「美容・ファッション」の職業・仕事

美容師 美とヘアスタイルの専門家。技術と創造力を駆使して、お客さまを美しく変身させる

美容師は、主に美容室において、カット、カラー、セット、シャンプーブロー、パーマなどの施術をし、ヘアスタイルを創り上げる仕事です。 ヘアスタイルに関することだけでなく、ネイル、メイクや着付けなどの施術を行うこともあります。美容師として働くためには、国家資格である美容師免許が必要です。 美容師免許を取得するためには、通学課程(2年)または通信過程(3年)美容専門学校で所定の科目を修了したのち、美容師国家試験に合格しなければなりません。美容師の待遇は、アシスタント時代は非常に厳しいと言われていますが、トップスタイリストになったり、独立することによって、高収入を得ている人もいます。また、美容師からヘアメイクアップアーティストに転身する人もいます。

理容師 ヘアカットからヘアスタイリング、顔そりまで、お客さまの顔回りの身だしなみを整える

理容室でヘアカット、シャンプー、顔そりなどを行うのが理容師の仕事です。理容室の利用者は男性客が中心ということもあり、きれいに整えるカットを得意としています。理容師と美容師との大きな違いは、顔そりができるかできないかですが、理容師と美容師との垣根はなくなってきています。理容師の養成課程がある専門学校で2年(通信の場合は3年)学び、理容師国家試験に合格することが必要です。近年は、理容師を目指す人が減少し、理容師の数が減ってきています。その分、就職にはあまり困らない状況となっています。高齢化社会が進む中で、高齢者や身体に障害のある方に、福祉と理容の両方の視点から施術を提供する「ケア理容師」の取り組みが始まっています。

ネイリスト お客さまの爪をきれいに整え、マニキュアやラインストーンなどで美しい装飾を施す

ネイリストは、爪の手入れをする「ネイルケア」と爪に装飾を施す「ネイルアート」をする仕事です。ネイルケアでは、爪の形を整えたり、爪磨き、甘皮処理などを行います。ネイルアートは、つけ爪や爪にカラーやストーンなどの装飾をすることであり、ジェルやスカルプチャなどさまざまな手法があります。ネイリストとして働くために、必要となる資格はありませんが、ネイリストのスクールなどで技術を学び、ネイリストの検定試験に合格していると就職に有利です。技術を身につけ、支持してくれるお客さまがいれば、独立することも可能です。特別な設備を必要としないため、自宅やマンションの一室で開業している人もいます。

アイリスト 

アイリストは、「まつ毛ケアのプロフェッショナル」として、美容サロンなどでお客さまのまつ毛を整えたり、きれいにしたりする仕事です。来店されたお客さまの目元に関する悩みをカウンセリングし、専用の器具や薬剤などを使いながら、「まつ毛エクステ」「まつ毛カール」「まつ毛パーマ」など、さまざまなメニューを施します。薬剤を用いることからも安全には常に気を配る必要があり、この仕事に就くには国家資格である「美容師免許」の取得が不可欠です。正社員で働く場合、給料は月給およそ18万円からのスタートで、美容師よりも初任給は高めとなっているようです。アイリストの活躍の場はどんどん広がっていますが、流行に左右されやすい世界であるため、時代の流れを見極めながら、お客さまに喜ばれるものを提供する姿勢が求められます。

エステティシャン 専用の器具を使った施術やマッサージによって肌の調子を整え、全身を美しくする

エステティシャンの仕事は、エステティックサロンにおいてボディケア、脱毛、フェイシャル、リフレクソロジーなどの施術を行うことです。手でマッサージを行ったり、脱毛や痩身の器具などさまざまな方法を使って、女性を美しくしていきます。エステティシャンとして働くときに、必要な資格はなく、未経験者でも働くことができますが、身体に直接触れる仕事のため、就職後は研修や勉強を受けて多くの知識を身につける必要があります。美しさや癒しを与える仕事である反面、立ちながら、手を使って長時間マッサージを行うため、体力が求められます。ブライダルエステやアンチエイジング、メンズエステなど、エステティシャンの活躍する領域は広がっています。

