生産技術の給料・年収

平均年収

生産技術の平均年収は、300万円~500万円がボリュームゾーンとされています。

一般的な会社員の年収とさほど変わりなく、飛びぬけて高い収入が得られる仕事とは言い難いですが、経験を積むことで昇給し、年収500万円以上を得ている人もそれなりにいるようです。

会社の規模をはじめ、その人がどのようなキャリアパスをたどるかによっても給与は変わってくるものですが、管理職になることで一気に年収がアップすることもあるでしょう。

残業代が多くついていることも

生産技術の給料は他職種と比べてやや高めとなることも多いようですが、その内訳を見てみると、「残業手当」や「休日出勤手当」が多くついている場合があります。

生産技術の仕事では、工場が稼働していない休日に出勤して生産ラインの構築などを行うことになりやすく、どうしても休日出勤が増えがちです。

また、生産ラインのトラブル対応や、設計部門や製造部門の両方に関わっていくという役割、日常的な業務量の多さなどから、残業もそれなりに多くなりやすい職種とされています。

そのため、休日出勤や残業の量、またそれらが発生した際に手当がしっかりと付くかどうかによっても収入は変わってくるでしょう。

出世しやすいといわれることも

生産技術という職種は、あらゆる製造業において不可欠な存在です。

実際、多くのメーカーにおいて、生産技術は重要なポジションと位置付けられており、さまざまな技術系の仕事があるなかで、「出世しやすい職種」と認識されているような会社もあるようです。

もちろん、生産技術職に就く人はたくさんいるため、すべての生産技術職の人が順調に出世できるとは限りません。

しかし、材料から製品が完成するまでの一連の流れに関わっていく生産技術として広く知識や技術を蓄えていくことで、上のポジションへのキャリアアップが期待できる会社もたくさんあるようです。