「自然・動物」系の職業・仕事

トリマー 動物の美容師さん。犬や猫などのカット、シャンプー、爪切りを行い、身だしなみを整える

トリマーは、ペットのシャンプー、ブロー、カット、爪切り、耳掃除などを行う仕事です。飼い主の要望を聞いて、時にはカラーをしたり飾りをつけたりし、ペットをきれいに、魅力的に仕上げます。また、トリマーにはペットの健康面のチェックをするという役割もあり、動物医療に関する知識も求められます。トリマーとして働くために資格は必要ありませんが、トリマー養成の専門学校を卒業後、ペットショップなどに就職し、トリマーとして働くというルートが一般的です。動物が好きな人に人気の職業ですが、待遇はあまり良いとは言えない状況です。カットできるようになるには、ある程度の修行期間が必要であり、トリマーとして働きたいという強い気持ちが求められます。

獣医師 ペットや家畜の診察・治療を行う動物のお医者さん。食肉検査や野生動物保護に携わる人も

獣医師は、犬や猫などのペットの治療を行うというイメージがありますが、実際にはその他の分野でも多くの獣医師が働いています。畜産業の牛、馬、豚、鶏など家畜の診療や病気の予防、食肉の安全性の検査、動物園の動物の診療、野生動物の保護、管理など、獣医師の活動する領域は多岐にわたります。獣医師として働くためには獣医師国家試験に合格することが必要です。大学の獣医学部で6年間勉強し、獣医学の課程を修了することで受験資格を得ることができます。入試の難易度は高く、また学費も高額です。就職先として最も多いところは動物病院ですが、割合は50%程度です。それ以外では、地方自治体や農協、医薬・製薬関連企業などがあります。

動物看護師 獣医師のサポート役となり、入院中の動物のケアや手術・治療の補助業務を行う

動物看護師は、主に動物病院において、獣医師のサポートを行う仕事です。手術や治療の手伝いをしたり、検体検査や体温・脈拍の測定などを行います。また、飼い主と獣医師との間に立ち、コミュニケーションをとったり、入院する動物のケアをするのも動物看護師の役割です。動物看護師として働くために必ずしも資格は必要ではありませんが、民間の資格として、動物看護職統一試験協議会が主催する「動物看護職」があります。学校で動物看護学を履修するか、実務経験の年数によって、受験資格を得ることができます。アメリカなどでは国家資格となっており、動物看護師に求められる知識や技術も専門的なものになっていくと考えられます。

ドッグトレーナー ペットの犬や盲導犬などをしつける専門家。犬が人間と一緒に暮らせるよう、専門的な訓練を実施する

ドッグトレーナーとは、飼い犬を預かってしつけ、訓練を行う職業です。犬のしつけ、訓練だけではなく、飼い主への犬のしつけ方のアドバイスなども行います。日本ドッグトレーナー協会認定の、ドッグトレーナーズライセンスと呼ばれる民間の資格があり、専門学校や通信教育を受けることで取得可能です。主な勤務先としては、犬のしつけ教室、警察犬学校、盲導犬協会、ペットショップなどが挙げられます。ペットの飼育数は年々増えているため、勤務先もこれから増えることが予想されます。平均的な初任給は15万円程度、平均年収は250万円ほどで一般のサラリーマンよりは低い水準になっています。中にはドッグトレーナーとして独立して仕事をされている方もいます。

動物飼育員 動物園や水族館などで暮らす動物の体調管理や世話を行い、来園者に元気な動物の姿を見せる

動物飼育員が活躍できるステージは、動物園やサファリパークなどのテーマパーク型施設、観光牧場などがあります。そこで担当する動物への給餌、体調管理、清掃などの身の回りの世話を基本に、動物が快適に過ごせる環境を作ります。生き物である動物の生命を守るという仕事ですので、その責任は重大です。しかし、動物の生活サイクルに貢献しているという役割は、とても充実したやりがいのある仕事といえるでしょう。労働の特徴としては、休日返上で勤務にあたることや、不規則な時間帯で働くことも多いので、肉体が資本の体力勝負であることが挙げられます。しかし最近では、女性飼育員の活躍も目立つようになり、動物好きな人にとっては、憧れの職業として人気が高いのも特徴です。

