「音楽・ラジオ」系の職業・仕事

ミュージシャン 
ロック、ポップス、ジャズなど、おもに大衆音楽を演奏し、人々に喜びや感動を与える

ミュージシャンとは、楽器を演奏したり歌を歌ったりする人で、特にロックやポップス、ジャズなど、大衆音楽の演奏家のことをこう呼びます。また演奏だけではなく、作曲や編曲をする人もあわせてミュージシャンと呼ばれることがあります。仕事はライブハウスなどでの演奏活動を中心に、レコーディングをしてCDを出すことやテレビ出演、演奏の講師など、多岐に渡ります。また、レコーディング時にソロ歌手など他のアーティストの演奏の手伝いをする「スタジオミュージシャン」や、コンサートに同行して演奏する「サポートミュージシャン」、また路上や公園などで演奏する「ストリートミュージシャン」と呼ばれる人たちもいます。プロになるためには、高い演奏技術や音楽的なセンスのほか、業界との繋がりや運も必要となります。人気のある仕事ですが、この仕事で生計を立てるのは簡単ではありません。一時的にメジャーデビューしたとしても、表舞台からは短い期間で消えて人も多くいます。

歌手 
音楽の各ジャンルに合う歌を歌い、自身の声で個性や伝えたい思いを表現する

歌手とは、自分自身を楽器とし、歌を奏でることを仕事とする人です。近年は自分で詩や曲を書くシンガーソングライターが増えており、単純に歌うことだけを仕事とするのではなく、価値観や信念、ファッション性と言ったものも重視されるようになりました。歌手は一見華やかな仕事に見えますが、その実舞台裏では地道な努力を欠かさない職人です。スポットライトを浴びるその瞬間のために、見えない努力を欠かしません。しかし、ひとたび努力が報われれば、強い発信力で自分の思いや信念を伝えることができます。歌声はもちろんですが、ライフスタイルやカリスマ性も歌手の武器になります。自分自身が武器であり、売り物となる。他の演奏家にはない魅力を持つのが歌手という職業です。

ラジオディレクター 
ラジオ番組の企画・構成を行い、現場監督として制作スタッフをまとめ上げる

ラジオディレクターとは、ラジオ番組の企画、構成や番組内で使用する曲の選曲などを行い、本番でパーソナリティなどへの指示を出す人のことをいいます。多くの人の間に立ち、的確に指示を与えなければならないので、コミュニケーション能力と順応性が求められます。ラジオディレクターとなるためには、ラジオ局に就職する、ナレーター事務所などの制作系部署に所属する、フリーのディレクターになるなどの方法があります。大手のラジオ局の採用は今も高学歴の新卒を採用するケースが一般的のようです。なお、ラジオ局に入社してもディレクター業に就けるかは運次第となります。大手ラジオ局であれば、かなりの給与を期待できますが、ローカル局や下請けの制作会社、フリーランスの場合は、厳しい待遇となります。

ラジオパーソナリティー 
ラジオ番組で企画に基づくトークやゲストとの掛け合いをし、番組をスムーズに進行させる

ラジオパーソナリティは、ラジオ番組で話をしながら司会・進行させていく仕事です。ラジオパーソナリティとして活動している人は、芸能プロダクションに所属している人、放送局の社員として働いている人、そしてフリーランスとして仕事を請け負っている人の三種類に分けることができます。いづれの場合にも、仕事を得るためには、人脈や人柄が大切になってきます。そのため、アナウンサー養成学校や、放送系の専門学校で人脈をつくるという方法も有効です。ラジオ局の社員として働くのであれば、安定した収入となりますが、フリーの場合の収入はさまざまです。特に駆け出しのころは、収入も望めないので、ほかの仕事と兼業で働くという人も多くいます。

クラブDJ 
クラブハウスでBGMを選曲し、ターンテーブルやミキサーを操作して場を盛り上げる

クラブDJは、お店やイベントなどでBGMなどを選曲してその場で音楽をかけていく仕事です。働き方は、店舗の専属として働くDJとフリーランスのクラブDJとに分かれます。DJになるためには、1.お店の専属DJになる、2.フリーのクラブDJになる、3.養成スクールの斡旋でクラブDJになる、4.タレントとしてクラブDJになる、などの方法があります。人脈が重要とされる業界のため、自分が出ていないイベントでも積極的に顔を出し「付き合いが良い人」をアピールしていくことも重要です。クラブDJといった職業は副業的要素が大きく、ほとんどの方が日中他の仕事をしています。クラブDJとして生計を立てている人はごく一部です。

