品質管理担当の一日

工場勤務が中心

品質管理担当は、おもに製造業の会社で活躍しています。

工場勤務をすることが多く、ものづくりの最前線で働く製造担当者などと連携をとりながら、安定的に製品の質を守るための検査業務などに携わります。

品質管理担当の1日の流れは会社によってもだいぶ異なるようですが、ここではあるケースを例にとって紹介します。

品質管理担当のある1日

7:45 出社

工場までは車で通勤します。工場に着いたら作業着に着替えて準備を整えます。

8:00 朝礼

始業時刻と同時に、朝礼が始まります。元気に朝の挨拶の声出しをして、全体での連絡事項の伝達があります。

8:30 検査準備

製品検査に使う機器や薬品などの準備をします。

9:00 製品検査

製品サンプルの検査を実施します。手順書を見ながら、規定通りに製造されているかを集中してチェック。

11:30 休憩

同僚と一緒に、家から持参したお弁当を食べます。天気がいい日は中庭に出てリフレッシュすることも。

12:30 デスクワーク

パソコンを使って、午前中に行った検査結果を一覧にまとめていきます。

13:30 上司に報告

作り終わった資料を上司に見せ、修正すべき点などがあれば指示を受けます。

14:00 工場巡回

製造現場を実際に目で見て、製造工程に異常がないか、安心・安全にスタッフが動けているかなどを確認します。

15:00 社内研修の受講

まだ覚えていない業務に関する社内研修を受講します。最終的にはテストを受け、合格が出れば作業に携われます。

16:30 日報の作成

当日行った業務内容をまとめて日報に記載し、上司に提出します。

17:00 終業

工場全体で残業時間を減らす取り組みを行っているため、トラブルが発生していない日は定時退社をします。