや派遣先のルールの指導など、就業前の研修を行います。

14:30 スタッフのフォロー

登録スタッフの就業先に電話を入れて、勤務態度や様子についてヒアリングします。

もし問題や困りごとがあれば上司に報告し、都度対応します。

16:00 事務作業

スタッフ登録面談を終えた求職者の情報をファイリングしたり、新規案件のマッチングなどデスクワーク中心に行います。

17:30 案件紹介

スタッフには夕方以降のほうが連絡がつくことも多いため、この時間から集中して電話連絡をしていきます。

19:00 退社

当日やるべきことがひと段落ついたところで仕事を終えます。