メイクアップアーティスト 人を美しく魅せる専門家。モデル、女優などにメイクを施し、ヘアスタイルを整える

メイクアップアーティストは、俳優や女優、モデル、タレントなどにメークを施す仕事です。テレビ、映画、雑誌、舞台など、それぞれの場において、照明や光のあたり具合、テーマやシチュエーション、出演者の個性や服装などを考慮して、メイクを施します。ヘアメイク専門プロダクション、エステティックサロン、化粧品メーカーなどで働くほか、フリーで活躍している人もいます。ヘアメイクアップアーティストになるために資格は必要ではありませんが、メイクの専門学校で学び、関連企業に就職するというルートが一般的です。また、美容師から転身する人も多くいます。フリーとして活躍するまでの道のりは険しく、厳しい下積み時代を覚悟しなければなりません。

スタイリスト CMやドラマ、雑誌などに出演するタレント、モデルにファッションアイテムをコーディネートする

雑誌や広告、テレビ、映画の撮影やコンサート、ステージなどで、モデルやタレントに洋服や靴、小物、アクセサリーなどをコーディネートする仕事です。事前に他のスタッフと打ち合わせを行い、イメージを固めて、衣装や小道具を調達します。撮影現場では、カメラマンやメイクアップアーティスト、ヘアメイクの人などと協力しながら仕事を進めていきます。スタイリストになるために必要な資格はありませんが、活躍する多くのスタイリストは服飾系の専門学校を卒業しています。プロダクションに所属するか、先輩スタイリストに弟子入りし、独立していくルートが一般的です。独立するまでの道のりは険しく、厳しいアシスタント時代を乗り越えられるのは、一握りと言われています。

ファッションデザイナー 世の中のニーズを掴み取りながら、洋服・靴・バッグをデザインし、ヒット商品を生み出す

ファッションデザイナーの仕事は、主に洋服や靴、バッグなどをデザインすることです。大量生産される服のデザインをする企業内デザイナーと、顧客の注文に応じてデザインをするとオートクチュールのデザイナーの2つに大きく分けられます。企業内デザイナーの主な勤務先は、アパレルメーカーや繊維メーカーです。資格は特に必要ありませんが、専門知識が必要なため、服飾系の専門学校で学んでいる人がほとんどです。人気の高い仕事ですが、商品のサイクルが早いため、長時間労働となりがちな業界です。ファストファッションが流行となる状況において、経営の苦しいアパレル企業も多く、スピード感を持って顧客ニーズを捉えたデザインをすることが求められてます。

パタンナー ファッションデザイナーが描いた平面図を基に、製品化するために必要な型紙を製作する

パタンナーとは、ファッションデザイナーが作成したデザイン画から、型紙(パターン)を作る仕事です。型紙とは平面であるデザイン画から、立体の洋服をつくるときに必要となるもので、衣装の型を書いた紙のことです。パタンナーによって、服の出来が変わってくるため、技術力のあるパタンナーは業界で引く手あまたです。パタンナーになるために必要な資格はありませんが、服飾の知識が必要なため、服飾系の専門学校を卒業しているケースが大半です。未経験を採用しているところは少なく、まずはアパレルメーカーなどでアシスタントをすることからスタートします。何年か修行を重ねることによって、一人前のパタンナーとして仕事ができるようになります。

和裁士 反物を使った和服の「仕立て」や、寸法やほころびなどの「直し」を専門に行う職人

和裁士の仕事は、反物から和服を仕立てること、また和服のお直しをすることです。経験を積んだ和裁士は、後進を育てる指導者として活躍することもあります。和裁士になる主な方法には、「大学や専門学校などの教育機関で技術を学ぶ」「和裁所に見習いとして入所する」「個人教室で学ぶ」などがあります。それぞれ、技術を身につけた後は和裁所の正社員になったり、フリーランスとして独立します。和裁士の給料は高いとはいえず、1級・2級和裁技能士資格を持っていても、和裁所の正社員としては月収18万円〜20万円が相場。フリーランスでは年収150万円以下という和裁士も珍しくないそうです。そんな中で将来的には、高い技術はもちろんのこと、プラスαの資格や技術、営業能力、インターネットの活用など、これまで和裁士には求められなかった能力も求められることになるでしょう。

