入国警備官の給料・年収

入国警備官の平均年収・給料の統計データ

入国警備官の給料は、警察などと同じく国家公務員法に基づく「公安職俸給表(一)」に準じて決まっています。

人事院規則に基づき、本人の勤務年数や勤務成績に応じて昇格・昇給がおこなわれます。

入国警備官の平均年収・月収・ボーナス

入国警備官の給料は、基本的には年齢が上がるにつれて昇給していきます。

20代では年収300万円台が一般的ですが、40代では年収500万円〜600万円、役職がつけばそれ以上の年収になることも十分に考えられます。

入国警備官の手取りの平均月収・年収・ボーナスは

冒頭でも述べたとおり、入国警備官の給与は「公安職俸給表(一)」によって決定されています。

平成31年の「国家公務員給与等実態調査」によれば、「公安職俸給表(一)」が適用される職員の平均年齢は41.4歳、平均給与月額は376,765円です。

これに通勤手当や超過勤務手当などは含まれません。

また、ボーナスにあたる期末手当・勤勉手当の金額は「1年間に俸給等の約4.45月分」とされています。

これらを計算すると、平均月給の12ヶ月分で約450万円、ボーナス分で約170万円となるため、平均年収は600万円~700万円程度でしょう。

参考:人事院 平成31年国家公務員給与等実態調査の結果概要

参考:法務省 入国警備官採用試験

入国警備官の初任給はどれくらい?

高卒で入国警備官に就職する場合は、「公安職俸給表(一)」の1級3号俸からのスタートです。

東京都特別区内の官署に勤務する場合、初任給の金額は地域手当を含めて208,080円です(令和2年4月1日時点)。

大卒で就職する場合は高卒者よりも高い号俸でスタートしますので、それにともない初任給も高卒者より高い金額が支給されます。

入国警備官の福利厚生の特徴は?

国家公務員である入国警備官の福利厚生は充実しています。

希望すれば全国にある公務員宿舎に住むこともでき、公務員宿舎以外に住む場合には別途住居手当が支給されます。

また、共済組合制度があるため、定期的な健康診断や全国の各種保養施設を利用できたり、介護休業中や育児休業中の手当金を受け取ることもできます。

休暇制度については、年間20日間の有給休暇、夏季休暇や結婚休暇などの特別休暇、病気やけがによる療養期間に使える病気休暇、最大90日間の介護休暇などが取得可能です。

このように制度面は整っているものの、勤務時間は不規則になってしまうことも珍しくありません。

たとえば、摘発や送還などの業務が入れば休日に出勤が命じられることもあります。

外国人違反者に関する突発的な業務も多く、案件が重なれば夜遅くまでの残業もあるでしょう。

収容施設で警備をおこなう場合は24時間体制の交代制勤務で対応する必要があり、配属や担当業務などによって生活スタイルは大きく変わります。

入国警備官の給料・年収の特徴

危険をともなう分、給料は高め

入国警備官は不規則な勤務時間になりがちで、危険をともなう業務もあります。

入国警備官が相手にするのは、基本的には不法在留や不法就労をする外国人です。

言葉の壁や文化・思想のちがいに加えて、ときには取り調べ中に暴れ出したり、凶器を持って威嚇したりなどの可能性も考えられます。

このように危険をともなう業務である分、給料は一般の国家公務員より高い水準の「公安職俸給表(一)」が適用されています。

さまざまな手当が支給される

入国警備官には次のような諸手当が支給されます。

・扶養手当:扶養親族がいる者に支給。子どもがいる場合は月額10,000円等
・住居手当:借家(賃貸のアパート等)に住んでいる者に、月額最高27,000円
・通勤手当:交通機関を利用している者に、1ヶ月当たり最高55,000円
・期末手当・勤勉手当(いわゆるボーナス):1年間に俸給等の約4.45ヶ月分

参考:人事院 国家公務員の諸手当の概要

このほか、地域手当や残業があった場合の超過勤務手当、深夜勤務手当なども支給されます。

とくに入国警備官全体の人数は決して多くないことから、限られた人数で確実に業務をこなすために残業が多くなりがちです。

違反調査や摘発は早朝や深夜におこなうこともあり、超過勤務手当や深夜勤務手当がつく分給料は高くなります。

その一方で、体力的な辛さを感じる場面も少なくありません。

給与面は入国審査官よりも高い

入国警備官と入国審査官は、どちらも同じ法務省入国管理局に所属する国家公務員ですが、その給与体系は異なります。

入国警備官の給料には「公安職俸給表(一)」が適用されますが、入国審査官には「行政職俸給表(一)」が適用されています。

「公安職俸給表(一)」が一般の国家公務員より高い水準の俸給が支給され、また、夜勤や休日出勤などの手当がつくので、入国警備官のほうが給料は高くなります。

入国警備官が収入を上げるためには?

入国警備官が収入を上げる方法は、業務に真面目に取り組み出世していくことです。

入国警備官には次の7階級があり、本人の努力次第で上位の階級に昇進が可能です。

・警守
・警守長
・警備士補
・警備士
・警備士長
・警備長
・警備監

上位の階級に進むにつれて収入を上げていくことができますが、その分求められる役割や責任も大きくなっていきます。

とくに外国人を相手に調査や摘発などをおこなう入国警備官の仕事は、体力的にも精神的にも非常に負担が大きいでしょう。

実際に、入国警備官の離職率は、他の公務員と比べて比較的高くなっています。

出世だけを考えるのではなく、仕事に対して自分なりの目標を持つなど、強い意志をもって取り組む姿勢がたいせつです。