「金融」系の職業・仕事

公認会計士 
企業や組織の決算書類や会計処理の内容を監査し、間違いがないことを証明する

公認会計士は、企業の会計処理に関する専門家です。株式上場企業や一定の規模以上の大企業が決算書類を作成する際には、その書類を公認会計士が監査し、間違いがないと証明することが義務付けられています。公認会計士になるためには、まず第一に公認会計士試験に合格することが必要です。受験資格に制限はなく、誰でも受けることができますが、極めて難易度が高く、司法試験に次いで難しい試験とも言われています。合格後は高収入が期待できる仕事です。公認会計士の合格者数は急速に増えており、就職が厳しいという状況もありますが、M&Aや企業の海外展開の支援などの場面において、公認会計士の重要性は高まってきています。

税理士 
企業や個人に向けて、所得税などの税金に関するアドバイスや税務処理のサポートをする

税理士は主に個人や中小企業の税金に関わるサポートをする仕事です。通常、企業と税理士とは顧問契約を結び、月に1回程度訪問し、税務処理に関するアドバイスを行います。税理士になるためには、まず第一に税理士試験に合格しなければなりません。合格した後に、実務経験を2年以上積むことによって税理士の資格を取得することができます。一般的に、合格後は税理士事務所に就職します。経験を積んだ後、自分で事務所を開業する人も多い仕事です。また、税金の知識を生かして、企業内で活躍する税理士もいます。弁護士や公認会計士は申請のみで税理士の資格を取得することができるため、弁護士、公認会計士の人数が増えるに連れて、税理士と競合することが多くなってきています。

銀行員 
銀行に勤務する人のこと。預金、貸付、為替などの各領域で、営業や事務などの職種に就く

金融業界を代表する職業である「銀行員」は、お金に関するさまざまな取り引きをサポートしています。銀行員の本業とされている仕事内容は、大きく分けると3つあります。ひとつめは、銀行を通してお金を預けたり引き出したりするお客さんの預金を管理する「預金業務」。ふたつめは、資金を必要としている企業や個人にお金を融資する「貸付業務」。最後に、銀行口座を通して、債権や債務の決済をするために振り込みや送金を行う「為替業務」です。企業が事業を拡大するためにも、個人が車や住宅など大きな買い物をするためにも、銀行はなくてはならない存在です。そこで働く銀行員は、社会経済を支えるために大切な役割を果たしています。

ファンドマネージャー 
投資家から預かった資金の運用計画を立て、市場の情報に基づいて資金を運用する

ファンドマネージャーは、金融資産を運用する専門家として、お客さま(投資家)から預かった資金の運用計画を立て、それを実行する仕事です。一般的に投資信託会社などの運用会社に勤めており、アナリストやディーラーとチームを組み、ファンドのマネジメントを行うことが主な役割です。華やかなイメージが先行していますが、会議や事務作業など地味な作業も多く、お金を動かす以上プレッシャーも大きいため、精神的にタフでなければ務まりません。また、金融、経済、政治、海外情勢など、幅広い情報に通じる必要があるため、常に勉強を続けなければなりません。資質と能力が問われる仕事ですが、需要は高まっており、特に優秀な人は億単位の年収を得られる大きな可能性を秘めた職業です。

トレーダー 
投資銀行や証券会社のトレーディング部門で、株式や債券などの売買の取引仲介を行う

トレーダーとは、一般的に金融機関(投資銀行や証券会社など)のトレーディング部門で、株式や債券などの売買の取引仲介を行う人のことをいいます。お客さま(投資家)とディーラーの間に立ち、売り時・買い時の情報をお客さまに提供したり、お客さまから売買注文を受けてディーラーに伝えたり、自ら売買の執行を行うこともあります。金融市場に関する専門知識を持ち、刻々と変化し続けるマーケットの動向を常に追い続けなければなりません。また、売買では1分1秒を争うこともあるため、素早い判断力や決断力など、さまざまな能力が求められます。ときに何百億円という資金を動かすため、責任は重大ですが、経済のダイナミズムを味わえる仕事です。

国税専門官 
税金のスペシャリストとして、企業や個人に対し税金に関する指導・徴収・調査を行う

国税専門官とは、国税庁や税務署に所属し、税金のスペシャリストとして、税金に関する調査や指導を行う仕事です。国税専門官の職種は、個人や企業を訪問し、適正な税金の申告がされているか調査する「国税調査官」、税金の催促や財産差し押さえなどの滞納処分を行う「国税徴収官」、脱税を見つけ検察官に告発する「国税査察官」の3つに分かれています。国税専門官になるためには、国税専門官採用試験に合格することが必要となります。受験者は大卒以上が多数を占め、高卒の場合は税務署職員採用試験を受験するケースが一般的です。近年応募者が増えており、採用倍率は10倍前後となっています。勤務地は各都道府県にある税務署となりますが、全国で12地域に分かれている国税局の地域内で、3〜5年に1回転勤があります。

