裁判官の仕事内容

判決・決定を言い渡す 裁判官は、全国各地の裁判所において裁判を担当し、口頭弁論や証拠調べを経て、判決・決定を言い渡します。 裁判官は事前に提出された資料を読み込んでから裁判に臨みます。 裁判においては当事者や弁護士、検察 … 続きを読む

裁判官の勤務先

裁判官の勤務先 裁判官の勤務先は、原則として全国の地方裁判所、高等裁判所、最高裁判所、家庭裁判所、簡易裁判所です。北は稚内から南は石垣島まで、全国にある裁判所へ配属の可能性があります。 裁判所の種類と数 司法の最高機関で … 続きを読む

裁判官の役割

裁判官の役割 裁判官は、裁判をつかさどり、人を裁く役割を担う法律のスペシャリストです。 刑事裁判では、罪を犯したと疑われる被告人が、本当に罪を犯したのかを証拠などを参考に明らかにしていきます。 また、民事裁判では、原告・ … 続きを読む

裁判官の1日

民事事件担当の裁判官の1日 配属先の裁判所により業務量の多寡はありますが、合議の法廷が週1回、単独法廷のスケジュールが週に2回、合計週3日のペースで開廷するのが一般的のようです。 合議の場合は3人の裁判官が担当し、午前1 … 続きを読む

裁判官の現状と将来性

裁判官の人数と負担 2016年4月現在、簡易裁判所を除いた全国の裁判所で、2,944人もの裁判官が働いています。その一方で、平成23年度は、349万4,001件の訴訟が新たに裁判所に係属しています。 訴訟は取り下げられな … 続きを読む

裁判官のやりがい

裁判官の独立と誇り 憲法76条3項は、「すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される。」と定め、裁判官の独立を保障しています。 裁判官の独立が保障されていることにより、裁判官は良 … 続きを読む

裁判官のつらいこと、大変なこと

定期的に転勤しつづけなければならない 判事補として任官されると、幅広い経験を積むために、ABC方式と呼ばれる大中小といった規模の違う裁判所を、当初2年半、その後3年毎、さらにその後は4〜5年毎の異動します。 育児や介護な … 続きを読む

裁判官の苦労

裁判官の苦労 裁判官は、刑事裁判でも民事裁判でも、人の犯罪やもめ事を判断する仕事ですから、常に人の人生に影響を与えるという意味で責任重大であり、苦労を伴います。 裁判官も、1人の人間です。同じ人間が人間を裁くことに違和感 … 続きを読む

裁判官の魅力

自らの信念に従って事件を解決できる 仕事をする中では、自分は正しいと思うことでも、上司や関係会社など多くのしがらみから、自分の意見を貫くことが難しいという場面は多くあります。 一方で、裁判官は人の人生を大きく左右するよう … 続きを読む

裁判官の階級、出世

裁判官の種類 裁判官には、 ・最高裁長官 ・最高裁判事 ・高裁長官 ・判事 ・判事補 ・簡裁判事 の6種類があります。 その定員は最高裁長官、最高裁判事、高裁長官を除き、判事1,415名、判事補805名、簡裁判事806名 … 続きを読む

裁判官の罷免、国民審査

裁判官の罷免 裁判官は、公平中立な裁判を行うため、憲法によって手厚く身分が保障されています。 一方で、裁判官であっても、裁判官にあってはならない、国民の信頼を裏切るような行為を犯した場合には辞めさせることができなくてはな … 続きを読む