「音楽・ラジオ」系の職業・仕事

音楽・ラジオ系の職業にはさまざまなものがあります。

代表的な種類別に見ていくと、まず「ミュージシャン」や「シンガーソングライター」のように、自身で演奏活動をし、人々に感動や喜びを与える人たちがいます。

このようなミュージシャンを支えているのが、「音楽プロデューサー」をはじめ「作曲家」や「作詞家」、そして「レコーディングエンジニア」などです。

そして、ミュージシャンにとっての演奏の場となるコンサート現場で活躍する職業には、「PAエンジニア」や「音響スタッフ」、「コンサートスタッフ」などがいます。

一方、「ピアニスト」や「声楽家」などは、クラシック系の分野で活躍する「音楽家」に含まれます。

このほか、楽器演奏や歌の指導をする「ピアノ講師」や「ボイストレーナー」、またラジオの分野では「ラジオディレクター」や「ラジオパーソナリティ」などの仕事で活躍する人がいます。

■目次

▶ ミュージシャン・歌手系
▶ 音楽プロデュース系
▶ コンサート系
▶ クラシック系
▶ 音楽レッスン系
▶ ラジオ系

ミュージシャン・歌手系

歌手

音楽の各ジャンルに合う歌を歌い、自身の声で個性や伝えたい思いを表現する。

詳しくみる

ミュージシャン

ロック、ポップス、ジャズなど、おもに大衆音楽を演奏し、人々に喜びや感動を与える。

詳しくみる

シンガーソングライター

ポピュラー音楽(大衆音楽)の分野において、自身で作詞作曲をし、歌を歌う人のこと。

詳しくみる

音楽プロデュース系

音楽プロデューサー

音楽制作全般の責任者として、アーティストの売り出し方や楽曲コンセプトなどを決定する。

詳しくみる

編曲家

作曲家が作るメロディやリズムに変化を加えながら、曲をより良いものにする。

詳しくみる

作詞家

楽曲の雰囲気や歌い手、コンセプトを理解しながら、世界観を表現できる歌詞を作る。

詳しくみる

作曲家

ミュージシャンが演奏する曲や、映画・ゲームなどの作品に使われる音楽を作り、提供する。

詳しくみる

レコーディングエンジニア

アーティストが録音を行うスタジオで音響機器を調整し、より良いサウンドに仕上げる。

詳しくみる

コンサート系

PAエンジニア

コンサート、ライブ、舞台などで音響設備を用い、その場に適した音作りをする。

詳しくみる

音響スタッフ

コンサートの舞台などで使用するマイクを決め、音響全般に関する技術的サポートをする。

詳しくみる

舞台機構調整技能士

劇場やコンサートホール、ライブハウスなどで音響設備の調整・操作をする。

詳しくみる

ローディー

ミュージシャンがライブやツアーで使用する楽器・機材の手配からメンテナンスまでを担当。

詳しくみる

コンサートプロモーター

コンサートを開催するにあたっての宣伝や販売促進について企画・運営を行う。

詳しくみる

クラシック系

音楽家

主にクラシックの分野において、楽器演奏や声楽、作曲、指揮などを専門的に行う。

詳しくみる

指揮者

オーケストラなどで音の表現やテンポなどの指示出しを行い、大勢の演奏家をまとめ上げる。

詳しくみる

声楽家

おもにクラシックの歌曲やオペラを歌い、オペラやコンサートの舞台で披露する音楽家。

詳しくみる

ピアノ調律師

一般家庭やコンサート会場に設置されたピアノの調律とメンテナンスをする技術職。

詳しくみる

ピアニスト

ピアノ演奏の技術を持ち、コンサートやバー、ラウンジなど各場所にふさわしい演奏をする。

詳しくみる

音楽レッスン系

ボイストレーナー

きれいな声を出したい人に対し、発声や歌唱などのボイストレーニングの指導をする。

詳しくみる

ピアノ講師

ピアノ教室や自宅で、生徒の力量や目的に合わせてピアノ演奏を教える先生。

詳しくみる

ラジオ系

ラジオパーソナリティ

ラジオ番組で企画に基づくトークやゲストとの掛け合いをし、番組をスムーズに進行させる。

詳しくみる

ラジオディレクター

ラジオ番組の企画・構成を行い、現場監督として制作スタッフをまとめ上げる。

詳しくみる

クラブDJ

クラブハウスでBGMを選曲し、ターンテーブルやミキサーを操作して場を盛り上げる

詳しくみる

職業カテゴリー