ピアニスト 
ピアノ演奏の技術を持ち、コンサートやバー、ラウンジなど各場所にふさわしい演奏をする

ピアニストとは、ピアノを弾くことで人を楽しませる職業です。コンサートのほか、バーやラウンジ、各種イベントなど、ピアノのある場所にはどこでも仕事があります。ジャンルもクラシックに限らず、ジャズやポピュラーなどさまざまです。特に資格などは必要とされませんが、音大を出ていることや、もしくは個人的に長くレッスンを積んでいることが求められます。完全な実力主義の世界のため、収入は人によってまったく異なります。しかし、ピアノ演奏一本だけで生計を立てられる人は、ごくわずかなのが現状です。就職も、決して間口が広いとはいえませんが、「ピアノが何よりも好き」という気持ちと、常に自分のスキルを上げる努力を怠らなければ、何らかの形でピアノに携わっていくことは可能でしょう。

作曲家 
ミュージシャンが演奏する曲や、映画・ゲームなどの作品に使われる音楽を作り、提供する

作曲家は、音楽を作曲し、曲をアーティストやクライアントに提供する仕事です。歌だけではなく、CMの作曲やゲーム・携帯電話などのBGMを作曲する作曲家もいます。作曲家は大きくプロダクションなどに所属するタイプと、フリーランスで活躍するタイプに分かれます。作曲家になるための決まったルートはありませんが、1.音楽大学や専門学校に通う、2.レコード会社主催のオーディションやコンクールで優勝する、3.自身の音楽活動を通じて業界に入る、などの方法があります。最近は、ネット上で楽曲を発表し、注目を集める人もいます。作曲家の主な収入源は印税となりますが、実力主義の世界であるため、印税だけで生活できている人は一握りです。

作詞家 
楽曲の雰囲気や歌い手、コンセプトを理解しながら、世界観を表現できる歌詞を作る

作詞家とは、曲に歌詞をつけていく仕事です。作曲家からデモテープをもらい、依頼者の要求に従いながら、歌詞を考えます。デモテープは、アレンジされる前の曲であることがほとんどなので、楽曲の雰囲気が完全にはわからないまま作業を進めることになります。基本的に作詞家はフリーランスで活動する人がほとんどですが、作詞家事務所に所属していたり音楽出版社と契約をしている人もいます。作詞家になるためには、音楽系の専門学校を卒業して業界に入る、作詞のコンテストなどで優勝する、などの方法があります。この作詞家の収入のほとんどは印税です。しかし、作詞家としてお金をもらえるようになるまで、他の仕事を兼用したりアルバイトで生活をしている方がほとんどです。

音楽プロデューサー 
音楽制作全般の責任者として、アーティストの売り出し方や楽曲コンセプトなどを決定する

音楽プロデューサーはCDをはじめとする音楽制作全般を指揮する総合的な責任者であり、アーティストのコンセプトや売り出し方の決定、プロモーション関連などの業務も担います。音楽プロデューサーになるための王道は、音楽系の大学や専門学校を卒業後、音楽業界の企業へ就職しキャリアアップしていくパターン。充分なセンスと実力を備えた人だけが到達できる職種だといえるでしょう。超有名音楽プロデューサーの年収は10億円を超えることもありますが、一般的な音楽プロデューサーの平均年収は200万円〜500万円と、それほど高いものではありません。さまざまな企業の音楽配信ビジネスへの参入やデジタルコンテンツの多様化などにより楽曲の数は増加傾向にあり、音楽プロデューサーの活躍の場は、今後ますます増えていくことが予想されます。

