「教育・保育」系の職業・仕事

保育士 0歳から6歳までの子どもを預かり、その安全を守るとともに、身の回りの世話を行う

保育所や児童福祉施設で、主に0歳〜6歳までの子供を預かり、保育をする仕事です。子どもを心身ともに保護するというだけでなく、一緒に遊んだり会話をしながら、考える力や感性を育てていくことも大事な役割となります。保育士として働くためには、保育士の免許が必要です。大学、短大、専門学校などの保育士養成課程を履修し卒業するか、保育士試験に合格することで資格を修得することができます。保育士試験の合格率は低く、保育士養成校から保育士になるルートが一般的です。保育士の待遇はそれほど良くはありませんが、公立の保育園勤務の場合は、公務員になるため、安定した収入が期待できます。都市部では、保育園が不足している状況であり、幼稚園との一体化も検討されています。

幼稚園教諭 満3歳から小学校入学前の子どもに教育を行い、人間性や感性、身体能力を育む

幼稚園教諭は満3歳から小学校に入学するまでの子どもを対象に教育を行う仕事です。幼稚園は小学校や中学校などと同じく「学校」であるため、保育園よりも教育をするということに目的が置かれています。幼稚園教育要領に基づき、「健康、人間関係、環境、言葉、表現」それぞれについて、運動や音楽、遊びなどを通じて育みます。幼稚園教諭になるためには、大学院、大学、短大などで幼稚園教諭養成課程を学び、幼稚園教諭免許状を取得したのち、採用試験に合格することが必要です。筆記試験、面接の他、音楽などの実技試験があることもあります。人気の仕事ですが、少子化の影響もあり、採用数が減少している傾向があります。特に公務員採用となる公立の幼稚園は難関です。

ベビーシッター 個人宅や保育施設で赤ちゃん、子どもを預かり、身の回りの世話や教育、しつけを行う

ベビーシッターとは、個人宅や託児所において、乳幼児から小学生くらいまでの子どもの面倒を見る仕事です。保育園閉園後の時間や、母親の仕事や病気などで子どもの世話を見ることができないようなときにベビーシッターに依頼が来ます。依頼主の要望に応じて、子どもと遊んだり、食事をあげたりし、子どもの世話をします。音楽や英語などの専門知識があるベビーシッターは、家庭教師を兼務して行うこともあります。ベビーシッターになるにあたって、法的には資格はありません。しかし、保育士、看護師の資格やベビーシッター認定資格を取得していると、働く際に有利です。ベビーシッターは時間単位で働くことが多いため、ほとんどがパートか契約社員という雇用形態になります。

小学校教師 満6歳から12歳の児童に学習・生活指導を行い、豊かな人間性と個性を育む

小学校教師の役割は、生徒に勉強を教えることだけではありません。6歳〜12歳の間は人格形成に大きな影響を与える時期であり、子どもたちの個性を伸ばし、人間性豊かに育つように指導をすることも教師の大きな役目です。また、授業や給食、ホームルームなどの時間以外にも数多くの業務があり、生徒帰宅後もさまざまな仕事があります。小学校教師になるためには、教職課程のある学校で教職課程を修了し、小学校教員免許を取得したのち、教員採用試験に合格することが必要です。採用倍率は、採用数の多い都市部の方が低く、地方の方が競争率が高くなっています。学級崩壊やモンスターペアレントなど、教育現場は多くの問題を抱えており、さまざまな新しい取り組みが行われています。

中学校教師 中学校で専門教科の授業を行いながら、進路指導や生活指導を通じて生徒の心のケアを行う

中学校教師は、各教師が専門の科目を受け持ち、授業を行います。テストの作成と採点、部活の指導、学校行事の準備、進路指導など業務内容は多岐にわたり、事務作業も数多くあります。また、思春期で精神的に不安定になりがちな生徒の、よき相談相手となり、中学校生活をサポートをしていく役目も担っています。中学校教師になるためには、教職課程のある学校で教職課程を修了し、中学校教員免許を取得したのち、教員採用試験に合格することが必要です。採用数が多い都市部は採用倍率が低く、逆に地方は採用倍率が高い傾向があります。公立の学校での勤務の場合、公務員となるため、待遇は安定していますが、部活などで土日に出勤しなければならないという一面もあります。

