「広告・デザイン」系の職業・仕事

グラフィックデザイナー 
企画・コンセプトに基づき、広告、カタログ、ポスターなど主に印刷物のデザインをする

グラフィックデザイナーとは、主に印刷物のデザインをする仕事です。雑誌の広告やカタログ、ポスター、商品のパッケージ、チラシなど紙の上での制作物を担当します。広告代理店や企画担当者から依頼を受け、企画内容やコンセプト、ターゲットなどを確認し、デザインを作成します。グラフィックデザイナーになるためには、芸術系の大学、短大や、デザイン系の学科がある専門学校を卒業していると有利です。グラフィックデザイナーとして実績を積んだのちは、広告全体を指揮するアートディレクターへとステップアップする人もいれば、独立してフリーで働く人もいます。納期がある仕事のため、締め切りが近いときには、深夜残業や徹夜をしなければならないときもあります。

イラストレーター 
依頼を受け、雑誌、書籍、ポスターなどに利用されるイラストやキャラクターの絵を描く

イラストレーターは、依頼主の要望に応じてイラストを描く仕事です。雑誌、書籍、ポスター、カタログ、パンフレットなどの印刷物上のイラストやキャラクター作成などさまざまなものを描きます。イラストレーターになるための決まったルートはありませんが、活躍するイラストレーターの多くは、美術系の大学や専門学校でデザインの基礎を学んでいます。一般な就職先は、広告制作会社や企業の広告部、デザイン事務所などとなります。実績を重ねたのちに、フリーで働く人も多い職業です。しかし、、イラストを描くだけで生活をすることは簡単ではありません。グラフィックデザイナーと兼業していたり、副業としてイラストを書いているイラストレーターが多いのが現状です。

アートディレクター 
広告制作の現場において、ビジュアルデザインの責任者として指揮監督を行う

ビジュアルデザインに関するディレクションを行うアートディレクター。クライアントのニーズや案件のコンセプトなどを把握し、グラフィックデザイナーをはじめとするクリエイターに指示を与えたり、デザインをチェックして修正を依頼したりすることが主な業務です。優れたデザインセンスとスキルを持っていることが必須条件であるため、ほとんどの人はグラフィックデザイナーとして数年間の経験を積んだ後に、転身してアートディレクターになっています。年収の平均値は400〜800万円といわれますが、会社の規模や経営状況によって異なり、なおかつ各個人のスキルや経験によっても大きく差が出ます。広告業界の市場は今後ますます高度化、専門化、先端化していくと見られており、より高い能力を持ったアートディレクターの必要性が高まっていくでしょう。

Webデザイナー 
Webサイト制作現場において、クライアントのニーズを満たすデザインを作成する。

Webデザイナーは、ディレクターなど他のスタッフとチームを組んで、Webサイトをデザインする仕事です。見栄えの良さだけを追求するのではなく、Webサイトの目的やコンセプトに合うと同時に、ユーザーにとって使いやすく、ユーザーが意図したとおりに行動してくれるようなデザインを作成することが求められます。Webデザイナーになるのに決まった道はありませんが、独学やWeb系の専門学校卒業後にWeb制作会社へ就職し、そこで経験を積んでステップアップしていく流れが一般的です。平均年収は300万円〜400万円程度といわれますが、WebディレクターやWebプロデューサーとしての役割もこなすようになったり、独立して事業が軌道にのったりすれば、さらに高額の収入を得ることもできます。Web業界自体の変化が速いことから、現在のスキルや経験以上に、常に新しい発想ができる人が求められているといわれます。

DTPオペレーター 
印刷物の制作現場で、PCと専用ソフトを駆使して文字や写真のレイアウトを行う

印刷物を制作する際、グラフィックデザイナーが起こしたデザイン案に基づき、DTPソフトなどを用いてレイアウトを行うのがDTPオペレーターの仕事です。デザインの専門知識や技術が必須のスキルであるため、ほとんどの人はデザイン系の専門学校またはDTPコースをもつパソコンスクールなどに通います。卒業後は広告代理店やデザイン事務所などにアシスタントとして就職し、実際の現場でスキルを磨いた後、DTPオペレーターとして一人立ちします。お給料は、正社員の場合の平均月収は20万円前後、派遣社員の場合は時給1200〜1800円ほどです。経験を積み、スキルを磨いてグラフィックデザイナーにキャリアアップする人がたくさんいますが、即戦力が求められる派遣社員の場合は、40代以上でも多くの人が活躍しています。