保険外交員 
個人や企業に対し、個々のライフスタイルに合う保険商品の提案、コンサルティングを行う

保険外交員は、一般家庭や企業の方にライフスタイルに合わせて保険のコンサルティングとサービスを提供する仕事です。一般家庭や企業を訪問し、チラシやパンフレットを使って、保険商品の紹介をし、新規開拓をしたり、既存のお客さまに対しては、契約内容の見直しや新商品紹介、支払い漏れがないかの確認などアフターサービスをします。保険外交員は、保険会社や保険代理店に所属しますが、知り合いの保険外交員に直接誘われて働くことが多いようです。金融商品を扱うため、研修も多く、常に勉強を続けることが必要です。基本給は低めとなりますが、目標を達成したときにはインセンティブがもらえるため、年収1,000万円に達している人も一部にはいるようです。女性が多い職場であり、育児をしながら働射ている人も多くいます。

ファイナンシャルプランナー 
生命保険や住宅ローンなど、個々のライフイベントに沿った資産設計、提案を行う

ファイナンシャル・プランナー(FP)は、個人や中小企業の相談に応じて、資産に関する情報を分析し、ライフイベントに沿って資金計画を立て、資産設計のアドバイスを行う仕事です。年金、金融資産運用、保険、税、不動産、相続・事業承継等を総合的に検討します。資格の種類は国家資格の1級FP技能士、2級FP技能士、3級FP技能士と、日本FP協会が認定する民間資格のAFP、CFPがあります。勤務先はFP事務所・会社、銀行、信用金庫、証券会社、保険会社、投資顧問会社、不動産会社、その他事業会社などで、職種は営業や経理などです。金融機関などに勤務するFPを企業内FPといい、そうではないFPを独立系FPといいます。プライバシーに配慮し、お客さまと信頼関係を築くことができる方はFPに向いていると言えます。

アクチュアリー 
保険や年金の適正な掛け金と支払金の額を決定する、数理業務のプロフェッショナル

アクチュアリーは、確率や統計などの数学的な手法を活用し、おもに保険や年金の適正な掛け金や支払い金を決定する専門職です。個人の寿命や病気、事故にいたる確率など「将来」という不確定な事象の動向に関して、膨大なデータをもとに計算し、予測することが役目です。このようなスキルを利用して、保険商品の開発に携わったり、企業経営における市場リスクの予測を行ったりと、社会のさまざまな場面で必要とされています。アクチュアリーと名乗って働くには難関の資格試験に合格しなければならず、まだ需要の高さに比べて人材不足が課題となっています。給料や待遇面は恵まれており、活躍のフィールドも広がっているため、将来性の高い仕事といえます。

経理 
決算書作成、給与計算、経費精算、税理士との折衝など、企業経営の数字面を担当する。

経理の仕事は毎月、給与計算や月次決算書の作成などをこなし、さらに半年や1年ごとに決算を行うのが一般的です。ほかにも、企業における金銭的な数値を管理することで経営上の課題を見つけ出し、企業の発展に貢献する重要な役割も担っています。経理職に就くには、新卒の場合は学歴や特別な資格は問われませんが、中途採用の場合はほとんどの企業が経験者または簿記検定2級以上の資格保有者を求めています。平均年収は400〜450万円ほどだといわれていて、一般事務より若干高めですが、会社の規模や職務内容、キャリアによって大きく差が生じるようです。近年は社内に経理職を常駐させる企業が減ってきているため、これから先は一般企業だけではなく、経理業務のアウトソーシングを請け負う企業への就職も視野に入れた方が就職のチャンスが広がります。

証券会社社員 
株式売買の仲介や、会社が株式を発行してお金を集めるのを手助けする。

証券会社では、投資家の注文を証券取引所に取り次ぐ「ブローカー業務」や市場での売買に参加する「ディーラー業務」、株式会社や国が発行する株や債券を買い取って売り出す「アンダーライター(アンダーライティング)業務」などを行います。学生から人気のある就職先のひとつで、採用試験は高倍率です。応募の時点で「総合職(転勤あり)」「総合職(転勤なし)」「専門職(投資銀行部門、リサーチ部門など)」と部門を分けて採用しているところもありますが、いずれの部門も狭き門であることに違いはありません。給料は高く、大手の場合は若手でも年収500万円~1000万円は珍しくありませんが、徹底した実力主義です。近年では店舗型の大手証券会社に加えて外資系の証券会社やネット証券会社が増えており、証券会社どうしでの顧客の争奪戦が激化しています。

損害保険会社社員 
自然災害や自動車の衝突事故など、偶然な事故による損害を補償する商品を販売する。

「損害保険」とは、毎日の生活や仕事で起こりうるトラブルやリスクに備えることを目的とした保険商品であり、海上保険や自動車保険、地震保険や火災保険など、さまざまな商品があります。このような保険商品を販売し、事故や災害の被害を受けた加入者のもとで査定をし、保険金を支払う手続きをするまでの一連の業務を行うのが損害保険会社の仕事です。一般的には収入が高いことでも知られており、就職活動生に人気が高い業界です。最近では損害保険会社の合併や吸収が相次いでおり、業界全体が大きく揺れ動いています。少子化が進む日本では保険加入者となる若い世代が減少するため、今後は顧客の奪い合いが激化するでしょう。新興国に新しい市場を開拓しようという動きもあり、こうした事業が生き残りのカギとなるともいわれています。

