海上保安官の仕事内容

海上保安官の仕事とは

海上保安官とは海上の安全と治安を守ることを任務とする、海上保安庁に所属する国家公務員です。

主な任務は、領海警備、海難救助、災害対応、海上犯罪取り締まり、船舶の航行安全などが挙げられ、日本の海を安全に利用できるように日々の業務にあたっています。

大きく分けて2つの職種に分かれており、主に海上で勤務する船員、空から海上の保安をつかさどる航空要員に分けられます。

その中でも担当する業務によって細かく分けられ、船員の場合は航海科職員、機関科職員、通信科職員、航空要員の場合は飛行科職員、整備科職員、通信科職員などに分けられています。

ほかにも陸上勤務をメインとした職種もあり、多様なプロフェッショナルが日本の海を守っています。

<海上保安庁の「五つの使命」>
海上保安庁では、「五つの使命」を業務の基礎として挙げています。

1.治安の維持
2.海上交通の安全確保
3.海難の救助
4.海上防災・海洋環境保全
5.国内外機関との連携・協力

海上保安官の業務の内容

海上保安官の仕事は、その名の通り海上での仕事をメインとする業務はもちろんですが、陸上や空をメインとする業務もたくさんあります。

海上での業務

海上での業務は船上での勤務がメインとなり、全国の海上保安部署に配置されている警備救難業務用船や海洋情報業務用船などに乗船し業務を行います。

船の最高責任者である「船長」を筆頭に、次のような任務を行う役職があり、それぞれが協力し合い巡視船艇を運航しています。

・業務管理官:船長を補佐しつつ業務計画などを立案
・航海科職員:操船や見張りといった船の運航を担当
・通信科職員:他船との通信や通信機器の整備などを担当
・機関科職員:船の整備などを担当

陸上での業務

陸上での業務は霞ヶ関にある海上保安庁や全国11カ所にある管区本部で行い、次の業務があります。

総務業務:広報や職員人事、福利厚生を担当
経理補給業務:予算執行から施設・物品などの管理を行う
・情報通信業務:情報通信システムの管理や情報管理を行う
・警備救難業務:海上犯罪の捜査や海難救助に関する業務等を総合的に行う
・海洋情報業務:海洋調査により得られた情報を、海図や船舶に対する航行警報、科学的データ等の形で提供する
・海上交通業務:海上交通ルールの設定などを行う
・科学捜査業務:海上における犯罪に対し、科学的な手法で事件を解明する業務を行う

空の業務

空に関する業務は全国各地の基地に配備されている飛行機やヘリコプターの運航や整備などを行います。

パイロットとして業務にあたる「飛行科職員」、機体整備や燃料管理などの業務を担当する「整備科職員」、通信機器の整備や航空機、基地、巡視船との相互通信業務を担当する「通信科職員」といった職種があります。

海上保安官の役割

海上保安官は海上保安庁に属する職員で、海上での犯人捜査や逮捕、船舶交通の規制や海難救助など、海上の保安に関する業務を行うのが役割です。

あくまでも海上の治安確保を主な任務としており、その前提で海上、陸上、空での業務にあたっています。

特に領海侵犯する船への対応で混在しがちですが、船舶に対しては海上保安庁が任務を担う一方、艦艇、いわゆる軍艦に対しては海上自衛隊が任務を担います。

ほかには外国人犯罪の捜査を行う「国際捜査官」、船舶事故や船内窃盗事件などの捜査を行う「鑑識官」、地震・津波・火山といった自然災害による船舶被害を防止するための調査を行う「海洋防災調査官」、そして特に有名なのが特殊海難に対応する「特殊救難隊」も海上保安官の一人です。

潜水士
特殊救難隊員

海上保安官の配属先の種類

巡視船などの船

船上が勤務先となる場合は船長を筆頭に、業務管理官、航海科職員、通信科職員、機関科職員などの職種によって船が航行されています。

全国十一管区に分けられており、いずれかの管区で任務にあたります。

どの管区でも基本的な仕事は変わらず、領海の安全を守ることを目的に任務にあたります。

海上保安庁や全国11カ所の管区本部

いわゆる陸上勤務を行う海上保安官で、広報や職員人事、予算執行や情報システム管理、海図作成などを行います。

飛行機やヘリコプターが配置されている基地

飛行科職員(パイロット)や整備科職員(整備関連担当)、通信科職員(通信関連担当)として航空関連設備のある基地が勤務先となります。

なお、飛行機やヘリコプターが配置されている基地は十数カ所あります。

特殊救難隊

特殊救難隊は特殊海難に対応するスペシャリストで、船舶事故や火災からの高度な人命救助技術を有した隊です。

第三管区海上保安本部羽田特殊救難基地が勤務先となり、要請に応じて全国の事故現場に急行します。

そのほかの勤務先

海上保安官の活躍する場は多岐にわたるため、勤務先もまだまだたくさんあります。

航行管制などを行う海上交通センターに配属されれば東京湾や伊勢湾、関門海峡など7カ所ある海上交通センターが勤務先となり、海上保安業務に必要な海上犯罪の科学捜査、化学物質などの分析鑑定を行う海上保安官は東京都立川市にある海上保安試験研究センターが勤務先となります。

外交官として出向されるケースもあり、その場合は当然ながら世界各国が勤務先となります。

海上保安官の仕事の流れ

海上保安官といっても職種もさまざまで、業務内容によって一日の流れも全く違います。

ここでは最も海上保安官を象徴する巡視船乗船時の流れを紹介します。

<巡視船乗船時の一日>
巡視船の大きさにより行動日数が変わり、大型船は2週間前後、中型船は5日間程度、小型船は日帰りから2~3日間となっています。

船に乗ってしまうと24時間パトロールとなるため、数日間船に乗る際は基本的に3つの当直に分け4時間ごとの交代制をとっているようです。

船の大きさや乗組員の人数によってシフトは変わりますのであくまでも一例ですが、9:00~13:00まで業務を行い、午後は消火訓練や射撃訓練を行い、夕食・入浴後に21:00~1:00まで業務を行うといった流れです。

海上保安官と海上自衛隊との違い

海上保安官の業務は大きく分けて、「警備救難業務」「海洋情報業務」「海上交通業務」の3つに分類できます。

その内、「警備救難業務」は海上自衛隊と一部の業務が重複しています。

「警備救難業務」とは領海内で発見した不審船の取り締まりなどを行う業務ですが、ニュースなどで一度はそういった不審船への対応を見たことがあると思います。

海上自衛隊も同様の任務を担っていますが、明確な住み分けがされています。

海上自衛隊はあくまでも外部からの侵略を防衛することを任務としている一方、海上保安官は海の治安を守ることが任務です。

さらに分かりやすく例えると、海上保安官は「海の警察」という立場であり、不審船の乗組員に対して逮捕権を持っているのも特長です。

自衛隊の仕事