ライター 
作品の企画・コンセプトに基づき、紙媒体やWeb上に掲載される記事を取材・執筆する

ライターとは、取材や資料の収集をして記事を書く仕事です。主に雑誌の編集者からの依頼を受けて仕事をします。雑誌や書籍だけではなく、近年はWebやメルマガなどの電子媒体の仕事も増えています。また、現場取材をして写真撮影をしたり、記事対象のインタビューで対談を行うこともあるため、ある程度の対話能力や写真の撮影能力が必要となることもあります。ライターになるための決まった方法はなく、誰でもライターを名乗ることができます。安定して仕事を得るためには、出版社や編集プロダクションにおいて、編集アシスタントとしての勤務経験を一定期間経て、人脈をつくったのちに独立するとよいでしょう。はじめのうちは、低い単価であっても実績をつくっていくことが必要となります。

コピーライター 
企業や商品の宣伝、ブランディングを目的としたコピー(文言)を考え、形にする

コピーライターは、クライアント企業からの依頼を受けて、テレビ、雑誌、インターネット、ポスター、商品パッケージなどにおける、広告のキャッチコピーを考える仕事です。通常は、コピーライターだけでなく、営業やアートディレクター、グラフィックデザイナーなどとチームを組んで仕事を進めていきます。広告代理店や広告制作会社での勤務となりますが、フリーで働く人もいれば、ライターと兼業をしている人もいます。コピーライターになるための決まった道はありませんが、広告代理店や広告制作会社に就職し、広告について学び、経験を重ねたのちに、コピーライターとしての業務を担当するという流れが一般的です。納期との戦いになることが多く、勤務時間は長くなりがちです。

プロダクトデザイナー 
生活用品から家電、自動車など、世の中のありとあらゆる「もの」を設計・デザインする

プロダクトデザイナーは、ありとあらゆる製品をデザインする仕事です。具体的には、食器や文房具などの生活用品や家電製品、家具・インテリア、事務用機器、さらには自動車や飛行機など大型の輸送機器まで、設計や生産、流通の知識も生かしながら、さまざまなものをデザインします。専門的な知識・技術、センスが必要とされる仕事であるため、なるためには芸術大学や美術大学および専門学校でデザインを学び、メーカーやプロダクトデザイン事務所に就職する流れが一般的です。メーカー各社がデザインの重要性を改めて認識している今、広く深い知識を有し、時代の流れに即した提案ができるプロダクトデザイナーの需要は、今後さらに伸びていくことが期待されます。

広告宣伝 
自社商品やサービス、ブランドの認知度を高めるために、各メディアに広告を出稿する。

広告宣伝は、企業の商品やサービスについての効果的な広告を出稿し、売上げや企業イメージを高める役割を担っています。マーケティングに始まり、企画立案、制作、出稿、効果の評価までを行います。広告宣伝の仕事に就くには、メーカーなどの企業に入社し、広告宣伝部門への配属を希望していきます。または当初から広告代理店に入社することで、広告のさまざまな段階の業務にあたることができます。広告宣伝職の平均年収はクリエイティブ職の中では比較的高く、40代以上では1千万円以上の高収入を得ている人も珍しくありません。しかし年代や雇用形態、事業規模によって収入は大きく異なります。ウェブ広告が重要性を増している中で、既存の4大メディアだけでなく、インターネット上での広告セオリーにも通じた人材の活躍の場が広がっていくことが予想されます。

ジュエリーデザイナー 
ジュエリー製作を専門とするデザイナー。完成品の基となるラフスケッチや図案を作成する

ジュエリーデザイナーは、ジュエリー製作に関するデザイン画を作成する仕事です。主にジュエリーメーカーやデザイン会社に勤務し、商品企画やお客さまの要望に応じたデザインを作り上げていきます。デザイン業務だけに関わる人もいれば、企画やマーケティング、あるいは職人としての作業工程にまで携わる人もいます。実力とセンスが問われる仕事であり、中には独立して大きな収入を得る人もいますが、成功することは決して簡単ではありません。ジュエリー業界は景気に左右されやすい面が大きいものの、確かな技術とセンスを持ち、斬新なアイデアを提案できるデザイナーは、いつの時代でにおいても安定した需要があります。

