官僚に向いている人・適性・必要なスキル

官僚に向いている性格・適性

使命感や責任感の強い人

官僚は国家公務員ですので、公共のために働くのが使命です。

特に官僚は国家の中枢機関が職場であり、仕事内容も日本の行く末を左右したり、国民の将来のための法整備や制度整備だったりと多くの人たちに影響します。

当然責任も重大ですし、そのことにやりがいを持てる人には向いているでしょう。

インプット・アウトプットが得意な人

官僚は政策の実務担当として高い専門性が求められます。

例えば国会議員が国会で質問された場合、回答をその場で伝えることもあるためさまざまなシーンを想定したインプットは重要です。

常に情報収集を行い専門分野の知識を高めるとともに、培った知識は他者を納得させるための論理的な説明に使い、物事の裏付けに役立てることもできます。

官僚は多くの人と関わりながら仕事を進めるため、知識のインプットとアウトプットは効率のよい仕事につながります。

タフな人

ハードワークで有名な官僚は体力に自信がなければ務まりません。

深夜におよぶことも多く、国会会期中などは答弁準備や資料作成が山積みで部署によっては徹夜で対応することもあるでしょう。

そうした日常が続くため、体力は当然ながら精神的なタフさも必要かもしれません。

官僚に向いている人・適性・必要なスキル

官僚に必要なスキル・能力

調整力

官僚は国会議員をはじめ省内の関係者、業界団体や他省庁職員など非常に多種多様な人たちと仕事をする機会が多いです。

法案や予算案、制度策定に関わる官僚ですが、実務を進めるために関係者の意見を取り入れたり、協力を要請したりする場面も多くあるでしょう。

そうした際の調整力は仕事の効率のみならず、精度を上げるにも役立ちます。

柔軟性

官僚は多種多様な人と関わるため、相手に合わせた対応力も必要になります。

例えばある法案について説明を行う際、法律の専門家に説明する場合と、一般の方に説明する場合では同じ説明をしても相手の理解度はまったく違います。

「説明」を例にしましたが、書類や資料を作成する際も同様に柔軟な姿勢で取り組める能力は生きてくるでしょう。

正確性

官僚は中央省庁の実務担当者ですので正確性はとても重要です。

もちろん世の中の仕事はすべて正確性が求められますが、国の中枢機関である中央省庁においてはより正確性が求められます。

物事を正確に把握し、正確に言語化でき、正確に内容を文書化できる能力は官僚の必須スキルともいえるでしょう。

官僚に向いていないのはどんな人?

向いている人として「使命感や責任感の強い人」、「インプット・アウトプットが得意な人」、「タフな人」を一例として挙げ、必要なスキル・能力としても「調整力」、「柔軟性」、「正確性」の3つを参考までに紹介しました。

官僚に向いていない人はその逆の人ということになりますが、そもそも官僚を目指そうとしている人は「使命感や責任感の強い人」です。

ほかにも例を挙げていますが、たとえ現在足りないと感じている面があったとしても、すべて経験を積むことで解決できるものばかりです。

「タフな人」だけでは個人の資質によりますが、仕事を経験することで体力的に負担の少ない方法を習得したり、ストレス軽減の方法を見つけられる場合もあるでしょう。