このサイトは労働基準監督官を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「労働基準監督官」

仕事内容
労働基準監督官は、厚生労働省に所属する国家公務員で、労働基準法や労働安全衛生法に基づき労働者と事業者のトラブルの解決、労働災害の予防、労働災害の調査などを行う仕事です。労働者が職場で安全に働けているかどうか労働環境(賃金、労働時間等)を調査し、万が一、法律違反が見受けられれば指導や摘発を行うとともに、悪質な違反者に対しては司法警察員として犯罪捜査を行い、書類送検する権限も持っています。
なるには
労働基準監督官になるには、労働基準監督官採用試験に合格する必要があります。同試験は法文系と理工系の2種類に分かれており、どちらも年齢制限があるほか、1次試験では筆記試験、2次試験は面接や身体測定などが行われます。学部や学科は問われませんが、専門知識が問われるため法学系や工学系の出身者が多くなっています。試験合格後は、全国の労働局もしくは労働基準監督局に配属され、数年ごとに転勤があります。
給料
労働基準監督官の給料は、国家公務員行政職俸給表(一)がの給与体系が適用されます。大学卒業時の初任給は17万円強で、勤務年数や階級に応じて給料は上がっていきます。また、基本給のほか、ボーナスにあたる期末・勤勉手当、扶養手当、通勤手当、超過勤務手当など各種手当が支給されます。事業所や工場への立ち入り検査など外出が多く体力も使う仕事ですが、待遇面は他の公務員同様に安定していると言えるでしょう。
将来性
公務員数削減の一貫で労働基準監督官の数は多少減っているものの、労使関係のトラブルはどの時代でも起こりうる問題であるため、 常に需要のある仕事です。労働環境の改善が社会問題ともなっているため、この仕事の重要性が高まっていると言えます。また、公務員であるため安定性も高いと言えるでしょう。この業務に関連する資格としては社会保険労務士がありますが、資格取得によってより高いレベルの仕事が行えるほか、キャリアアップも望めます。