レコーディングエンジニア 
アーティストが録音を行うスタジオで音響機器を調整し、より良いサウンドに仕上げる

レコーディングエンジニアの仕事は、ボーカルやコーラス、各楽器の演奏を個々に録音し、それぞれのバランスを調整して1つの楽曲としてまとめることです。資格や免許は必要ないものの、さまざまな音響機器の操作やデジタル処理の技術を専門学校で学び、まずはアシスタントや見習いとして就職。現場で数年間、経験とスキルを磨いた後に、晴れてキャリアアップが叶います。アシスタント時代は薄給ですが、大手レコード会社の社員であるレコーディングエンジニアの場合は平均年収が600〜800万円だといわれています。音楽市場全体は低迷していますが、音楽そのもののニーズが尽きることはなく、その音源を作るレコーディングエンジニアは実力と努力によって活躍し続けることが可能な職種だといえるでしょう。

コンサートスタッフ 
コンサートやライブ会場で設営や運営全般に携わり、出演者と一体となって場を作り上げる

コンサートやライブをはじめとするステージの準備と運営を行うコンサートスタッフは、PAエンジニア、照明エンジニア、映像エンジニア、ローディー、設営・受付・警備スタッフなどで構成されています。コンサートスタッフになるには資格や免許は必要ありませんが、大半は専門学校などで各分野の技術や基礎知識を身に付けてから就職。最初は先輩スタッフに仕事の仕方を教わりながら勤務しますが、一人立ちまでには数年かかる人もいます。給料は、エンジニアの場合は年収300〜1000万円、ローディーの平均月給はベテランになると50万ほど、設営、受付、警備スタッフの場合は時給800〜1200円ほどでしょう。2001年以降、ライブ公演数、ライブ入場者数は右肩上がりに増えていることから、コンサートスタッフのニーズは今後ますます増えていくことが予想されます。

指揮者 
オーケストラなどで音の表現やテンポなどの指示出しを行い、大勢の演奏家をまとめ上げる

指揮者とは、オーケストラなどの演奏を取りまとめる重要な役割を持った音楽家のことです。指揮をするために、演奏する楽曲の楽譜はもちろん、各楽器の楽譜なども完全に暗記します。どんな演奏にするかについても、演奏者と指揮者とのイメージをすり合わせていく必要があるので、音を聞き取る能力、的確な指示を出す能力も必要となってきます。指揮者になるためには、音楽系の大学、特に指揮科のある大学に入学するのが一般的です。卒業後、すぐに指揮者になれる人は少なく、アマチュアのオーケストラや有名指揮者のもとに弟子入りするなどして下積みをする人も多くなっています。指揮者のためのコンクールなども開催されており、賞を取ることで実績を積んで有名なオーケストラに応募する人もいます。

音楽家 
主にクラシックの分野において、楽器演奏や声楽、作曲、指揮などを専門的に行う

音楽家とは、主にクラシックの分野において音楽を生業とする人のことを言います。一般的には、器楽奏者、声楽家、作曲家、指揮者などを総じてこう呼びます。音楽家は、ソリスト(独奏者)として活動する人もいれば、オーケストラに属して他の音楽家と演奏する人もいますが、いずれの場合でも演奏会やコンサートなどの場で、自らの演奏によって人々の心を動かし、感動を与えます。また、音楽大学や個人レッスンで後進の指導に当たる人もいます。音楽家の世界は完全実力主義であり、学校などで音楽理論や技術を学んだ上で、国内外のコンクールで上位入賞を果たすことがプロになる第一歩です。成功できるのは一握りですが、一流になれば世界を股にかけて活躍することができます。

PAエンジニア 
コンサート、ライブ、舞台などで音響設備を用い、その場に適した音作りをする。

PAエンジニアは、コンサートやライブ、舞台、イベントなどでPA(音響設備)を用いて音の調整をする仕事です。その場に適した音作りをすることが役目となりますが、常設の音響設備がない会場であれば、音響機材の選定および配置図・配線図の作成から撤収うまで担当します。音響に関する専門知識や技術が必要となるため、音響について学べる専門学校や大学の工学部で学び、音響会社や舞台企画会社、ライブハウスなどへ就職する人が大半を占めています。経験と実力によって収入はアップしますが、アルバイトとして働く人も少なくありません。体力的にハードな面もあるため若手が中心となっていますが、音楽、舞台、放送、いずれの分野においても総合的な音響プロデュースができるようになれば、この世界でキャリアを発展させていくことができるでしょう。