高校教師 高校で専門教科の教育を行うとともに、生徒一人ひとりが社会に出るための手助けを行う

高校の授業は、中学と比べ専門性が格段に上がるため、日々勉強し、専門知識を磨いておかなければなりません。今後の人生を左右する時期であるため、進路指導や就職相談も大切です。生徒の気持ちや状況を正確に把握し、適切な助言や指導をすることが求められます。その他、テストの準備や、部活動の顧問、学園祭の準備など仕事の内容は多岐に渡ります。高校教師になるためには、教職課程のある学校で教職課程を修了し、高校教員免許を取得したのち、教員採用試験に合格することが必要です。資格は教科別になっているため、どの科目を教えたいのか、事前に決めておく必要があります。採用倍率は、小中学校よりも高く、特に地方における採用は厳しいものとなっています。

養護教諭 「保健室の先生」として、児童・学生の健康管理と、病気やケガの予防指導を行う

養護教諭とは、保健室の先生のことです。保健室での応急処置だけではなく、学校全体の保健の管理を行なっています。主な業務として、ケガや病気の生徒の救急処置、水質検査や空気検査、病気やケガの予防の指導、健康診断の管理、保健室相談対応などを行います。養護教諭の免許を取得するためには、1.教育学部や看護学部などで養護教諭育成課程を修了する、2.看護学部、看護専門学校で所定の科目を4科目8単位履修し、かつ保健師の免許を取得する、のいづれかが必要です。採用数が少ないため、採用倍率が高い傾向にあります。不登校や心の悩みを抱えた生徒が増えており、学校カウンセラーや保健師、医師などと協力し、心のケアをすることも大切な役割になってきています。

特別支援学校教諭 養護学校や盲・聾学校に勤務する教員。個々の児童・生徒の障害の状態に合う指導を行う

特別支援学校とは、障害を持った児童・生徒が通う学校のことで、養護学校、盲学校、聾学校の3つを合わせて特別支援学校と呼びます。特別支援学校は、小学生から高校生まで児童・生徒がいるうえに、手厚い支援が必要なので、教職員の人数は多いのが特徴でう。特別支援学校の先生になるには、まずは小学校、中学校、高校のいづれかの教員免許が必要です。それに加えて特別支援学校教諭の課程がある大学で、特別支援学校教員免許の両方を取っておいたほうがいいでしょう。その後、教員採用試験の特別支援学校教員の科目で受験して合格しなければなりません。基本給は通常の教諭と変わりありませんが、専門的な知識が必要となるため、普通学校よりも少し多く手当てが付きます。

大学教授 文学、法学、心理学など、専門分野の研究と学生への教育を行いながら、大学運営に携わる

大学教授は、学生に対して自分の専門分野に関する授業を行うとともに、専門分野の研究をし、研究の成果を論文や学会で発表します。その他、本の執筆や企業と共同でのベンチャー企業設立、セミナーなどでの講演、公共機関の顧問など、多くの場所で活躍しています。大学教授になるために必要な資格はありませんが、一般的には大学院博士課程を修了していることが求められます。まずは、大学院卒業後に、助手として採用されるところからスタートし、優れた研究を続け、論文を書き、学会などで成果が認められれば、講師、准教授、教授へとステップアップをすることができます。平均年収は高く、安定した仕事ですが、少子化の影響もありポストは少なく、大学教授になるのは狭き門です。

大学職員 国公立および私立大学に勤務し、事務、広報などの業務を通じて大学を運営する

大学職員とは、学校職員のなかでも特に国公立大学や私立大学の職員として働く人たちのことです。事務仕事を担当する職員や技術関連の仕事を担当する職員がいて、大学の広報や入試関係の説明会を担当したり学内の施設の工事の発注を行ったりします。日本の教育現場を支えるというやりがいの大きさや安定感、大学の休みに合わせてしっかり休日を取れるという労働環境の良さなどから、人気の職業となっています。一方で、少子化の影響で一部の私立大学では学生の定員割れが相次いでおり、大学によっては今後厳しい経営を強いられる可能性もあるため、採用試験を受ける際には慎重な見極めが必要です。

