仕事内容

裁判官の服やバッジにはどんな意味がある?

裁判官の着ている法服の歴史 裁判官が法廷で着ている黒色の服は「法服」と呼ばれるものです。 法服は裁判官だけでなく、裁判所書記官、検察官、弁護士など、法廷に立ち合う法曹関係者と裁判所職員は着用しなければならないと決められて […]

裁判官の罷免・国民審査とは?

裁判官の罷免 裁判官は公平中立な裁判をおこなうために、憲法によって手厚く身分が保障されています。 一方で、裁判官にあってはならない国民の信頼を裏切るような行為を犯した場合には、裁判官であっても辞めさせることができる仕組み […]

裁判官の階級の種類

裁判官の種類 裁判官には、以下の6種類があります。 ・最高裁長官 ・最高裁判事 ・高裁長官 ・判事 ・判事補 ・簡裁判事 それぞれ法律で定員が決められており、最高裁長官・最高裁判事を除き、高裁長官が8人、判事が2,125 […]

裁判官のつらいこと・大変なこと・苦労

裁判官のつらいこと・大変なこと 肉体的にも精神的にもハードな仕事 勤務地にもよりますが、たとえば民事事件を担当する裁判官の場合、民事訴訟のほかに破産事件や強制執行事件、さらには逮捕状などの令状の発付を担当するなど、幅広い […]

裁判官のやりがい・楽しさ・魅力

裁判官のやりがい・楽しさ 独立が保障された立場で判決を下せる 憲法76条3項は「すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される。」と定め、これは裁判官の独立を保障する条文です。 こ […]

裁判官の需要、現状と将来性

裁判官の需要と現状 裁判官の人数と1人当たりの負担 2018年4月の時点では、簡易裁判所を除いた全国の裁判所では2,782人の裁判官が働いています。 →参考:日本弁護士連合会 裁判官数・検察官数・弁護士数の推移 その一方 […]

裁判官の1日のスケジュール・生活スタイル

裁判官の業務スケジュール 民事事件を担当する場合 配属先の裁判所によって業務量に違いはありますが、「合議審」が週1件、「単独審」が週2件の合計週3日のペースで開廷するのが一般的のようです。 「合議審」とは3人以上の裁判官 […]

裁判官の仕事内容

裁判官の仕事とは 裁判官は、全国各地の裁判所において裁判を担当し、口頭弁論や証拠調べを経て判決・決定を言い渡す仕事です。 具体的には、最高裁判所長官、最高裁判所判事、高等裁判所長官、判事、判事補、簡易裁判所判事の総称を「 […]