刑務官の志望動機と例文を紹介 面接でよく聞かれる質問は?

刑務官は犯罪者の更生を支援し、矯正施設で安全かつ秩序ある環境を維持する役割を果たします。

刑務官を志望する理由の多くは、社会や人々の安全を守るという使命感です。

この記事では、刑務官の志望動機や、面接での成功に向けたポイントについて解説します。

刑務官を目指すきっかけで多いものは?

受刑者の更生を応援したい

刑務官を志す理由は多岐にわたりますが、多くの場合、受刑者の更生支援に関心を持っています。

刑務官は受刑者の更生を後押しし、彼らが犯罪から抜け出し、社会復帰できるようサポートします。

受刑者に新たな人生を提供し、再犯を防ぐ助けとなる重要な役割を果たします。

また刑務官は社会の安全を維持し、受刑者の社会復帰を支援することで、社会的に価値のある職業と言えます。

犯罪の抑制の面から見ても、刑務官の役割は非常に大きいです。

そのほか、刑務官は矯正教育やカウンセリングなどを行うこともあるため、自分自身が過去の失敗や経験から学んだことを活かしたいと刑務官を目指すという人もいます。

刑務官の仕事は、受刑者の再出発を支援し、社会への貢献を通じて充実感を感じることができる職業です。

犯罪や社会の安全を維持することに関心を持つ人々にとっては魅力的な職業といえるでしょう。

体力に自信がある

刑務官を志す人の中には、スポーツ経験や体力に自信があることを活かすためにこの職業を選ぶケースも多いです。

刑務官の職務は非常に体力を要します。

勤務時間はシフト制であり、不規則な勤務スケジュールが一般的であるため、体力が必要であり、健康状態を維持することが重要です。

また刑務官は体力トレーニング、武道、緊急事態対応などさまざまな訓練を受ける必要があり、ここでも身体的な耐久力や体力が求められます。

さらに刑務官の採用試験には「武道拝命」の合格枠があり、柔道や剣道の経験者は特にこの枠での合格を狙うことができます。

こうした武道のスキルを生かそうと考える人も多いです。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

刑務官の志望動機の考え方

誠実であることがポイント

公務員として公共のために働く役割を果たす刑務官に対する姿勢は、面接官にとって重要な視点です。

まず志望動機は誠実で真摯であることが大切です。

自分自身がなぜ刑務官になりたいのか、その信念を率直に伝えましょう。

もし、志望動機に影響する過去の経験やエピソードがあれば、志望動機がより説得力を持ちます。

また自身の資質や適性と志望動機を結びつけて語ることが大切です。

例えば、体力に自信がある場合、その体力を活かし刑務官としてどのように活躍したいかを説明します。

さらに、刑務官としての将来の展望や具体的な目標についても語れるようにしておきましょう。

どのようにして刑務官として貢献し、どのような姿勢で仕事に取り組みたいかを示すことで、面接官に自身の意欲が伝わりやすくなります。

抽象的な表現は避ける

志望動機を書く際には、より自分の内面が伝わりやすい書き方をすることが大切です。

たとえば「正義感が強い」などという抽象的な言葉では、相手に伝わりにくく説得力に欠ける内容になってしまいます。

また、参考書などにある誰にでも書けるような志望動機も良い印象を与えません。

自身の経験や志望するに至った理由を具体的に踏まえた、自分だけの志望動機を考えましょう。

刑務官の志望動機の例文

社会的に追い込まれた人を助けたい

私が刑務官を志望する動機は、家庭環境などから非行に走ってしまった人々を正しい道へと導き、彼らに支えの手を差し伸べたいという強い思いからです。

父が法務関連の仕事をしていたことで、幼いころから受刑者の背後にある問題について深く考える機会がありました。

父から聞いた話の中で特に印象的だったのは、非行者の多くが生まれつきの問題ではなく、家庭環境や社会的な圧力に追い込まれてしまったことであることです

彼らにとって、誰かが支えの手を差し伸べていたら、彼らの人生が違っていた可能性があるという点が心に残りました。

私は逃げ場のない状況にある人たちに寄り添い、再び社会に出るための支援を提供する刑務官として、彼らの未来に寄り添う存在となりたいと思っています。

同じ過ちを繰り返さないよう、心の支えになりたい

学生時代に刑事施設での慰問活動や職業訓練支援のボランティア経験をし、そこでの経験が私に大きな影響を与えました。

どの施設でも強く感じたことは、刑事施設に収容されている人々がすべて、根っからの悪人ではないということです。

反社会的行為に手を染めた人々も、その行為が許されるものではないことを理解していますが、その行為に至る背後にやむにやまれぬ理由がある可能性を認識しています。