学校事務 

学校事務は、小学校、中学校、高校、短大、大学、専門学校など、さまざまな種類の学校に勤務し、事務や管理業務を行う仕事です。職員の給与計算、各種証明書の発行、施設管理、備品調達、福利厚生、奨学金手続きなど、その業務内容は多岐にわたります。縁の下の力持ちとしての役割になりますが、学校によっては一人の学校事務が教職員と連携を図りながら、多様な業務をこなしています。教育現場を支え、その発展に貢献していきたいという熱意ある人には向いている仕事です。なるための道筋は、公立、私立、国立のどの種類の学校で働きたいかによって異なります。少子化による学校の統廃合や規模の縮小が進むいま、本当に現場で力を発揮できるだけの専門性を身につけた学校事務がますます求められていくといわれています。

塾講師 塾で受験対策や学力向上のための指導を行うとともに、教材研究や保護者面談などを行う

塾講師の仕事は主な仕事は2つあります。一つは中学・高校・大学合格を目指す生徒に、受験対策を軸とした学習指導を行うこと、もう一つは学校で定期テストの点数をとらせることで内申点の向上を目指すことです。正社員の塾講師を目指す場合、大学に進学し、就職の採用試験をクリアするというのが一般的な方法です。有名大学の出身であることがアピールポイントになります。塾講師の初任給はほかの職業と比べるとやや高めですが、給料の伸びがゆるやかです。給料アップのために、あえて非常勤となり複数の塾を掛け持つ人や独立を目指す人もいます。塾業界は少子化のなかでも業績を伸ばしつつありますが、一方で生徒集めの競争は厳しくなりつつあり、正社員が営業活動をすることも珍しくありません。

予備校講師 大学受験対策をおもな目的として、高校生や高卒生に各教科の指導とアドバイスを行う

予備校講師は、高校生や高卒生を対象とした予備校に勤務する講師のことを言います。小学校、中学校、高校の教師のように教員免許は必要なく、自分の専門とする科目についての高い知識と授業力が問われるようになります。常勤で正社員として働く予備校講師もいますし、非常勤で複数の予備校を兼任している予備校講師もいます。予備校によって待遇も大きく異なりますが、平均的な年収は370万円程度になっています。人気の高い予備校講師は、予備校から授業のオファーが来ることもありますし、書籍を出版して欲しいとの依頼が来る場合もあるようです。人気が出れば収入も高くなり、年収が1000万円を超える人気の予備校講師もいます。

司書 学校・自治体の図書館に勤務し、本の管理や本に関する資料や情報の提供、施設運営に携わる

図書館司書は、公立図書館や小中高の学校の図書室や大学の図書館にて、本を管理し、図書館のサービスを担当する仕事です。本の貸出や返却の対応、本の購入・管理、配架、読書相談、イベント開催、展示コーナーの設置などを行います。司書の採用は、司書の資格を取得していることが条件となっていることがほとんどです。大学や短大で司書取得に必要な科目を履修する、あるいは司書講習を受講するなどによって、資格を取得することができます。なお、小中高の学校で司書として勤務するためには、司書の資格だけでなく司書教諭の資格も必要です。臨時職員や派遣社員、アルバイトとしての募集がほとんどで、正社員を採用しているところは、あまりないのが現状です。

日本語教師 日本語の背景にある習慣や文化、歴史を伝えながら、外国人に日本語を教える先生

日本語教師は、国内や海外において、外国人に日本語を教える仕事です。正しい日本語の発音や文法、読み書きを教え、日本語能力を身につけさせるように教育をします。日本語だけでなく、日本の文化や習慣、歴史などを教えるのも日本語教師の役割です。国内の日本語学校だけでなく、海外の大学の日本語科や日本語学校のほか、途上国で教えている人もいます。日本語教師になるために必須の資格はありませんが、日本語能力検定試験の資格を求められることがあるので、できれば取得しておいた方がよいでしょう。専任教師の枠が少ないため、ほとんどの日本語教師は、非常勤講師として複数の職場をかけ持ちながら働いています。そのため、収入は不安定であることが多くなります。

