海上保安官のつらいこと・大変なこと・苦労

海上保安官のつらいこと・大変なこと

海上保安官になる前から苦労が多い

海上保安官になるには海上保安大学校や海上保安学校で学ばなければいけませんが、全員寮生活となります。

海上保安学校であれば1~2年、海上保安大学校は4年間、規律正しい環境で学び、生活しなければいけません。

学生であっても給料をもらえる待遇なため、そういった環境で学ぶのは当たり前といえば当たり前ですが、それがつらいと思う人はついていけないでしょう。

しかし、学生時代の苦楽を共にした仲間は、海上保安官として任官された後も信頼し合える大切な仲間として貴重な存在になります。

厳しい現場が待っている

海上保安官が任務を行う現場は基本的に厳しい環境ばかりです。

例えば巡視船の場合、不審船を発見した際は船に近づき警告を行ったり、時には威嚇射撃を行ったりもしますが、相手が不明であればどんな対応をしてくるかわかりませんので、非常に危険な現場といえます。

海難救助の場合、通常の救助隊では任務不可能な現場で救助活動を行うため特殊救難隊も飛行職員も危険と隣り合わせで任務を行います。

特に救助の際は決して二次災害を起こしてはいけないため、常日頃の訓練も重要になってくるでしょう。

大きな覚悟が必要

海上保安官には危険が常につきまとうので中途半端な気持ちでは務まりません。

そもそも中途半端な気持ちでは海上保安官になれませんが、学生時代も含め、常に覚悟を持たなければ自分自身のみならず、仲間も危険なめにあわせてしまいます。

また巡視船などの乗務員は一度船に乗れば10日以上帰ってこれない場合もありますし、緊急の際は土日も時間も関係なく即座に対応しなければいけません。

そういった過酷な状況下でも最大限の力を発揮するための心の準備も常に必要です。

海上保安官の悩み

海上保安官は、学生時代も任官後も常に厳しい環境下に置かれており、任務によっては何日も家に戻れない場合もありますし、自分の身に危険が生じる可能性もあります。

本人はとてもやりがいのある仕事と感じていても、家族や周りの人にいつも心配させてしまっているという悩みがあるようです。

また転勤が多いのも悩みのひとつです。

短ければ2年程度で異動を命じられることもあり、人生設計がしづらかったり、引っ越しや転居先での新たな生活など、家族にさらなる負担をかけてしまうのも悩みとなっています。

海上保安官を辞める理由で多いものは?

陸上勤務の場合は比較的規則正しい職場が多いため落ち着いた環境で働けますが、海上や航空関連の現場で働く海上保安官は激務なことが多く、それが理由で退官を考える人も多いようです。

また、責任が大きくやりがいを持って任務を行う海上保安官ですが、その反面、残念な結果で任務を終えなえればいけない時もあります。

特に海難救助に携わる場合、直接人命に関わる任務ですので、海難者を救えなかった時は大きな喪失感を感じることでしょう。

危険な現場が多い海上保安官は、少なからず殉職する危険性があるのも事実です。

毎年5月には殉職者追悼式が行われており、具体的な殉職者数は公表されていませんが、そうしたリスクを常に背負いながら任務につくことに疲れ、職を離れる人もいるでしょう。