女性の検事のキャリアパス・結婚後の生活

女性の検事の現状

女性の検事は年々増加傾向にあります。

20年前までは女性の検事は全体の8%程度でしたが、2018年になると約2000人にる検事の内、約25%が女性検事です。

2018年の検事任者は69人でしたが、その内の21名が女性で割合で言うと30%となり確実に女性検事は増えています。

民間企業もダイバーシティへの取り組みが活発化していますが、その一環として女性が活躍しやすい環境づくりも重要視されています。

女性の働き方にも多様性が出ており、検察庁としても女性が生涯働ける環境整備が進んでいます。

女性の検事の強み・弱み

あくまでも一般論ですが、女性検事の強みには被疑者や被害者問わず話をしやすい点が挙げられます。

特に被害者の場合、事件によってはデリケートな問題もあるためなおさら女性検事に話をしやすい場面もあるでしょう。

被疑者としてもやわらかな印象を与える女性検事に対しては、話しやすいかもしれません。

逆に弱みとしては共感しすぎるという点が挙げられます。

共感しやすいのも強みではありますが、共感しすぎると判断力を鈍らせる可能性もあります。

当然検事であれば、男性女性問わず私情は持ち込まず、感情をコントロールして判断を下しますが、可能性としては捨てきれないでしょう。

検事の結婚後の働き方・雇用形態

検事の仕事は忙しく、結婚したら働くのは無理なのでは思うかもしれませんが決してそんなことはありません。

現に何人もの既婚者が検事として現役で働いています。

事項で詳しく記しますが妊娠、出産を経て働ける制度、例えば時短制度を利用し仕事と育児の両立を実現している女性検事もいます。

このように女性も安心して働ける制度も整っていますので、そうした意味では安定した職場といえるでしょう。

しかし、ハードな仕事であるには変わりありませんので、家事や育児の分担は必要です。

結婚後も働くことを考えているなら、配偶者としっかり話し合い、お互いの理解を深めると結婚後も負担を最小限に抑えた働き方ができるでしょう。

検事は子育てしながら働ける?

子育てしながら検事が務まるかと問われれば、答えはイエスです。

出産・育児休暇は当然ながら制度として設けられていますので、復帰まではなんの心配もないでしょう。

多くの方が心配するのは復帰後の働き方かと思います。

子どもの送り迎えや、子供の急病時、転勤を命じられた際の対応など、あらかじめ考えておくべきことがたくさんあります。

しかし検察庁としても多様な働き方を支援するため、個々の環境やニーズに合わせた働き方をサポートしています。

時短勤務によって育児をこなす女性検事もいれば、周囲の協力もあり出産前と変わらないペースで仕事をこなす人もいるようです。

検事は女性が一生働ける仕事?

ここまで記してきたように、女性検事は格段に増えています。

それに伴い、職場環境や社会そのものも変化を続けており、女性でも検事を一生続けられる世の中になっているといえます。

結婚、出産、育児などを経ても働ける環境整備が進んでおり、実際に何人もの子供を育てながら検事を続けている女性も検察庁には多くいます。

家族をはじめ周囲のサポートは当然ながら必要でしょう。

しかしそうしたサポートは検事にだけ必要なことではありませんので、仕事一生続けたいのであればしっかりと配偶者と話し合い、お互いが協力し合える家庭環境を築くとよいでしょう。