ブリーダー 動物の繁殖や改良を専門的に行う。特定の血統を守り、次の世代へ引き継がせていく

動物の繁殖や改良を職業としている方を一括してブリーダーと呼びます。趣味が高じて少数の動物を扱う家庭的なものから企業として多くの種類を扱う大規模なものまでさまざまです。ブリーダーになるための資格はありませんが、開業し販売する際には「動物取扱責任者」の資格が必要になることがあります。ブリーダーとして企業に就職するというのは難しく、独立開業がメインとなります。開業となると「取り扱う動物の種類」や「親となる動物の保有数」など、規模の大きさで収入は異なります。生き物を扱う仕事です。収入よりもやりがいを求める方、動物たちの成長を生きがいにできる方、生き物を扱うという強い責任感や倫理感を持てる方がこの職業には求められます。

ペットシッター 飼い主から依頼を受け、飼い主の代わりにペットの餌やり、散歩などの世話をする

「ペットシッター」は、飼い主が所要で家を空けるときに、飼い主に代わって自宅でペットの世話をするのが仕事です。餌やりや散歩以外にも爪切りや歯磨き、簡単なトリミングなどを行うこともあります。ペットシッターは特別な学歴や資格を必要とする職業ではありませんが、ペットの命を預かるという大きな責任が伴うので、ペットショップで働いた経験があることや動物関連の資格を取得していることが求められる傾向があります。給料は、アルバイトの場合は大体時給900円から1500円ほど、社員の場合は月給が15万円から25万円ほどになることが多いようです。ペットシッターはまだまだ世間の認知度は高くありませんが、都会で一人暮らしをしながらペットを飼う人が急増しているため、チャンスが増えてきている職業です。

気象予報士 民間の気象会社やメディア系の企業などに所属し、膨大な気象関連データを基に天候を予測する

気象予報士の仕事は、各種のデータを基に、天候を予測する仕事です。気象庁から提供される各地の観測データや気象レーダー、アメダスなどの情報を分析し、天気、気温、湿度、降水確率などを予想します。データだけでなく、その地域の地形や特性も踏まえて天気を予測することが必要です。気象予報士の資格を持っていない人が、気象を予報する業務をすることは禁止されています。気象予報士国家試験は、難易度が高く、合格率は5%前後です。また、気象予報士の求人は少ないため、気象予報士の試験に合格しても気象予報士として働けるとは限りません。なお、気象庁への就職を希望するのであれば、気象大学を目指したほうが良いでしょう。

庭師 樹木や庭石、芝、池などを集めて個人宅の日本庭園を造り、その維持管理を行う職人

庭師とは、主に個人宅の日本庭園を造り、手入れをして庭の維持管理をする職人です。樹木や草の特性、日当たり、水の流れなどを考慮し、依頼主との話し合いの上、庭を造ります。植木職人は主に植木についてのみの仕事ですが、庭師は枝や葉を切るだけでなく、土に肥料を足す、接ぎ木をする、石を動かす、樹木の病気を確認するなど、庭全体に関わるさまざまな仕事をこなします。庭師になるために必要となる資格はなく、造園会社に就職することが一般的です。学歴も特に問われませんが、大学や短大、専門学校などで造園系の学科で園芸や建築などの知識を身につけておくとよいでしょう。屋外での作業に加え、枝や石、土などの重いものを運ぶことも多いため、体力が求められる仕事です。

ガーデンデザイナー 依頼主の要望を基に住宅の庭や公園、庭園を設計・デザインし、美しい景観造りを行う

ガーデンデザイナーは、個人宅の庭や公共の庭園や公園などをデザインする仕事です。庭師が実際に植物を切ったり、石を動かしたりするのに対して、ガーデンデザイナーは設計の仕事が中心です。設計の際には、設計に関する知識だけでなく、自然や植物を深く理解していることが必要になります。ガーデンデザイナーとして働くときに、必須となる資格はありませんが、造園、園芸系の学科、建築科がある大学や専門学校で学んでおくと良いでしょう。また、ガーデンデザイナーの民間資格として、日本ガーデンデザイナー協会が主催する「ガーデンデザイナー認定制度」があります。就職先は、造園会社や園芸店、設計事務所などになります。

花屋 生花店で切り花、観葉植物、鉢花を販売する。仕入れから花の管理、手入れまで幅広く行う

花屋とは、切り花を中心に販売する商店のことで「生花店」とも呼ばれます。とても華やかに見える人気の仕事ですが、朝早くから市場へ花を仕入れに出かけ、花の鮮度を保つための「水揚げ」や「水替え」など、地道な作業もたくさん。実店舗での対面販売が中心になるものの、最近ではインターネットで注文を受け付け、お客さまの家まで配達を行うオンラインショップも増えています。花屋になるのに特別な資格は必要ありません。大学や専門学校などの園芸科では、草花の幅広い知識を身につけることができますし、技術やノウハウ中心に学べる専門学校や養成学校もあります。季節によって売上(収入)の変動が大きい仕事なので、仕事を長く続けるためには、まず花が大好きであることが必須と言えます。