インテリアコーディネーター 
家具、照明などのインテリア(内装)を選び、その場の雰囲気に合う快適な空間を生み出す

インテリアコーディネーターは、住宅や店舗、オフィス、公共施設などのインテリアを、依頼主からのオーダーに応じて、アドバイスをする仕事です。住宅の場合、依頼主からのヒアリングをもとに、内装の壁紙や家具、照明、小物などを組み合わせ、依頼主の要望に合った居住空間をアドバイスします。インテリアコーディネーターになるための一般的な方法は、インテリアコーディネーター養成のコースがある学校や建築学科などを卒業して、デザイン事務所や住宅メーカー、家具メーカーに就職することです。また、インテリアコーディネーター資格試験に合格しておくと、就職や仕事で有利になる可能性があります。リフォーム市場が伸び、インテリアコーディネーターの需要は増えてきています。

空間デザイナー 
店舗、ホテル、美術館など、あらゆる空間を、その場にふさわしい内装や装飾で演出する

ディスプレイ、イベント、店舗と、手掛ける範囲も幅広いのが空間デザイナーです。ひとつの分野を専門的にやる人もいれば、幅広く手掛ける人もおり、それぞれ発生する作業が変わることもありますが、スペースをデザインすることに変わりはありません。空間デザイナーになるために特に必要な資格はありませんが、設計図解読や工具や素材の扱い方など専門的な知識が必要になるため、美大や専門学校に通う人や、プロの下でアルバイトとして素業を積む人がほとんどです。収入は他のサラリーマンとほぼ変わらず、初任給で20万円前後ですが、指名で仕事が入るほど人気デザイナーになったり独立したりすると収入も一気に上がります。有名な空間デザイナーになると年収1000万以上稼ぐ人もおり、それだけに実力がものを言うシビアな世界なのも事実です。

イベントプランナー 
展示会や音楽、スポーツ、セミナーなどの各種イベントを企画し、運営業務全般に携わる

イベントプランナーは、各種展示会、セミナー、コンサート、スポーツイベントなどのさまざまなイベントを企画・準備・運営する仕事です。音楽イベント、スポーツイベント、ブライダルイベントなどイベントの種類によって仕事内容は変わってきます。イベントプランナーになるにあたって、必要な資格、有利な学部、学科などは特にありません。各種展示会イベント、ライブ、ショー、フェスティバルなどを多く見て感性を磨くことが大事になります。イベントプランナーになるための就職先としては、広告代理店やイベント企画会社などがあります。フリーランスで働く人はそれほど多くはありませんが、大手広告代理店やイベント会社で力をつけていれば、独立するチャンスは多いにあります。

芸術家 
絵画、彫刻、陶芸、音楽などの芸術活動を行い、作品を発表して世の中に影響を与える

芸術家とは、絵画、版画、彫刻、陶芸、工芸などの芸術活動を行い、主に作品を売ることで生計を立てている人のことです。作品が高額で売れれば数ヶ月分の収入になりますが、逆に売れなければ収入ゼロという月もあるため、ほとんどの人がアルバイトなどを兼業しています。創作活動だけで生計を立てるためには、類まれな才能とセンス、努力、そして幸運が必要だといえるでしょう。芸術家になるには、学歴も資格も必要ありません。大学や専門学校で学ぶよりも、芸術家に弟子入りしたり、工房に職人見習いとして就職するなどの下積みがスキルアップに役立ちます。近年、日本の美術市場を活性化するため、ギャラリーや美術館が続々とつくられています。才能と努力しだいで芸術家を目指す若者がチャンスをつかむ可能性も充分にあるといえるでしょう。

画家 
水彩、油絵などさまざまな道具と手法で自身のイメージする絵を描き、作品を世に発表する

画家とは、絵を描き作品を販売することを職業とする人です。画家になるためには特別な資格や学歴はいらず、絵を描く技術と独創性あるセンスがあれば誰にでもなることができます。日本にも多くの画家はいますが、安定した収入や知名度を得ている画家は非常に少なく、有名な画家になるまでには大変な労力と根気が必要となります。ですので画家になるのは容易いことですが、周囲の評価を得て活躍できる画家となるまでが大変な職業と言えます。画家の中にはアルバイトをしながら画家を続けている人も多くいます。中高の美術教師や出版やデザイン会社、アニメやゲーム会社を副業にしている人が多いようです。収入に関して言うと、売れていない画家であれば1枚の絵が数千円程度、著名な画家であれば数千万円の値がつく場合もあるようにピンからキリまで幅がありますので、自分の作品が有名になるチャンスを得られるかが職業として重要なポイントとなります。