学芸員 博物館や美術館で働く職員。資料収集、管理や展覧会の企画、広報活動まで幅広く担当する

学芸員とは、博物館、美術館、動物園などにおいて、資料の収集、保管、展示などを担当する専門の職員のことを言います。欧米ではキュレーターと呼ばれる専門職ですが、日本の学芸員は数が少ないため、多くの作業を担当しなければなりません。主な仕事は、資料の「収集」「整理・保管・修理」「公開・展示」「研究・分析」「教育普及活動」などです。学芸員になるためには、大学で博物館に関する科目の単位を修得するなどして、学芸員の資格を修得しなければなりません。専門知識が必要となるため、大学院を卒業していることが望ましいでしょう。学芸員の採用人数は非常に少ないため、アルバイトとして学芸員の仕事をしながら、正社員の求人を探すということも必要になってきます。

考古学者 過去の人が残した遺跡や遺物を発掘し、人類の生活様式や文化を研究・発表する

考古学者とは、「遺跡や遺物など人類が残した過去の痕跡から、その生活様式や変化を研究する」人のことを指します。遺跡が発見された場合に発掘チームを結成し、発掘を行い、そこでの出土品や遺構を記録し、整理したうえで報告書にまとめます。考古学者として学芸員の資格をとって博物館で働く人もいれば、教育委員会で文化財の専門家として働く人、また大学教員として考古学の講義を行う人もいます。考古学について専門的に学べる場所は、大学の史学科や歴史学科です。そのまま大学院に進み、さらに専門性を高める人もいます。収入や待遇は働く場によってまったく異なってきますが、そもそも募集人員があまり多くないため、まずは大学で考古学についての知識を深め、働き口を探すことが一般的な道と言われています。

哲学者 

あらゆる事象を多角的かつ深く探究し、新たな世界観を獲得することが哲学者の使命です。主に大学で講義をしながら、自身の執筆活動、講演活動、そして研究活動を行っています。研究者としての基礎は大学の哲学科で修得し、大学院に進んで研究を深化させる必要があります。大学教授になるのは狭き門であり、ほとんどの人がポスドクやアルバイトをしながら研究実績を積み、空席を待ちます。教授職の平均年収は1000万円と高額ですが着任するまでの不遇の時代が長く、書籍代等自腹を切ることも多いため生涯年収としてはそれほどでもありません。物事を探究し、多角的な視点で見つめることを信条とする哲学者の思考力は社会人に求められる能力でもあるため、一般企業などでの活躍も期待されています。

キャリアカウンセラー 就職・転職をはじめ「人の生き方や働き方」に関するカウンセリングを行い、自己実現を支援する

キャリカウンセラーとは、「個人がキャリアに関する課題達成や問題解決を自主的に図れるよう、専門知識とスキルによって支援する人」です。カウンセリングを中心とした専門技術を生かし、クライアントが自分自身ときちんと向き合って自らの価値を見出し、自己実現できるよう支援します。近年では「キャリア」の意味を仕事だけではなく、勉強や趣味、ボランティア活動など「人の生き方そのもの」と広義に捉えられるようになり、キャリアカウンセラーの仕事範囲も広がってきています。なるために特別な資格は必要ないものの、専門性の高い職業であるため現場経験が求められます。未経験者の場合は指定の養成講座を受講し、資格取得を目指すことが勧められます。おもな活躍の場は一般企業や教育機関、ハローワークなどの公的職業紹介機関ですが、契約社員や派遣社員として働いている人も少なくありません。

職業訓練指導員 公共職業訓練施設などにおいて、求職中の人が就職できるようにアドバイスや指導を行う

職業訓練指導員は、ハローワークなどの公共職業訓練施設や民間の認定職業訓練施設において、求職中の人や学卒者(高卒)の人を対象とした、就職の手助けとなるためのさまざまな訓練を行う仕事です。教育プログラムの作成や講義のほか、ときには就職のためのアドバイスや生活指導にまで関わることもあります。この仕事に就くためには「職業訓練指導員免許」を取得したうえで、各職業訓練施設の採用試験を受けて合格しなくてはなりません。都道府県の職員となれば公務員の身分となるため、給料や待遇面も含めて安定性があるといえます。世の中の変化が速くなっているいま、職業訓練指導員は各業界のニーズを掴み取り、それに対応した訓練を行うことが求められています。