マーケティングのやりがい・楽しさ・魅力

マーケティングのやりがい・楽しさ

社会のトレンドが見える

マーケティング部門では、消費者アンケートや市場調査、メディアからの情報、日々の生活の中での気づきなどから、社会のトレンドについて考えることになります。

何度も仮説と検証を繰り返しながら、「人々が何を欲しているか」を分析し、商品の販売に役立てるために働きます。

業務を通して「今」を知ることができますし、自分の感覚と実際のデータの違う部分などが発見できるのも、マーケティングのおもしろさです。

ものづくりに関われる

企業によっては、マーケティング部門は製品開発の企画部分にも参与します。

消費者がどのような商品を求めているのか、アンケート調査などから客観性のある提案を行って企業の製品開発を助けます。

自分が関わった商品が世に出て行き、人気になったときには非常に嬉しい気持ちになるでしょう。

世間からの反響

商品を世に送り出し、その商品が顧客や社会から高く評価されるといっそう充実感が味わえます。

商品売り場が客でにぎわい、商品が売れていくのを目の当たりにしたり、関連ランキングの上位に入ったり、各種メディアでよいクチコミが広まっていったりするときに、達成感が得られます。

また、実際の数字によってその反響の大きさを具体的に知ることができるのも、マーケティング部門ならではの魅力です。

マーケティングの仕事内容・社内の役割とミッション

マーケティングの魅力

チームでの一体感・達成感

多くの場合、マーケティングは部門の枠を超え、さまざまな立場の人達と協力して行う仕事です。

商品開発なら、商品企画の段階から開発部門と一緒に試行錯誤しますし、販売においては営業部門と協力して商品価格や流通ルートを検討したりします。

また、広報と協力して広告やメディアへのプレスリリースの作成なども行います。

このように、マーケティング部門では社内外の多くの人と一緒になって仕事をするため、社内の同僚たちとの一体感が得やすく、また仕事の達成感も非常に大きなものになるでしょう。

トレンドを生み出せる

マーケティングはトレンドをよく分析する仕事ですが、逆にトレンドを作る場合もあります。

ユーザーニーズに合致した商品企画や巧みな広告戦略によって、社会に強いニーズを生み出せることもあるでしょう。

流行の発信源となれるのもマーケティングの大きな魅力です。

ビジネスパーソンとしての成長

マーケティングに携わる人たちには、情報収集力や分析力、企画力、提案力、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力などさまざまなビジネススキルが求められます。

そのため、マーケティングの仕事を通じてビジネスパーソンとして大きく成長することができます。

頭脳明晰で優秀な人も多く、そういったメンバーの中で切磋琢磨できることも大きな魅力です。