生命保険会社社員 
死亡や病気など、不測の事態に備える生命保険商品を企画し、お客さまに販売する。

生命保険会社は、死亡や病気、ケガ、介護など、人間のさまざまな予期せぬ出来事に備えるための「生命保険」という商品を作り、個人や法人のお客さまに対して販売する会社です。生命保険は大勢の人が少しずつお金を出し合い、お互いが助け合っていく「相互扶助の精神」で成り立っており、生命保険会社では、こうした生命保険制度を健全に長期間にわたって運営していくこと、保険金や給付金などが受け取り人に対して支払われる体制を整える役目を担っています。募集職種は大きく「基幹職(総合職)」と、お客さまのライフプランに応じた生涯設計の提案などを担当する「営業職」に分かれ、多様な学部・学科出身の人が活躍しています。年収は金融業界のなかでも高水準にあるといわれており、大手では30代で1000万円に達する人もいるようです。共働き世帯の増加や少子高齢化などの理由によって日本の生命保険市場は縮小傾向が続いており、近年は大手を中心に海外へ活路を見いだす動きが加速しています。

クレジットカード会社社員 
カード利用者と加盟店をつなげ、クレジットカードの仕組みを構築し、運営する。

クレジットカード会社は、ショッピングやキャッシング機能のあるクレジットカードを顧客に利用してもらうことで、年会費や加盟店が支払う手数料などを得ています。顧客の勧誘や加盟店の開拓、入会キャンペーンの企画、情報の管理や信用調査などが業務の柱です。返済滞納者に督促を行うこともありますし、不正利用や盗難などのトラブル発生時には的確に対応します。採用試験では新卒採用と中途採用が行われており、金融や経済、法律、語学、ITなどの知識やスキルがある人が重宝される傾向があります。給料は高く、大手の場合は初任給の時点で20万円を超えることは珍しくありません。昔は銀行のキャッシュカードと一体化したクレジットカードの所有者が多かったのですが、近年は百貨店や交通機関のカードも人気で、顧客の争奪戦が激化しています。

税務署職員 
全国の税務署で、税金の徴収や調査、滞納整理を専門的に行う人のこと。

税務署職員は、全国の税務署において、内国税の賦課(ふか/租税の割り当て)・徴収を担当する国家公務員のことをいいます。具体的には、適正な課税を維持するための調査や検査、定められた納期限までに納付されない税金の督促や滞納整理を行います。税務署職員になるには、まず人事院が実施する税務職員採用試験に合格し、採用される必要があります。採用後の研修期間は俸給月額14万円~17万円程度、その後は俸給月額16万円~19万円程度となり、平均俸給は約44歳で月額44万円程度とされています。税務署は財務省、国税庁、国税局の下部組織であるため、国税局に異動したり財務省や国税庁に出向して課長補佐まで昇りつめたりすると、署長として税務署に戻ることができるようです。

デイトレーダー 
おもに自宅でパソコンを使って株の売り買いを繰り返し、利益を得る。

デイトレーダーは、1日の中で株の売り買いを繰り返し、利益を得る人のことをいいます。価格が上がりそうな株を安いうちに買い、高くなったら売ることで利益を得る流れとなっており、この株式投資のみで生活している人は一般的に「専業トレーダー」と呼ばれます。デイトレーダーになるうえで資格や学歴が求められることはなく、活動方法は在宅で仕事をするフリーランスと同様の形となります。収益は能力や経験、センスによって大きな開きが出るもので、成功者は億単位の利益を上げることができますが、失敗が続けば赤字になり、借金まみれになってしまう人も後を絶ちません。株取引がブームとなり、デイトレーダーは増加傾向にあるようですが、一瞬で資産を失うリスクがあるという覚悟を持っておく必要があります。

技術アジャスター 
自動車事故の原因調査と車両の修理費用を算出するプロフェッショナル。

技術アジャスターは、自動車事故があったとき、事故の原因を調査し事故車両の修理費用を算出する仕事です。この仕事に就くには日本損害保険協会が定める「技術アジャスター資格試験」に合格する必要があり、自動車整備や道路交通法などの法律、自動車保険の詳細の知識、自動車修理の見積もり作成能力などが求められます。就職先はおもに損害保険会社となり、そこでの技術アジャスターの多くは、被害者との示談交渉まで行っています。年収は勤続年数と能力に応じて変わりますが、400万円~600万円ほどとされています。電気自動車や自動運転車など自動車が進化を遂げ続けるなか、技術アジャスターは世の中の技術革新をとらえ、どんな事故でも対応できるように知識の吸収と技量の向上が欠かせません。