陶芸家 
土とろくろを使って食器や壺などの焼き物を成形し、窯で焼き上げて作品として仕上げる

陶芸家の仕事は、食器や花瓶、壺やオブジェなどの焼き物を作り出すことです。資格や免許は必要ありませんが、高い技術やデザインセンスなどが求められる実力主義の世界です。美術系の大学や陶芸を学べる学校に行くか陶芸家のところに弟子入りして働きながら学ぶことで、焼き物を作り上げる能力を磨いていきます。給与は売上によって大きく変わるので不安定です。見習いにおいては毎月の収入が5万円ほどとなることも珍しくありませんが、一方で一流の陶芸家の作品は、ひとつ何十万円という値段がつくこともあります。輸入製品などによって、焼き物の売上に影響が出ていますが、ネットショップなどで販売する陶芸家も増えてきており、アイデア次第で活躍のチャンスが広がっています。

書道家 
書道の道を究め、書道の作品を世の中に発表したり、書道教室の師範として活動する

書道家は、書道の道を極め、書道の作品を提供する、あるいは書道を教える人のことを言います。作品だけを売って生計を立てられる人はまれで、多くの書道家は自分の書道教室を持ちながら自分の活動を行っています。現在は、ネットで注文を受け、筆を使ってロゴや看板をデザインしたり、また、音楽家や画家などとコラボレーションし、書道の新たな可能性を切り開く書道家もたくさん出てくるようになりました。また、書道家は、男性に限らず女性も活躍の多い職業でもあります。女性ならではの感性を活かし、活躍している女流書道家も多く存在します。書道教室などを持たない限り安定した収入が得られにくい職業ではありますが、古くから伝わる日本の文化を継承し、人の感覚や人生に働きかける重要な役割をしています。

広告制作会社社員 
依頼を受けて広告の企画やデザイン、コピーを考え、広告物を作る会社に勤める人のこと。

テレビのコマーシャルや街中のポスター、パンフレットやカタログなどの広告物を制作するのが広告制作会社の仕事です。わかりやすい文章を考える「コピーライター」やパッケージデザインを担当する「アートディレクター」CMを企画する「CMプランナー」など、さまざまな職種のクリエイターが活躍しています。近年ではインターネットの発展とともにWeb広告が圧倒的に伸びており、日本の広告費の総額は2012年から2015年まで4年連続でプラス成長を続けています。柔軟な発想力や想像力でさらなる可能性を切り拓いていける業界でしょう。給料はそれほど高くはありませんが、実力主義の世界なので能力次第では高収入も実現可能です。

CMプランナー 
スポンサーから依頼を受けて広告のコンセプトを考え、企画・制作をプランニングする。

CMプランナーは、広告の企画・制作をプランニングする仕事です。スポンサーから依頼を受け、予算や商品内容、出演者のイメージなどを踏まえてコンセプトを決定し、企画が認められれば制作に入ります。特別な資格は必要ありませんが、広告代理店か広告制作会社に就職して働くのが一般的です。ただし、プランナーという職種で採用されることはほとんどなく、他の業務を経験してからプランナーになる人もいます。経験を積めばフリーランスになったり自分で事務所を立ち上げたりすることもできます。大手広告代理店に勤めれば年収1000万円以上を得ることができますが、実力主義の面が濃く、また広告にまつわる幅広い知識を有し、ディレクターや脚本などまで兼務できる人が求められる傾向も強いようです。

