機動隊になるには? 仕事内容は?

機動隊の仕事内容

機動隊というと、大規模なデモなどが起こった際に、ヘルメットを被って大きな盾を持ち、隊列を組んで暴徒と向き合う姿を想像する人も少なくないかもしれません。

しかし、実際の機動隊員の業務は幅広く、暴動に対処するための警戒活動だけでなく、街をパトロールしたり、要人を警護したり、災害時の救助活動を行ったりと、さまざまな治安維持活動を行っています。

警察用語における「機動」とは、所属部署に関係なく機動的に事態に対処するという意味であり、地域課からの要望に応じてイベント時の警備をしたり、交通課の依頼を受けて交通違反を取り締まったりします。

近年では、刑事部門に所属する刑事と共に、遊撃捜査活動を行ったり、パトカーに乗って機動警察活動を行ったりする事例も増加傾向にあり、機動隊員の活躍は多角化しているといえます。

機動隊員になるには

機動隊員はあくまで警察官の一種ですので、まずは警察官採用試験を受けて合格することが必要です。

新任警察官は、地域課に配属されて交番勤務を行うことが一般的ですが、その業務成績が優秀だったり、あるいは研修や訓練における成績が優れていたりすると、機動隊に異動となるようです。

また、柔道、剣道、逮捕術、けん銃捜査のうちいずれかの分野で特に優れた能力がある場合は、都道府県警察代表として組織内の大会に出場したりする「特別訓練員」として機動隊に配属されることもあります。

基本的には、体力に優れた若手の警察官が機動隊に採用されやすいため、警察学校卒業後1年~3年程度で転勤するケースが多く、実力さえあればキャリア早期のうちから機動隊員として活躍できるでしょう。

ただ、機動隊の訓練は非常に厳しいことで知られており、自衛隊と共同で行う「レンジャー訓練」や、長時間水中で活動し続ける潜水訓練など、体力・精神力ともに強靭であることが求められます。

機動隊の部隊の種類

機動隊は、警視庁や各都道府県警察本部の「警備警察」部門に置かれた組織ですが、同部門のなかでも圧倒的な人員数を抱えています。

各都道府県ごとに第一機動隊や第二機動隊といった主要部隊があり、警視庁にいたっては第九機動隊まで編成されていますが、それ以外にも、特殊な状況に対応するための各種「機能別部隊」が存在しています。

以下では、機能別部隊の一部をご紹介します。

銃器対策部隊

「MP5機関けん銃」といわれる銃などで武装し、専用の装甲車に乗って、立てこもり事件などに対応します。

爆発物処理部隊

液体窒素を充填した特別な車両を使って、テロリストや過激派などによって仕掛けられた爆発物を処理します。

NBCテロ対策隊

毒ガス兵器や細菌兵器などの生物化学テロに対処する部隊です。

広域緊急援助隊

大規模災害の発生時に出動する部隊で、救急救命スキルに秀でた隊員が多数在籍しています。

山岳救助隊(レンジャー隊)

登山客の安全を守ることがおもな役割で、日常的に山岳パトロールを行うほか、遭難者が出たり滑落事故が起こった場合には救助活動に当たります。

スクーバ部隊

海や河川で発生した水難事故での救助活動を行ったり、犯罪事件における証拠品を水中から集めたりします。