マーケティング部門で働くには

マーケターになるまでの道のり

マーケティング職に就くために、特別な学歴や資格は求められないことが多いです。

しかし、仕事をしていく上で役立つ知識や学問の分野、スキルはあります。

マーケティング部門は、市場調査・分析を行い、その結果から市場のニーズや顧客の心理を考えます。

そのため、統計学や行動経済学心理学といった知識があると役立つことも多いでしょう。

マーケティングは企業活動において重要な仕事に携わるため、経営学部商学部経済学部などで学び、マーケティングについての授業も履修しておくと、この分野への理解が深まります。

また、上記のような学部では、演習でマーケティングにチャレンジする機会もあるため、学生時代からマーケティングに触れる絶好の機会です。

この他には、プログラミングやIT・インターネットの知識なども役立ちます。

マーケティングになるまでのルート

マーケターの資格・難易度

マーケターになるために資格は不要ですが、業務に関連する資格の学習は、マーケターとしての基礎力を高めるために効果的です。

たとえば「マーケティング・ビジネス実務検定」は、業種・業界を問わない普遍的なマーケティング全般の実務知識・事例を問う試験です。

合格率は公表されていませんが、難易度はそれほど高くないといわれています。

また「ネットマーケティング検定」は、Webマーケティングの基礎知識を問う資格試験です。

Webサイトの仕組みや検索エンジン対策、マーケティングへの応用などについて出題されます。

合格率は70%ほどで、しっかり勉強していれば学生でも取得可能です。

マーケターになるための学校の種類

マーケターを目指すなら、最も適切といえる大学の学部は「経営学部」や「商学部」です。

そこでは企業経営や商業に関する基礎科目はもちろん、マーケティングに特化したゼミや授業もたくさん用意されています。

また、外部の企業と協力して実際の商品開発を行ったり、マーケティングに参加したりする機会も与えられることも多く、マーケティングとは何かを肌で感じられるでしょう。

一方、ビジネス系専門学校でもマーケティングを学べます。

この場合はマーケティングの基本的な理論や、パソコンでの資料作成や統計処理などの実務的なことを中心に身につけていきます。

専門学校の場合、資格取得のための勉強にも力を入れていることが特徴です。

マーケターに向いている人・配属されやすい人

分析力がある人

マーケターは事実やデータをもとに仮説を立てたり効果の検証を行ったりすることが多いです。

そのため、日頃から物事や数字を分析し、そこから何かの考察を行うのが好きな人はマーケターに向いているといえるでしょう。

コミュニケーション能力が高い人

マーケターは社内外のさまざまな関係者とコミュニケーションを取りながら業務を行っていく必要があります。

そのため、コミュニケーション能力が高い人が選ばれやすい傾向があります。

ただ話すことが得意なだけではなく、聞くことも上手で、交渉しながら物事を好ましい方向に導けるタイプの人が求められます。

マーケティングに向いている人・適性・必要なスキル

トレンドに敏感

その時その時の流行に敏感な人もマーケター向きです。

本人に時代をとらえるセンスがあることは大きな武器ですし、それを統計などで論理的に示せれば鬼に金棒です。

仕事上、流行を追いかけることも多いため、流行についていくことを苦にしないタイプが理想です。

マーケターのキャリアプラン・キャリアパス

就職後、マーケティング部門に配属された新入社員は、まず先輩社員のアシスタントやアンケート調査などの業務からスタートすることが多いです。

その後、集めたデータの分析や資料作成を任されるようになり、提案なども行うようになります。

企業の経営戦略や製品を理解した上で、マーケティングのためのプランを提出できるようになれば一人前で、この頃には社内を駆け回って必要な調整ができるようになります。

その後は経験を積んでマーケティング部門の管理者や、事業全体のマーケティング戦略を考えるCMOなどのポジションを目指すことができ、全社への影響力も大きくなっていくでしょう。

マーケティングへの転職を検討するなら、転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途でマーケティングを目指す場合には、転職エージェントに登録しておくのもおすすめです。

マーケティングの仕事に詳しい転職アドバイザーから話を聞くことができたり、マーケティングの「非公開求人」の情報を得ることができます。

まだ転職するか迷っている、そもそもマーケティングが自分に合っているか不安という段階でも、専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができます。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ登録して気軽に相談してみてください。