フラワーコーディネーター パーティー会場やホテルなど、特別な空間・シーンにふさわしい花を選び、場を彩る

結婚式やお葬式、レストランで開かれるパーティーなど、特別なシーンを美しい花で演出する、フラワーコーディネーター。若い女性を中心に人気を集めている職業です。フラワーコーディネーターは、クライアントの希望や予算をヒアリングしながら、色合いや花の大きさ、花言葉などを考慮した上で最適な花をセレクトするのが仕事です。活躍するためには、植物に関する幅広い知識や抜群の色彩感覚、クライアントに対する細やかな気配りが求められます。学歴や資格の有無ではなく、実力がものを言う世界なので、花屋や園芸ショップなどで働きながら多くの案件に携わり経験を積むことが大切です。「花」は景気の影響を受けやすく、給与は不安定になる傾向があります。

樹木医 樹木のお医者さん。環境汚染や病害虫によって病気にかかった樹木の診察・治療を行う

樹木医とは、文字どおり、病気になった木を治療する樹木のお医者さんです。人間のお医者さんのような国家資格ではありませんが、「樹木医」と名乗るには財団法人日本緑化センターが主催する資格試験に合格しなければなりません。樹木医の有資格者は造園業者や地方公共団体の農林・緑化関係職に努めていることが多いですが、市民ボランティアや樹木の愛好家が趣味で資格を取得しているケースもあります。現在、樹木医を職業として独立・開業している人はいませんが、全国には天然記念物に指定されている巨樹・古木や地域の住民に愛されているシンボルツリー、身近な街路樹などたくさんの樹木があります。こうした樹木を的確に処置し、後世に残していくには専門知識を持った樹木医の活躍が必要です。

森林インストラクター 森林の仕組みに熟知した「森の案内人」。森林での安全な楽しみ方を人々に伝える

森林インストラクターは、森林での安全な楽しみ方や過ごし方、森の仕組みなどを教え、野外活動の指導・アドバイスを行う「森の案内人」です。森林浴や、バードウォッチング、山菜採り、林間学校などのインストラクションを行ったり、森林の重要性や自然の厳しさなどを伝える役割を担っています。NPOやアウトドアガイドなどで森林インストラクター業務を行うことで収入を得ている人もいますが、ボランティアで活動している人が大半です。「森林インストラクター」と名乗るには、「森林インストラクター試験」に合格することが必要です。誰でも受験することは可能ですが、合格率は40%ほどであり、自然に関するさまざまな知識が問われます。

農家 米、野菜、果物、花木などの農作物を一から育て、商品として出荷することで利益を出す

農家は、第一次産業である「農業」によって収入を得る職業です。野菜や果物、花木や米と、さまざまな農作物を育てている農家がいます。農家には、農業を中心に生計を立てている「専業農家」と、農業と他の仕事を両立しながら生計を立てている「兼業農家」がいます。農業離れが進む近年では「専業農家」「兼業農家」ともに減少する傾向にあり、農業従事者の高齢化も大きな問題になっています。一方で、国民の食の安全への意識や自給率に対する問題意識は少しずつ広がってきており、農業は今大きく注目されている仕事のひとつと言うことができます。農業を営むためにはさまざまな知識が必要となりますので、実家が農家ではない場合には、専門の学校で学んだり、農業法人に就職して働きながら学ぶ必要があります。

漁師 狙う魚介類に応じた漁法で獲物を釣り上げ、それらを出荷することで利益を得る

漁師は、川や海などで漁業をし、獲った魚介類を売ることで生計を立てる職業です。漁場の違いによって「沿岸漁業」「沖合漁業」「遠洋漁業」と分かれており、魚を捕らえる方法も「底引き漁」「はえ縄漁」「定置網漁」とさまざまな方法があります。漁師になるためには、気象や魚類の生態に関する知識、長時間の船の上での肉体労働に耐える体力が必要です。また、漁業をする際には各地にある漁業組合に加盟して「漁業権」を得ることが必要になります。平均年収は200万円前後と言われていますが、収穫高や漁の種類によって収入は大きく変わります。近年では、漁獲高の減少や魚の価格の下落、原油価格の高騰など、漁師を取り巻く環境も厳しくなってきています。後継者不足に悩まされている漁協も多く、若い力の参入が望まれています。