このサイトは国税専門官を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「国税専門官」

仕事内容
国税専門官とは、税金に関する調査や指導を行う専門家のことを言います。その職種は、1.個人や企業を訪問し、適正な税金の申告がされているか調査する「国税調査官」、2.税金の催促や財産差し押さえなどの滞納処分を行う「国税徴収官」、3.脱税を見つけ検察官に告発する「国税査察官」の3つに分かれています。主に国税庁や税務署に勤務しており、税金のスペシャリストとして国の財政基盤を支えています。
なるには
国税専門官になるには、国家試験である国税専門官採用試験を受けて合格する必要があります。試験受験にあたっては「21歳以上30歳未満」という年齢制限があります。学歴は問われないものの、会計学や商法の専門知識が必要となるため、大学の法学部出身者が多いと言われています。試験合格後は研修を受け、配属先の税務署で実務経験と再び研修を受けたのち、国税専門官として各都道府県の国税局に勤務します。
給料
国税専門官の給料は、国家公務員の税務職俸給表の給与体系が適用されます。勤務年数や役職によって給料は異なりますが、基本的には毎年昇給していきます。なお、平均給与額は手当を含めて43歳で44万円強と発表されています。手当に関しては、期末・勤勉手当(ボーナス)のほか、扶養手当、地域手当、住居手当など他の公務員同様のものが適用され、休日・休暇等も含めた待遇面はそれなりに安定していると言えるでしょう。
将来性
税金の滞納や脱税は長年の社会問題となっているため、適切な租税納付を監察する国税専門官は、いつの時代も必要とされる存在です。特に、脱税は景気の良し悪しに関わらず発生する問題であるため、今後もこの仕事の需要が減るということは考えにくいでしょう。高齢化社会を迎える日本では、相続税に関する脱税対策が急務となっており、国税専門官が果たすべき役割はさらに大きなものになっていくことが予想されます。