「官僚」とは

官僚_画像

中央省庁に勤務する国家公務員。国の法律や予算に基づき具体的な政策を考え、実務を行う。

「官僚」という言葉は法律で明確に定義されていませんが、一般的には「国家の政策決定に影響力を持つ国家公務員」のことを指して使われます。

多くの官僚は「三権分立」で成り立つ日本の政治構造のうち、行政権を持つ内閣の下に位置する中央省庁で勤務します。

なるためには、非常に難易度の高い「国家公務員採用総合職試験」を受けて合格し、官庁訪問を経て、各省庁に採用される必要があります。

30歳の平均年収は500万円程度ですが、役職が上がれば上がるほど給料もアップし、官僚の最高職位となる事務次官になれば、年収3,000万円を超すともいわれています。

安定した身分が保証され、華やかなイメージが先行しがちな職業ですが、昨今の官僚批判や連日のハードワークなど、大変な面も多々あります。

「官僚」の仕事紹介

官僚の仕事内容

官僚とは、「三権分立」で成り立つ日本の政治構造のうち、行政権を持つ内閣の下に位置する中央省庁で働く国家公務員のことをいいます。

官僚の主な仕事は、予算案を作って国会に提出することや、国会で決められた法律や予算に基づいて、国のさまざまな仕事を進めていくことです。

選挙で選ばれた政治家たちが国民の代表として集まって法律を決める国会に対し、具体的アクションを起こすための政策を考え、実務を行うのが官僚の役割となっています。

官僚になるには

「官僚」という言葉は法律で明確に定義されていませんが、一般的には「国家の政策決定に影響力を持つ国家公務員」のことを指して使われます。

官僚になるためには「国家公務員採用総合職試験」を受けて合格し、各省庁に採用される必要があります。

この試験は、かつての国家公務員1種試験と同等のものであり、非常に難易度が高いものとして知られています。

最終合格者に選ばれると、入庁を希望する省庁への官庁訪問を行って面接を受け、採用の可否が決定します。

官僚の給料・年収

国家公務員の給料は、人事院が定める俸給表に沿って支給されており、勤続年数や職務成果、経験によって徐々に上がっていきます。

30歳の平均年収は500万円程度ですが、役職が上がれば上がるほど給料もアップし、官僚の最高職位となる事務次官になれば、年収3,000万円を超すともいわれています。

しかしながら、官僚の世界は出世競争が厳しいため、すべての人が特別に高い収入を得られるまでキャリアアップできるとは限りません。

官僚の現状と将来性・今後の見通し

キャリア官僚というと響きは良いですが、近年は国家公務員の給料が削減された例もあるなど、決して素晴らしい待遇ばかりともいえない面もあります。

ハードワークから早期に民間企業への転職を決意するなど、別の道に進む人も少なくありません。

しかし、日本の政治を動かす官僚という仕事がなくなることは考えにくく、「国家公務員」という身分も保証されているため、安定性は十分にあるといえるでしょう。