警察官の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

警察官を目指すきっかけで多いものは?

警察官は、世の中に数ある職業のなかでも、かなりメジャーな部類に入るといえます。

とくに「交番のお巡りさん」は、私たちの生活に身近な存在ですので、幼少期から憧れを抱いていた人も多く、それが長じてから警察官を志すきっかけとなった人も大勢いるようです。

また、警察官の業務は幅広くありますので、刑事や白バイ隊員、SPなど、特定の職種になるために警察官を目指すケースも多いでしょう。

さらに、現職の警察官をみると、家族や親戚も警察官であるという人が目立ちます。

警察官として人々の役に立っている身内の姿を見て、自分も警察官になりたいと思うのは自然なことだといえます。

このほか、正義感が強かったり、社会貢献に対する関心が高い人が志望することもあり、警察官を目指すきっかけは人によってさまざまです。

警察官の志望動機の考え方

警察官は、公務員の一種であり、業務の公共性・公益性が高いことが特徴として挙げられます。

このため、警察官採用試験の面接においては、公務員にふさわしい人柄かどうかが重視される傾向にあります。

志望動機についても、「社会貢献」「地域貢献」といったキーワードを念頭に置いて、自分なりの理由を考えることが望ましいでしょう。

とくに、都道府県警察を受験するのであれば、「どうしてその地域で警察官になりたいのか」については、しっかりと自分のなかで整理しておくことが重要です。

また、特定の職種に対する思い入れが強いなら、その業務を通して、どのように地域に貢献したいかといった切り口で志望動機を練ることもできるでしょう。

ただし、本当にその職種を理解しているのか、厳しく問い質される可能性もありますので、個々の業務内容については、できる限り詳細に調べておく必要があります。

警察官の志望動機の例文

実体験に基づいた例文

「私は、幼少の頃に迷子になったことがあり、そのときに助けてくれたのが交番に勤務するお巡りさんでした。

お巡りさんは、泣きじゃくってばかりで、自分の名前すら満足に言えない私に優しく寄り添い、母親の元まで導いてくれました。

その経験がきっかけとなって、私も同じ警察官になり、今度は自分が困っている人に手を差し伸べられたらと考えるようになりました。

警察官に採用されたら、生活安全課や地域課で働き、人々のために貢献したいと思っています。」

地元に就職する場合の例文

「私は、この街の病院で生まれ、今日にいたるまでずっとこの街で暮らして参りましたので、この土地に対する愛着があります。

また同時に、この街に育ててもらったという思いもありますので、この地域を少しでもより安心・安全なところにすることで、地元へ恩返ししたいと考えております。

そのために、私はこの街で警察官になり、子どもたちが何の心配もなく外で遊んだりできる環境をつくるために、事件や事故を少しでも減らせるよう、精一杯尽力したいです。」

スポーツに打ち込んできた場合の例文

「私は、小学校の頃から街の道場で柔道を習っており、体力や技術、精神力を養って参りました。

将来は、柔道で培った力を生かせる職業に就きたいと考えていたところ、指導していただいていた高校のコーチから、警察官を勧められました。

それまで警察官の業務について知っていることは僅かでしたが、犯罪を抑制し、人々を守るという使命に、強い感銘を受けました。

私の柔道経験を、街の人々の命や生活を守るために役立てられたらと思い、警察官を志望いたしました。」

警察官の面接で聞かれること・注意点

警察官は、日常的に多くの市民と接する職業ですので、どの都道府県警察においても、「人物重視」の採用が行われています。

このため、警察官採用試験では、筆記試験や体力試験なども実施されますが、面接の結果が合否を大きく左右するケースが多いようです。

面接においては、警察官にふさわしい人物かどうかを見極めるべく、さまざまなことについて質問されるでしょう。

これまでになされた質問の一例を挙げると、以下の通りです。

・志望動機
・なぜ、この都道府県警を志望しているのか
・学生時代に頑張ったこと
・アルバイト経験
・部活動やサークル活動の思い出
・体力に自信はあるか
・警察学校は厳しいけれど大丈夫か
・両親は警察官を目指すことに何と言っているか
・併願状況
・尊敬する人は誰か
・どんな仕事をしたいのか
・警察官に対するイメージ
・最近の気になるニュース
・不合格だった場合はどうするか

その多くは、民間の一般企業などと共通していますが、「併願状況」については注意が必要かもしれません。

警察官採用試験は、日程さえ重複していなければ、複数の都道府県警察を併願することが可能であり、併願受験する人は珍しくありません。

民間企業であれば、別の企業を併願しているかどうか調べる術はありませんが、警察の場合、都道府県が異なるといっても同じ警察組織ですので、調べれば簡単にわかってしまいます。

このため、各都道府県警察の併願状況については、嘘偽りなく、正直に答えることが望ましいでしょう。

その際には、まず間違いなく「どうして併願しているのか」「どうしてその併願先を志望しているのか」について問われますので、個々の理由について、整合性を持って答えられるよう準備しておくべきです。

正直に、真摯に回答すれば、基本的に併願していることがマイナス要因になることはないでしょう。

警察官の自己PRのポイント

警察官は、社会になくてはならない職業であり、多くのやりがいに溢れている一方、受験生がイメージするよりも実際の業務ははるかにハードです。

だからこそ、採用面接の場においては、面接官はさまざまな質問を投げかけ、その受け答えから「この受験生が警察官を志望する熱意は本物なのか」「激務に耐えられるか」といったことを推し量ろうとします。

このため、警察官を目指すなら、職務に対する熱意をPRすることが重要なポイントといえるでしょう。

誰にでもあてはまるような、ありきたりな志望動機を述べるのではなく、多少荒削りでも、自分の頭でしっかりと考えたことを話し、警察官になりたいという意思が固いことを伝えるようにしましょう。

あまり熱くなると、客観性を欠くこともあり得ますので、きちんと自己PRできているか、模擬面接などを行って第三者に確認してもらうとよいかもしれません。

警察官の履歴書で気をつけるべきことは?

警察官の職域は非常に幅広いため、民間企業などとはやや異なり、どんなスキル・資格でも業務に役に立つ可能性があります。

履歴書の資格欄や賞罰欄、趣味・特技欄は、できる限り記載内容を充実させることが望ましいでしょう。

とくに、種目に関係なく、なんらかのスポーツ歴や武道歴がある場合や、IT・コンピュータに関係するスキル、英語に関係するスキルがある場合は、たとえ些細なことでも記載しておくとプラスに働くかもしれません。

都道府県警察によっては、保有資格や表彰歴が試験結果に加点されることもあるようです。