コンサートプロモーター 
コンサートを開催するにあたっての宣伝や販売促進について企画・運営を行う。

コンサートプロモーターは、コンサートを開催するにあたってのプロモーション活動(宣伝、販売促進)などの企画・運営をする仕事です。芸能プロダクションやレコード会社から依頼を受けて行う「委託興行」であれば、会場確保やスタッフの手配、チケット販売、当日の会場設営や観客誘導・警備、さらには進行管理や撤収などまで幅広く請け負い、裏方としてコンサートを成功に導きます。おもな就職先はイベント企画・制作会社であり、特別な資格は必要ありませんが、興行の企画・運営は独自の慣習や歴史があるため、地道な下積みが必要となります。華やかに見える世界とは裏腹に上下関係が厳しいといった一面もあり、新人時代は決して高い給料が望めるわけではありません。時代とともに変化するさまざまな問題を好転させるアイデアを持ち、業界関係者と良好な関係を築きながら臨機応変に立ち回る力が必要とされます。

サウンドクリエイター 
ゲーム音楽やアニメ、映画作品などに流れるサウンドを作曲する。

サウンドクリエイターは、ゲーム音楽やアニメ、映画などのサウンドを作る仕事です。「作曲家」や「サウンドディレクター」と同じような意味で使われることもあります。この仕事をするうえで必須の資格はありませんが、作曲能力はもちろん、DTM(DAW)ソフトを使いこなす力も必要になり、サウンドクリエイターの専門学校や音楽大学を出て、ゲーム関連企業、音楽・アニメ・映像・コンテンツなどの制作会社へ就職する人が多いようです。若手も多く活躍しており、平均年収は300万円~400万円程度といわれますが、個人の実力や勤務形態の違いによってもだいぶ差が出るでしょう。コンテンツ産業のさらなる発展が見込まれるなか、サウンド制作会社に所属する独立系のサウンドクリエイターがさらに活躍するものと考えられています。

ピアノ講師 
ピアノ教室や自宅で、生徒の力量や目的に合わせてピアノ演奏を教える先生。

ピアノ講師は、ピアノ教室や自宅でピアノ演奏を教える仕事です。生徒の年齢やレベル、目的に合わせて指導をする必要があり、1対1で教えることもあれば、複数の生徒を同時に見ることもあります。ピアノ教室に所属して正社員や契約社員などの形で勤める人もいますが、個人で働いている人も多くおり、いずれの場合もピアノの演奏技術や指導力が求められます。年収は講師としての実績や指導経験によっても大きく左右され、自営業として活動する場合には、たくさんの生徒を自ら集める努力が必要になります。子どもの習い事としてのピアノの人気はかつてに比べると落ちているといわれますが、大人を対象とするレッスンの需要が高まっており、クラシックだけでなくジャズやポピュラー音楽の演奏まで幅広く対応することで人気を集めている講師もいるようです。

ピアノ調律師 
一般家庭やコンサート会場に設置されたピアノの調律とメンテナンスをする技術職。

ピアノ調律師は、一般家庭やコンサート会場、各種スタジオなどに設置されているピアノの調律をする仕事です。整音を主として、鍵盤やペダルなどピアノ全体のメンテナンス業務を担当します。ピアノの調律には専門技術や正しい音を聞き分ける能力が求められるため、音楽系の大学や専門学校で調律に関することを学び、卒業後に楽器店や調律事務所、ピアノの製造工場、修理工場へ就職する道が一般的です。平均年収は400万円程度とさほど高いわけではないようです。長引く不況や少子化の影響でピアノの生産・販売台数は減少傾向にありますが、メンテナンス必須の楽器であるため、確かな腕を持つ調律師は活躍の場を広げることもできるでしょう。

