公安部の仕事内容、なるには、資格、給料、求人

公安の仕事内容

公共の安全と秩序を守る

公安警察とは「公共の安全と秩序」を維持することを目的とした、警察庁と全国都道府県の公安部門を意味します。

東京都を管轄する警視庁は公安部をもち、そのほかの各道府県警察は警察本部警備部に公安部門があります。

これら公安部門は、国外的には外国政府の対日工作やテロ、国内的には極左暴力集団、朝鮮総連、日本共産党、学生運動、右翼団体などが捜査対象になります。

こうした捜査対象は国家体制そのものを脅かす脅威となりうるため、公安警察が他の警察組織と別れて秘密裏に捜査に当たるという体制をとっています。

各都道府県に公安部門がありますが、その3分の一以上は都道府県の警察ではなく、警察庁警備局警備課の理事官が統括する中央指揮命令センター(通称「ゼロ」)の指揮下にあります。

公安の就職先、活躍の場

身分は警察官

公安警察とはまず、警察庁か、各都道府県に勤める警察官のことです。

警察庁の場合は警備局、警視庁は公安部、各都道府県は警察本部警備部が所属部署となります。

また、各都道府県警は、警察本部に対し地方を所管する所轄警察署があり、そこにも警備課があります。

この中でも警視庁は国内最大の公安部門を持っています。

これは、日本共産党本部や各国大使館といった監視対象が都内に多く集まっているためで、人員は公安部に約1100人、所轄警察署と合わせて2000人となっています。

公安の1日

捜査は基本的に不規則

公安は協力者に接触し情報を得たり、監視対象を尾行したり、マークしている団体が集会を開けば多くの人員を割いて監視します。

8:30 出勤
取扱っている事案の整理。

10:00~15:00
尾行、張り込み、監視など

監視対象の組織の構成員を割り出す作業の基本となるのが、「面識」とよばれる顔を覚える作業です。
ともかく顔を覚え、尾行し、活動拠点を見つけます。

19:00 協力者と接触
情報を集めるには協力者の存在が必要不可欠です。
事前に調べておいた趣味や飲酒といった行動パターンをもとに接触を図り、ときには公安であることを自ら明かすなどし、協力を持ちかけます。
こうした捜査は昼夜を問わず、不規則に行われます。