DTPデザイナー 
印刷物制作の現場で、デザインから印刷用の入稿データの制作までをパソコンを使って行う。

DTPデザイナーは、DTP(Desk Top Publishing)つまりデザインから印刷用の入稿データの制作までをパソコンを使って行う仕事です。専用のソフトを用い、雑誌、書籍、広告、ポスターといった各種印刷物のレイアウトをし、印刷するためのデータを作成します。専門学校などでデザインの基礎を学び、印刷会社や広告制作会社などへ就職して働く人が多いようですが、まったくの未経験者でも採用されるケースはあるようです。新卒の初任給の平均は17~22万円ほどとされますが、経験を積んで独立し、高年収を得ている人もいます。現代は紙媒体が急激に縮小しているため、DTPデザイナーがWebデザイナーへ転身するケースが増えているようです。アートディレクターやプロデューサーに必要なスキルを身につけることが、この業界で長く生き残るカギとなるかもしれません。

Webプロデューサー 
Webサイトの作成をプロデュースし、サイトのイメージや納期、予算などを決める責任者。

Webプロデューサーは、Webサイトの作成をプロデュースし、サイトの全体的なイメージやページ数、製作にかかる納期や予算などを決める責任者です。実際に作業を進めるスタッフとの調整を行う「Webディレクター」と密に連携し、プロジェクト全体を統括します。特別必要とされる資格はありませんが、Web制作の総責任者となることため、制作スタッフとして経験を積んだ人がステップアップしてこの仕事に就く流れが一般的です。勤務先によっては、管理職手当がついて年収800万円以上を得ている人もいるようです。高度なコミュニケーション能力やマネジメントスキル、マーケティングなど幅広い知識が要求される難易度の高い職種であることから、プロデューサー業を務められる人の需要は大きなものとなっています。

インダストリアルデザイナー 
デザイナーのなかでも、家電や車、産業機械など、大量生産を前提とした工業製品を担当。

インダストリアルデザイナーは、家電や車、産業機械など、大量生産を前提とした工業製品のデザインをする仕事です。工学と機械の性能に興味を持ちながらも、美術的感覚を備えている必要があり、美術系の大学や工学部系のデザイン学科で基礎を学び、メーカーやデザイン事務所に就職して働く人が多いようです。年収は勤務先や役職、年齢などによって大きく変わってきますが、大企業の企業内デザイナーになると1000万円を超える場合もあり、全体としてはやや高めの傾向があります。工業製品がある限り必要とされる職業であるため、将来的にも安定した需要が見込まれる職業でしょう。経験を積み、独立して自ら新しい道を模索していくことも可能です。

カーデザイナー 
新しい自動車を開発するために、外観・ボディ・内装などの各部分をデザインする。

カーデザイナーは、新しい自動車を開発するためのデザインをする仕事です。外観・ボディ、内装など分業制でデザインされることが多く、二輪車など乗り物全般をデザインすることもあります。この仕事は、インダストリアルデザイナーのなかでも花形といわれていますが、自動車メーカーやカーデザイン事務所などでも採用人数はさほど多くなく、狭き門となっています。年収はメーカーで700万円~800万円程度、デザイン事務所であれば300万円~600万円程度となるでしょう。電気自動車や自動運転など、自動車業界の技術革新は目覚ましいものがあり、専門知識や技術を備えながら、未来を見据えて人の心に響くようなデザインをするカーデザイナーが求められています。

キャラクターデザイナー 
ゲームやアニメ作品などに登場するキャラクターをデザインする。

キャラクターデザイナーは、ゲームやアニメ作品などに登場する人物をデザインする仕事です。オリジナルのキャラクターを一から作成したり、原作の世界観をもとに衣装や髪型などの外見をデザインしたりします。美術系大学やアニメデザイン専門学校などで、基礎的な知識と技術を身につけ、ゲーム会社、アニメプロダクションなどへ就職するのが、この仕事に就くための一般的なルートです。平均年収は300万円~600万円程度と幅があり、勤務先や経験によっても変わるでしょう。ゲームやアニメ業界では常に新しい発想のデザインが求められているため、キャラクターデザイナーとしての将来は明るいでしょう。また、最近では関連グッズのデザインや企業広告のキャラクターデザインなど、キャラクターデザイナーの仕事の幅は広がりを見せています。

