航空管制官の出身大学・学部で多いものは?

航空管制官に学歴は重要?

4年制大学から受験をする人が多い

航空管制官になるのに、どのような大学へ進学すればいいのか不安になる人もいるかもしれません。

航空管制官を目指すうえで受験が必須となる航空管制官採用試験は、年齢制限などの条件を満たせば、基本的にどのような学歴の人でも受験が可能です。

したがって、必ずしも有名な大学を出ていなければいけないというわけでもありませんし、学歴によって合否が判断されることもありません。

航空管制官の経歴を見ると、全体としては4年制大学を卒業し、航空管制官になっている人が多いようです。

専門学校からでも航空管制官になれる?

受験資格を満たせば、専門学校を卒業して航空管制官になることも不可能ではありません。

ただし、航空管制官採用試験の基礎能力試験は国家公務員大卒レベルとされており、一般的な専門学校に通っているだけでは、合格は難しいと考えておいたほうがよいでしょう。

専門学校で何を専門的に学ぶかにもよりますが、学校の勉強とは別で公務員試験対策のスクールなどに通って航空管制官採用試験の対策をしたり、休みの時間を使って勉強をするなどの努力は求められてくるでしょう。

専門学校に進学して航空管制官になる人はそこまで多いわけではありませんが、なかには航空業界への就職を目指すエアライン系の専門学校や外国語専門学校で学び、航空管制官を志望する人もいるようです。

航空管制官は文系・理系?

航空管制官の仕事は、直接的に文系・理系というふうには表しにくいところがあります。

航空気象や無線工学などの理数系科目に関連する部分もあれば、法令や英語といった文系科目に関連する部分もあり、一概にはいえないのが実情です。

この仕事では英語力も求められ、コミュニケーションスキルも必要になることから、文系出身の航空管制官は多いようです。

ただし、理系出身の航空管制官も決して少ないわけではなく、理工系学部で航空系・宇宙系を専門に学び、航空管制官になっている人もいます。

航空管制官としての業務に必要な知識・技術は、採用後に基礎研修で身につけることができますし、配属後にも実地で少しずつスキルアップを目指すことが可能です。

文系・理系どちらに進んだとしても、航空管制官になりたいという気持ちがあれば、夢を叶えることはできます。

どんな学部からでも航空管制官を目指せる

航空管制官になるには文系・理系は関係なく、学部や専攻などの制限もありません。

ただし、英語を使う仕事であることから、外国語学部の出身者は多いようです。

実際、学生時代に英語に深く親しんで英語力をアップさせておくと、航空管制官採用試験には有利になるでしょう。

ただし、英語の勉強は自分でおこなうこともできますし、航空管制官採用試験の対策をきちんとすることで、外国語学部以外から合格している人もたくさんいます。

航空管制官に求められるスキルを伸ばすために、暗記力(短期記憶能力)や同時に複数のことをこなせるバランス感覚なども意識的に身につけておくとよいでしょう。