男性でも一般事務になれる?

男性も一般事務になれる?

現状、一般事務の求人に性別の条件は設定されていません。

つまり男性でも一般事務として働くことは十分に可能だといえます。

しかし「なりやすい」かといえば、そうでもありません。

理由は2つあって、1つは「多くの企業は女性の事務職を採用している」ことです。

事務職の仕事は女性の仕事というイメージがあり、受付や来客応対を任せる以上は見た目の良い女性の方が需要が多くなります。

もう1つは「一般事務の需要自体が減少している」ことです。

一般事務の仕事はIT化により業務が減っており、以前と比べると一般事務の求人は減少傾向にあります。

そんな中で女性有利の戦場で争うことになりますので、男性が一般事務を目指すのはなかなか難しいといえます。

男性の一般事務の働きやすさは?

男性にとって「狭き門」ではありますが、採用さえされれば一般事務として働き続けることは決して難しくありません。

難点としては以下の内容が挙げられます。
・サポート中心でやりがいを感じられない
・人間関係に不満がある
・仕事が自分に合わない
・キャリアアップが難しい

男性の場合、特に「キャリアアップが難しい」という点が大きなデメリットになる可能性があります。

結婚して家庭を持てば、一家の大黒柱になるわけです。

そうなると独身時代以上にお金が必要になりますが、一般事務は昇給が厳しく、単体でのキャリアアップが難しいため収入アップが難題となるのです。

人生プランを充実させるためには、一般事務として働きながら経験と資格取得を目指し、より待遇の良い職種や就職先に変わることを視野に入れる必要があります。

男性の一般事務の強み・弱み

メンタル面での強さ

一般事務の仕事は、勤務策によっては念入りな新人研修が行われず、効率よく仕事できなければ周囲からの叱責が多くなる仕事でもあります。

メンタル面に強さが無いと、その叱責や周囲からの空気に耐えられず、仕事を辞めてしまう可能性があります。

結婚・出産による離職率の低さ

一般的に、女性は「結婚」や「出産」で仕事を辞めてしまう可能性があります。

昨今は男性でも育児休暇を申請するケースが多くなってきたものの、女性ほど高い頻度で休むことはありません。

企業によっては一般事務に対して「ずっと働き続けてほしい」と考えているケースもあり、その場合は女性よりも男性の方が有利になります。

基本的に一般事務の求人では不利

基本的に事務職というものは、男性よりも女性がこなすイメージが定着している仕事です。

企業によっては男性からの一般事務の募集を無碍に扱うところもあるので、男性が一般事務を目指すのは簡単ではないといえます。