ディスプレイデザイナー 
百貨店や小売店などの店頭や店内、イベント会場などのデコレーションをする。

ディスプレイデザイナーは、店頭や店内、イベント会場などのデコレーションをする仕事です。具体的には、百貨店やショップのショーウィンドウ、店内の売り場コーディネート、あるいはテーマパークや展示会などの装飾に携わります。特別な資格が求められる仕事ではありませんが、美術大学や専門学校のデザイン科でインテリアデザインや空間デザインについて学び、知識を身につけてからデザイン会社か展示専門会社に入社するのが一般的といえるでしょう。収入は勤務先や経験、実力などによって大きく差が出ます。将来的には海外展示会や海外顧客の日本展開の業務増加が予想されており、英語をはじめとする語学に力を入れ、国内外を問わず活躍できるような対策をしておくと、今後の需要増に対応できることでしょう。

パッケージデザイナー 
食品、日用品、家電など、さあらゆる商品のパッケージをデザインする。

パッケージデザイナーは、食品や日用品、家電などさまざまな商品のパッケージをデザインする仕事です。商品のコンセプトやイメージ、パッケージに使われる素材の特性を適格に理解して、消費者が手に取りたくなるようなパッケージをデザインします。この仕事に就くには、まず大学や専門学校でグラフィックデザインを学び、卒業後は大きく分けて、メーカー系の企業に就職して企業内デザイナーになる道と、デザイン事務所や広告代理店でクライアントから仕事を請け負うデザイナーになる道の2通りがあります。平均年収は400万円~500万円程度とされていますが、独立した人気デザイナーのなかには年収1000万円以上を手にする人もいるようです。パッケージデザインは、形を持って店頭に並ぶ商品が作られ続ける限り必要とされるため、職業としてもそれなりに安定した需要が見込めるでしょう。

雑貨デザイナー 
植菌、キッチン用品、文房具など、あらゆる生活雑貨の素材や色、形などをデザインする。

雑貨デザイナーは、食器、キッチン用品、文房具、バス・トイレタリー、リネン類など、あらゆる生活雑貨の素材や色、形などをデザインする仕事です。デザインの美しさだけでなく、素材の質感、機能性、安全性、コストについても考慮する必要があります。この仕事に就くには、芸術系、美術系の大学や専門学校でプロダクトデザイン、雑貨デザインを学び、雑貨メーカーやプロダクトデザイン事務所へ就職するのが一般的といえます。平均年収は300~400万円程度といわれますが、経験を積んで独立して働いたり事務所を開業したりして、高収入を得ている人もいます。身の回りの生活雑貨には常に新しいデザインや機能性が求められており、確かな技術と独自性を発揮できるデザイナーは今後も安定した需要があるでしょう。

照明デザイナー 
住宅や店舗の照明、イルミネーションなど、あらゆる場の空間の光を演出する。

照明デザイナーは、空間の光を演出する仕事です。おもに住宅や店舗の照明、建築物のライトアップ、イルミネーションなどに携わり、適切な照明手法と光源、照明器具を選び、照明設計を企画します。この仕事に就くには、芸術系、美術系の大学や専門学校で照明デザインを学び、照明器具メーカーや照明デザイン事務所に就職する流れが一般的といえるでしょう。平均年収は400万円程度といわれますが、インテリアデザイナーや建築士など関連業務を兼任できる場合は、さらに収入が上がるでしょう。照明デザイナーはまだ発展途上の職業であり、近年はメディアファサードという外壁の照明演出にも注目が集まっています。LED照明の普及もあり、業界そのものの今後の発展が期待されます。

華道家 
季節に応じた花を花器や花瓶などに美しく生けたり、花を使って空間全体を演出する。

華道家は、季節に応じた花を花器や花瓶などに美しく生けたり、花を使って空間全体を演出したりする仕事です。「フラワーアーティスト」や「いけばな作家」と呼ばれることもあります。華道には「流派」というものがあり、華道花として活動するには各流派に入門して5~10年ほど修行を積み技術や作法を身につけ、師範の免許を取ることが必要です。その後、講師となったり作品展を開催したりと活躍の方法はさまざまですが、収入には波が出やすく、創作活動だけで生計を立てられるのはほんの一握りの華道家のみのようです。華道は日本を代表する伝統芸能のひとつであり、古くから受け継がれてきた確かな技術や知識の習得は不可欠です。一方、近年では外国人向けのワークショップや華道教室など、新しい形で華道を広めていく工夫も必要になると考えられています。

