大卒から自衛隊に入るには? 大卒は幹部になりやすい?

大卒で自衛隊に入る人はいる?

自衛隊には、さまざまな学歴から入ることができます。

高卒の人が多いとされる自衛官ですが、もちろん大卒で自衛官になる人もいます。

大卒の人が自衛隊に入れる方法は複数あり、そのなかには幹部を目指せるルートもあります。

ここからは、大卒から自衛隊に入るおもな方法を詳しく見ていきましょう。

大卒から自衛隊に入るおもな方法

すでに一般の大学を卒業している人が自衛隊に入りたいと思った場合、いくつかの選択肢があります。

まずは「自衛官候補生」を目指す道です。

大学卒業時に試験に合格して自衛官候補生になれば、3ヵ月の訓練期間を経てすぐに自衛官になることができます。

ただし、自衛官候補生は任期制となり、定められた期間が経つとそのまま試験などを受けて自衛隊での勤務を継続するか、自衛隊を離れるかを選択しなくてはなりません。

次に、自衛隊の基幹隊員となる陸・海・空曹自衛官となる「一般曹候補生」を目指す道があります。

入隊後2年9ヵ月以降に「曹」に昇任することができるため、訓練の内容も厳しいものにはなりますが、将来的に小隊長のリーダーとして活躍できる可能性が開けます。

以上の2つのルートは、学歴問わず「18歳以上33歳未満」であれば応募可能なものとなっています。

幹部を目指すためのルートもある

大卒の学歴を持つ人だからこそ応募できるのが、「自衛隊幹部候補生」になるという選択です。

自衛隊幹部候補生は、一般・歯科・薬剤科のコースから各自衛隊の幹部自衛官となる者(飛行要員含む)を養成する制度です。

自衛隊幹部候補生には、大学の文系および理工系から進む通常の幹部候補生「一般幹部候補生」コースのほか、大学で歯学を学んだ学生が歯科医官となる「歯科幹部候補生」コース、さらに大学で薬学を学んだ学生が自衛隊の病院等で活躍する薬剤官となる「薬剤科幹部候補生」コースの3種類があります。

各コースとも、採用と同時に陸上・海上・航空の各自衛隊曹長に任命され、幹部候補生として一定期間の教育を受けることになります。

将来的には自衛隊の幹部として活躍できる可能性が開かれており、大学卒業者ならではの選択肢ともいえるでしょう。

一般幹部候補生コースでは、「大卒程度試験」と「院卒者試験」の2種類の試験が行われています。

前者の応募資格は「22歳以上26歳未満の者(20歳以上22歳未満の者は大卒(見込含)、修士課程修了者等(見込含)は28歳未満)」、後者の応募資格は「修士課程修了者等(見込含)で、20歳以上28歳未満の者」となっています。

歯科と薬学科の各コースでは、それぞれ専門の大学を出たうえでの年齢制限が設けられています。

大卒は幹部になりやすい?

最初から幹部を目指す「自衛隊幹部候補生」の試験に応募できるのは大卒以上の学歴を持つ人だけとなっていることからも、大卒の人のほうが、幹部になれるチャンスはたくさんあるといえます。

しかし、幹部候補生として入隊しなくても、幹部になれる可能性はあります。

入隊後に特定の要件を満たした人や、部内選抜試験に合格することによって、もともと一般曹候補生として入隊した人でも幹部になることができます。

また、高卒後に防衛大学校へ進む道を選んでも、幹部自衛官を目指すことが可能です。

このように、自衛官の幹部になるためのルートはいろいろとあり、必ずしも大卒でなくてはならないわけではありません。

しかし、幹部を目指すのは決して簡単なことではありませんので、もし将来幹部になりたいのであれば、どのような形で自衛官となり、キャリアを積んでいくか考えておくとよいでしょう。