刑務官として、私はそういった人々の心の支えとなり、再犯を防ぎ、適切な更生支援を提供する役割を果たしたいと考えています。

平和な社会を実現したい

私は、再犯率の低下と平和な社会の実現に貢献するために、刑務官としての役割を果たしたいという強い思いがあります。

日本は国際的に犯罪率が低く、安全な社会とされていますが、再犯率の課題が残っているのは事実です。

再犯率の低下には、受刑者が収容される刑務所の環境、特に刑務官の役割が極めて重要だと認識しています。

受刑者との接触時には、高圧的な態度ではなく、一人一人と真摯に向き合いながらサポートする姿勢を大切にします。

刑務官の接し方ひとつで、受刑者の考え方をポジティブに変え、再犯防止に寄与し、より良い社会を築く一助となると信じています。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

刑務官の面接で聞かれること・注意点

面接試験は必須

面接試験は刑務官の採用において非常に重要です。

試験官が受験者の人柄や適性を評価し、刑務官として任務を遂行できるかを確認します。

試験官は通常、経験豊富な刑務官の幹部で構成され、その中には厳格な雰囲気を持つ人もいます。

若い受験者は戸惑うこともあるかもしれませんが、重要なのは自己表現と自信を持つことです。

誠実さや適性、コミュニケーション能力をアピールできれば、年齢に関係なく試験官はそれを評価するでしょう。

面接でのチェック事項・聞かれやすい質問

刑務官の面接試験では、以下に挙げる内容について厳しくチェックされています。

誠実性と信頼性

刑務官は信頼性が求められる職務を担当するため、誠実な性格が重視されます。

礼儀正しさ

礼儀正しい態度やコミュニケーション能力は、刑務官としての適性を示す要素です。

精神的な強さ

厳しい任務やストレスに耐え、責任を果たす精神的な強さが必要です。

上下関係への適応力

刑務官は厳格な上下関係の中で働くため、その適応能力が問われます。

集団行動

刑務官はチームで協力して任務を遂行する必要があるため、協力や集団行動への適性が重要です。

仕事への熱意

刑務官としての熱意ややる気が高いことが評価対象となります。

犯罪歴

自身や家族、親戚に関する犯罪歴についても調査されます。

具体的な質問事項については、以下のような内容がよく問われているようです。

  • 将来的に幹部などを目指す気持ちはありますか?
  • 官舎住まいや全国転勤は問題ないですか?
  • 過去に武道やスポーツの経験はありますか?
  • 武道経験がなくても、武道や護身術の訓練は必須ですが耐えられますか?
  • 体力に自信はありますか?
  • 刑務官の現状や、政治・行政に関する時事的な質問

このように「刑務官にふさわしい人物かどうか」を判断するために、さまざまな側面から質問を受ける可能性があります。

採用試験を突破するために面接試験は非常に重要なポイントであるため、気を抜かずに十分な対策を立てて臨むと良いでしょう。

刑務官の自己PRのポイント

刑務官の職務には、正義感や責任感だけでなく、身体的な強さも必要です。

業務中に受刑者を監視し、緊急時には体をはってトラブルを阻止しなくてはなりません。

長時間の勤務が一般的であるため、体力や運動能力が重要視されます。

運動部や体育会系のクラブで活躍した経験がある人は、採用過程で有利に進めることができるかもしれません。

逆に経験のない人は、体力があることをアピールする方法を考えることが大切です。

自己トレーニングなどに取り組んで準備を行い、面接や試験で自身をアピールすることが重要です。

刑務官の履歴書で気をつけるべきことは?

刑務官の職務は法と規律の遵守が重要です。

時にはハードな勤務が続き、精神的にも厳しいと思うこともあります。

そのため、すぐ仕事を投げ出さずに刑務官を続けられるかどうかの決意が問われます。

履歴書を通じて伝えることが重要ですが、ありきたりな言葉や空欄の多い履歴書では、熱意ややる気を伝えることはできません。

趣味や特技の欄を活用し、日常のストレス解消方法やオンとオフを切り替えられる、自己管理の取り組みを具体的に示すとよいでしょう。

刑務官の志望動機のまとめ

刑務官を目指す人の多くは、正義感が強く、犯罪を犯した人の社会復帰を支えたいという考えを持っています。

再び社会に適応できる機会やサポートを提供し、それを支えるためには、正義感やストレス耐性を示すことが重要です。

面接では、具体的な例や経験を挙げ、自身のコミュニケーションスキル、誠実さ、倫理観をアピールします。

志望動機を説得力あるものとし、熱意を伝えることで、刑務官への適性をアピールできるでしょう。