原型師 
工業製品の鋳型(いがた)やフィギュア、玩具を造る際に模型となる原型を制作する。

原型師は、工業製品の鋳型(いがた)を造る際に、模型となる原型を制作する仕事です。一般的には、玩具やフィギア、ガレージキットの原型を造形する人も含み、作業は手で行う場合と、パソコンを使ってデジタルで行う場合があります。特別な資格が求められるわけではありませんが、造形の技術力は必須です。フィギュア原型師を目指すのであれば、フィギュア造形の専門学校で学んでから、フィギュアメーカーやフィギュア制作会社へ就職する流れが一般的といえるでしょう。フリーランスで働く人も多く、個人の実力や制作内容、サイズにより収入には大きく幅が出ます。手作業での制作は時間がかかるため、今後はCGや3Dプリンターを使ってモデリングを行う「デジタル造形師」が増加するものと考えられています。

彫金師 
金属を彫り、ジュエリーやアクセサリー、仏具や家具、建築物などの飾り金具を製作する。

彫金師は、鏨(たがね)という工具を使って金属を彫る「彫金(ちょうきん)」の技術により、ジュエリーやアクセサリーなどの装飾品、仏具や家具、建築物などの飾り金具を製作する仕事です。シルバーアクセサリーのアーティストやジュエリーデザイナーとして活躍する人もいます。専門技術を要する仕事であることから、大学や専門学校などで工芸(とくに彫金)の技術を身につけるとよいでしょう。ただし、就職先の選択肢は決して多くなく、彫金師のもとへ弟子入りしたり、宝石メーカーでジュエリー製作に携わったりする人が多いようです。見習い中は月収10万円ほどからスタートすることも珍しくありません。この仕事で一人前になるまでは長い時間がかかるため、十分な覚悟を持っておく必要があるといえます。

彫刻家 
粘土類、石材、木材、金属などあらゆる素材を彫り刻み、立体的な造形芸術を表現する。

彫刻家は、粘土類、石材、木材、金属などあらゆる素材を彫り刻み、立体的な造形芸術を表現する仕事です。「空間造形作家」や「立体アーティスト」と呼ばれることもあります。多くの彫刻家は、芸術系、美術系の大学で彫刻を学んだうえで、作家として活動をスタートしています。しかし、基本的には個人での活動となるため創作だけで生計を立てられる人はほんの一握りであり、学校の教師や博物館、美術館の学芸員、彫刻教室の講師などをしながら創作活動をする人が大半です。とくに彫刻家は他の芸術家と比べても専業でやっていくのは厳しいといわれています。実力とセンスが認められ、自治体や企業からのモニュメントやシンボルなど大口の仕事を依頼されるようになれば、安定して高収入を得ることができるでしょう。

版画家 
木や銅、石、アルミ板などに細工をし、絵具やインクの転写や透写を行う版画を制作する人。

版画家は、木や銅、石、アルミ板などの版材に彫刻などの細工をして製版し、絵具やインクの転写や透写によって複数の絵画を制作する「版画」を制作し、生計を立てる人のことをいいます。専門的な技法を身につける必要があるため、美術系の大学や短大、専門学校で学び、卒業後に版画家として活動を始める人が大半です。ただし、才能がすぐに認められるとは限らず、創作活動以外にスクール講師や学校の美術教師として働いている人も多くいます。専業でこの仕事をしていくのは大変なことですが、若手であればまずは画廊で作品を展示できるようにし、段階を経て、展覧会が行われるデパートへ自ら企画書を持ち込むなどの営業をすることで活躍の場は広がるでしょう。

仏師 
古来より伝わる特殊な技法を用い、寺院や仏壇に置かれる仏像を制作する。

仏師は、仏像を制作する人のことをいいます。仏像には彫刻による木彫仏や石仏、鋳造(ちゅうぞう)による金銅仏(こんどうぶつ)、和紙や粘土の塑造(そぞう)、乾漆造(かんしつぞう)などの技法があり、この仕事に就くためには仏師のもとに弟子入りし、10年ほどかけて修業をするのが一般的とされています。仏師養成の専門学校や美術系大学の彫刻専攻課程で学んでから修業することもできます。修業中は決まった給料がなく、月に10万円程度の小遣いのみとなっています。一人前になってからも一部の著名な仏師を除けば収入が少なく、仕事を継続できない人が多いという現状もあります、時代が変わりゆくなか、今後は技術の習得に加えてセルフマネジメントの上手な仏師が活躍できると考えられています。