「公務員」系の職業・仕事

公務員として働く人は、大きく「国家公務員」と「地方公務員」の2種類に分けられます。

国家機関に勤務し、国家の運営に関連した業務を行う国家公務員のうち、中央省庁に勤務するのが「官僚」と呼ばれる人たちです。

このほか「国税専門官」や「裁判官」、また「入国審査官」や「麻薬取締官」など国家公務員の仕事にはさまざまなものがあり、いずれも専門的な知識やスキルが求められます。

一方、自治体組織に勤務し、住民の生活に密着した業務を行う地方公務員としては、「警察官」や「消防士」など人々の生活に身近な存在として働く人たちがいます。

また「市役所職員」や「食品衛生監視員」なども地方公務員の一種です。

■目次

▶ 国家公務員
▶ 地方公務員

国家公務員

麻薬取締官

違法な麻薬の流通と薬物犯罪を取り締まり、特別司法警察官として状況に応じて逮捕を行う。

詳しくみる

財務専門官

財政・金融のプロフェッショナルとして、国の予算執行調査や金融機関の検査・監督を行う。

詳しくみる

裁判所事務官

裁判所における事務の専門家。各種書類の作成や総務、人事、会計などに従事する。

詳しくみる

裁判官

裁判所において刑事・民事訴訟のあらゆる証拠を調べたうえで、法に照らして判決を下す。

詳しくみる

自衛隊

「陸・海・空」から日本の平和と安全を守り、外部侵略に対して防衛する任務を果たす。

詳しくみる

地方公務員

食品衛生監視員

輸入食品の監視や検疫業務、飲食店で食中毒の調査等を行い、「食の安全・安心」を守る。

詳しくみる

警察官

国・都道府県の警察組織に所属し、事件や事故の捜査や取締りを行って社会の治安を保つ。

詳しくみる

消防士

地方自治体の消防本部や消防署に所属し、火災の消火や救急活動を行って住民の安全を守る。

詳しくみる

救急救命士

救急車に同乗し、医師の指導の下で救急救命処置を実施。一刻を争う事態に最善を尽くす。

詳しくみる

市役所職員

市役所に勤務する公務員。事務業務や土木・電気など技術系業務を行い、市民生活を支える。

詳しくみる

職業カテゴリー