ショップ店員 アパレル、雑貨などのショップで、商品管理から品出し、接客・販売など幅広く業務を行う

店舗に立って、商品を管理して、お客さまに販売するのがショップ店員の仕事です。ショップ店員は未経験者採用も多い職業です。求人サイトや店頭に貼ってあるポスターなどから応募するほか、ショップ店員の派遣会社に登録して働くという方法もあります。ショップ店員の給料は、月の手取りが17万程度とあまり良いとは言えない金額です。ですが、歩合制がある店舗の場合は、販売成績に応じて給料がアップしていきます。ショップ店員はお店の運営になくてはならないそんざいですが、スマホの普及にともない、お客さまはかなりネットショップに奪われています。外に出ずとも欲しい商品が買えて、家に届く、便利なネットショップから、お客さまをいかに実店舗に呼び寄せるかはショップ店員の腕にかかっています。

アパレル店員 アパレルショップで接客や販売を中心に、商品管理や店舗レイアウトに携わる

アパレル店員は、アパレルショップで洋服を販売する仕事です。接客以外にも、商品管理や検品作業、タグ付け、店舗レイアウトなど、さまざまな業務を担当します。一部の大手企業以外はさほど学歴も問われず、アルバイトからスタートし、契約社員、正社員にステップアップしていく人も多いですが、店長などマネジメントを担う立場になると、売上管理やスタッフの教育などにまで携わります。日々多くのお客さまと接するため、高いコミュニケーション能力や明るく前向きな性格が求められるほか、一日中立ち仕事となるため体力も要します。ただファッション好きであるだけでなく、お店の「顔」としての責任感と自覚が求められる仕事です。

美容部員 

美容部員は、百貨店の化粧品売り場やドラッグストアなどで、さまざまな化粧品の販売をする仕事です。来店したお客さまの肌や髪に関する悩みのカウンセリングを行いながら、その方に適した商品をお薦めし、できるだけ多くの商品を販売することを役目とします。なるために特別な学歴や資格は必要とされませんが、美容部員のカウンセリング能力やメイクのテクニックが売り上げを決めるうえでの大きな要因となるため、ヘアメイクの専門学校を卒業してこの仕事に就く人もいます。給料は正社員だと月給20万円前後、アルバイトは時給800円〜1200円程度が相場となっています。ドラッグストアや雑貨店など化粧品を扱う店舗の種類が増えており、美容部員の活躍の場も広がっていますが、正社員としての求人は決して多くないため、雇用の安定性や自身のライフプランをよく考えて就職先を探す必要があるでしょう。

バイヤー 店舗に並べる商品を買い付ける仕事。流行を察知し、世界中から魅力的な商品を探し出す

バイヤーは、店に並べる商品を買い付ける仕事です。ファッションバイヤーは、百貨店やセレクトショップなどに勤務し、国内外を飛び回り、商品の仕入れを行います。流行を読み、自らのセンスを生かしながら、魅力的な商品を見つけ出すことが必要です。自分がいいと思うものだけでなく、店に置いたときに売れるのかという感覚を持つことが求められます。バイヤーになるためには、百貨店に就職するかアパレルショップの販売員として働くところからスタートし、適正が認められれば、バイヤーへと転身していきます。売上に責任を持つため、データの分析能力が求められるほか、海外への買い付けを行う仕事の場合には、語学力も必要となります。

ジュエリーデザイナー ジュエリー製作を専門とするデザイナー。完成品の基となるラフスケッチや図案を作成する

ジュエリーデザイナーは、ジュエリー製作に関するデザイン画を作成する仕事です。主にジュエリーメーカーやデザイン会社に勤務し、商品企画やお客さまの要望に応じたデザインを作り上げていきます。デザイン業務だけに関わる人もいれば、企画やマーケティング、あるいは職人としての作業工程にまで携わる人もいます。実力とセンスが問われる仕事であり、中には独立して大きな収入を得る人もいますが、成功することは決して簡単ではありません。ジュエリー業界は景気に左右されやすい面が大きいものの、確かな技術とセンスを持ち、斬新なアイデアを提案できるデザイナーは、いつの時代でにおいても安定した需要があります。