ボイストレーナー 
きれいな声を出したい人に対し、発声や歌唱などのボイストレーニングの指導をする。

ボイストレーナーは、発声や歌唱などのボイストレーニングの指導をする仕事です。生徒はクラシック系の声楽家やポピュラー系の歌手、俳優、タレント、声優、アナウンサー、ナレーターやそれらの志望者、カラオケの上達を望む人などさまざまです。仕事をするうえで特別な資格は求められませんが、発声や歌唱の知識と知識を有していることはもちろん、指導力も必要です。歌手や声楽家として活躍しながら副業としてボイストレーニングをする人も少なくありません。働き方は大きく、音楽スクールに雇われて働く人とフリーランスの人がおり、レッスン料は1回あたり数千円から高ければ5万円程度になるようです。アニメの普及による声優志望者や、話し方トレーニングを求める企業も増加しており、活躍の場は以前よりも広がっているといえるでしょう。

ローディー 
ミュージシャンがライブやツアーで使用する楽器・機材の手配からメンテナンスまでを担当。

ローディーは、アーティストやミュージシャンがコンサートツアーやライブを行う際に、使用する楽器や機材の手配、管理、運搬、メンテナンス、セッティングなどを行う仕事です。「ロードマネージャー」と呼ばれることもあります。楽器全般の知識やある程度の演奏技術が求められるため、音楽大学や音楽専門学校で学んで音楽制作会社や芸能プロダクションに就職する道が一般的ですが、人脈を頼りにアーティストやバンドの付き人となり、現場で経験を積んでいく人もいます。年収は300万円~400万円程度とされますが、一人前になるまでは時給850円~900円程度で働くことも珍しくありません。体力を要する仕事であるため若手の活躍が中心となっており、業界で活躍し続けるには人脈を拡げたり、マネジメントスキルを磨いたりする必要があるでしょう。

音響スタッフ 
コンサートの舞台などで使用するマイクを決め、音響全般に関する技術的サポートをする。

音響スタッフは、ミュージシャンのコンサートや演劇の舞台、音楽や映画の制作現場において、使用するマイクの種類や設置場所を決めたり、収録時の音のバランスを調整したりしながら、音響全般に関する技術的なサポートをする仕事です。現場によって「PA」「サウンドエンジニア」「音声さん」「ミキサー担当」などと呼ばれることもあります。音響スタッフの多くは音響を専門に扱う会社や番組制作会社、レコード会社などに所属しており、機材を扱うための知識や技術のほか、音の響きの違いを聴き取る力が求められます。非正規雇用の形で、時給制で働く人も少なくないようです。確かな技術が求められる職人的な要素のある仕事ですが、この業界でもデジタル化が進んでいるため、最新の機材を使いこなせる人材は重宝されるでしょう。

舞台機構調整技能士 
劇場やコンサートホール、ライブハウスなどで音響設備の調整・操作をする。

舞台機構調整技能士は、劇場やコンサートホール、ライブハウスなどの音響設備の調整・操作を行う仕事です。また、厚生労働省が主催する国家技能検定の資格の名称でもあり、舞台機構調整技能士試験に合格した人だけが、舞台機構調整技能士と名乗ることができます。なるための一般的なルートは、音楽専門学校で音響関連の勉強をし、卒業後に実務経験を積んで資格取得を目指すものです。劇場やコンサートホール、ライブハウスなどへの就職、あるいは舞台機構専門会社に所属するなどさまざまな働き方があり、給料は勤務先や雇用形態、経験年数によって大きく異なるといわれます。実力が強く問われる仕事であることから、より優遇された状態で働きたいのであれば上位レベルの資格取得を目指し、実務と勉強に励む必要があるといえるでしょう。

編曲家 
作曲家が作るメロディやリズムに変化を加えながら、曲をより良いものにする。

編曲家は、作曲家が作ったメロディ(旋律)に前奏、伴奏、間奏をつけたり、ハーモニー(和声)やコード(和音)、リズム(律動)に変化を加えたりしながら、編曲(アレンジ)をする仕事です。編曲家は音楽理論や楽器の知識などが必要な仕事であるため、自身がミュージシャンや演奏家として活動しながら編曲まで行う人も多々います。働き方は音楽事務所や音楽系の作家事務所、あるいはフリーランスとなり、アレンジ料は1曲当たり2万円から50万円と、実力や知名度などによってだいぶ差が出るようです。編曲だけで生計を立てるのは決して簡単なことではなく、業界では演奏家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサーを兼任し、総合的に活躍できる人材が求められる傾向が強いようです。