公安になるには

トップレベルの警察官が公安に

各都道府県の公安部門に配属されるためには、まず警察官として採用される必要があります。

警視庁の場合はⅠ類(大卒程度、21歳以上35歳未満)とⅢ類(高卒程度、17歳以上35歳未満)があり、男女とも年3回ほど採用試験が開かれています。

こうした条件は各道府県警察で異なり、高卒の採用枠がない場合もあります。

また身体検査もあり、警視庁ですと男性は身長約160㎝体重約48㎏以上、女性は身長約154㎝体重約45㎏以上。

視力は両目の裸眼が0.6もしくは矯正で両目1.0以上が必要です。

採用後は、警察学校に入校し訓練を受けますが、将来公安部門にいこうとするならここでトップの成績を修める必要があります。

公安に必要な学校・学歴・学費

大卒もしくは高卒

まず、警察官の採用試験に応募するには高卒か大卒資格が必要です。

採用試験は都道府県にもよりますが、1次の筆記試験と、面接、体力検査を含む2次試験からなる場合が多いです。

筆記試験は幅広く出題されますが、問題集は市販されているので対策は可能です。

体力検査では腕立て伏せや上体起こしなどで職務遂行に必要な体力があるかチェックされますが、種目はこれも都道府県によって異なります。

試験に合格した後は、全員が警察学校に入学し研修を受けます。

公安に必要な資格・試験の難易度

公安部門への道は険しい

公安部門は警察官の中でも特に優秀な者が選ばれます。

まず、採用試験に合格した者は高卒は10か月、大卒は6か月警察学校で捜査手法などを学びます。

将来公安部門を目指すなら、ここでしっかりと勉強し卒業までにトップの成績を修める必要があります。

警察学校卒業後は交番の警察官として配属されますが、そこでも犯人の検挙数が多いことや品行方正であることなど、厳しい条件があります。

こうしたステップを経て、本人の希望も踏まえたうえで公安部門への登用が決まります。

公安の給料・年収

公務員の給料は安定

警察職は平均年齢が約40歳で、平均給料は月額約32万円、手当が平均13万円ほどとなっています。

手当は扶養、住居、通勤、特殊勤務などが支給されます。

ボーナスは約4か月分となっており、これを加えると平均年収は500万~800万円ほどとなります。

また、給料は都道府県によって違い、東京都の警察職の平均月給は39万円を超え全都道府県の警察職の中では最高です。

昇給は年功序列のため、ながくキャリアを積めば順調な年収アップが期待できます。

公安のやりがい、楽しさ、魅力

国の安全を守る

国の体制を脅かすような事案に対応し、重大事件の早期解決を目指して日夜地道な捜査を続けるのが公安部門の警察官です。

先の仕事内容に挙げたような大きな事案を、身を削って職務に当たることにやりがいを感じることができるでしょう。

公安部門は決して表に出ることはありませんが、優秀な警察官が集まる各警察の花形部署の一つともいえます。

捜査上、極秘情報に触れることも珍しくなく、警察官にとって取り組む価値のある仕事です。

公安のつらいこと、大変なこと

仕事内容は家族にも秘密

捜査のすべてを秘密裡に行う公安部門。

家族にも仕事内容を話してはならず、仕事の理解を得てもらうのはどうしても難しくなります。

また、重大な事案の捜査に関わる過程で危険な事態に遭遇することも十分考えられます。

仕事内容も精神的な負担が大きいものとなっています。

公安部門の警察官は対象となる団体を監視し続け、協力者となりそうな人物を見つけたら接触を図ります。

この協力者づくりは時間と労力がかかり、最終的に情報が得られず徒労に終わってしまうこともあり得ますが、それでも公安部門の警察官は地道な協力者探しと接触を続けます。

公安に向いている人、適性

強い責任感と使命感

国家の安全を守るため、たとえ家族に対しても仕事について話さず、地道な捜査を続けるには、強い使命感と責任感が求められます。

また、情報を提供してくれる協力者を見つけるには協力してくれそうな人物に接触し時間をかけて関係を築くことも大切です。

そのためには人柄やコミュニケーション能力が必須です。

そして、公安は時に危険な事態にも遭遇します。

そうした状況を打開するためには危機管理能力と体力、判断力、困難に立ち向かう度胸や勇敢さが必要です。

公安の志望動機・目指すきっかけ

国の役に立つ職業

公安部門の警察官は、国家を揺るがすような大きな事案が発生しないか常に警戒しています。

特に2000人を有する警視庁は監視対象も幅広く、扱う事案も大きいのでやりがいのある仕事ができます。

国の役に立ちたいと思う人にとっては、魅力的な職業となり得ます。

また、公安部門は各都道府県の警察でトップレベルの警察官が登用されます。

刑事としての能力を高めたいという志の高い警察官にとってはその点が公安部門に憧れる一つの理由になり得ます。

公安の雇用形態、働き方

国家公務員地方公務員

警察庁警備局の課長以上は、国家公務員試験の国家総合職に合格したいわゆるキャリア組か、大卒程度国家一般職に合格した準キャリア組がほとんどを占めます。

そのほかの警備局員は都道府県警から出向するノンキャリアの警察官も構成員です。

警視庁と道府県警察の公安部門の警察官は地方公務員です。

各都道府県で採用試験を受けます。

国家公務員か地方公務員、いずれの場合も制度としては祝日休、年末年始休、年次有給休暇(20日)、特別休暇(夏季、結婚、出産、ボランティア等)、介護休暇、育児休業等があります。

公安の勤務時間・休日・生活

仕事は極めて不規則

国家公務員もしくは地方公務員はそれぞれ勤務時間がはっきり定められており、基本的には午前8:30~午後17:00程度ですが、公安部門の警察官となるとこの通りにはいかないことが多いでしょう。

月の残業時間の具体的な数字はありませんが、監視対象に動きがあれば昼夜を問わず捜査、情報収集が行われます。

ひとたび公安関連の事件が発生すれば、激務の日々が続きます。

特に最大の監視対象である日本共産党が大きな大会などを開けば大勢の人員が割かれます。

公安の求人・就職状況・需要

警察官の求人は安定、ただ人員削減も

日本全国の各都道府県警察の求人は安定してあります。

警察庁も同様です。

ただ、実は公安部門の警察官自体は全盛期の半分以下に減らされています。

戦後は警備や公安部門の偏重が大きかったのですが、ソ連崩壊などで公安部門が警戒すべき事案が減っているためです。

また、左翼ゲリラや学生運動といった脅威も以前に比べれば小さく、また他の諸外国に比べれば国際テロの脅威は大きくありません。

もちろん公安部門が重大な役目を担っているのは言うまでもないことですが、公安部門を目指す警察官にとっては登用の道が広がっているとはいえない状況です。

公安の転職状況・未経験採用

転職は30代でも可

年齢は都道府県によって違いますが、30代前半までは警察官の採用試験を受けることができる場合が多いようです。

警視庁の場合は35歳未満となっています。

新卒でなくとも、上記に挙げた筆記と体力検査、面接からなる採用試験に合格すれば警察学校の入校から始まり、公安部門を目指すことができます。

また、英語や中国語、韓国語といった外国語のスキルや柔剣道の段位取得者は試験に加点される場合があります。

他のサラリーマンなどを経て転職を考えている人はこうした加点要素があるか自分自身のスキルを検討してみるべきです。

公安の現状と将来性・今後の見通し

公務員は基本的に安定、ただし危険も

公安部門の警察官は仕事内容こそ特殊ですが、地方公務員もしくは国家公務員のため待遇も安定していて、よほどの不祥事を起こさない限り雇用が途切れることはないでしょう。

公安部門の人員が減っているとはいえ組織自体がなくなることはまず考えられず、一度警察官として採用されれば安泰です。

特に、厳しい条件をクリアした優秀な警察官が登用される公安部門は、警察官としては尊敬されるに十分なキャリアでしょう。

ただ、職務上危険な事態に遭遇するリスクがあることは十分覚悟しておく必要があります。